LESS〜プラトニックな恋人〜:もう私を解放して…!抱き合えない恋人への、悲痛な叫び

LESS〜プラトニックな恋人〜:もう私を解放して…!抱き合えない恋人への、悲痛な叫び

今、東京の男女が密かに抱えている悩みがある。

恋人や夫婦間での、肉体関係の喪失だ。

この傾向は、未婚の男女においても例外ではない。

2017年冬、付き合って5年になる相思相愛の彼・健太からプロポーズされた美和子は、涙を流す。

ふたりの5年間に、何があったのか?

実は同棲1年が経つ頃から、ふたりは不完全燃焼の夜を境に“プラトニックな恋人”となっていた。美和子は思いをぶつけるが、レス問題は一向に解決しない。

30歳になった美和子は、学生時代の友人・茜に悩みを相談。御曹司・瀬尾を紹介され、2度目のデートで彼から真剣告白された美和子は、ついに健太と別れることを決意する。



過去を振り返るのは、もう終わり


まさかこんな時が来るなんて、想像もしていなかった。

健太と出会ったあの夏の日から、私の心に彼がいない日などなかった。

3年以上の月日を共に暮らした部屋には、至る所に健太との思い出が転がっている。

いま手にしているマグカップだってそう。これは付き合って間もない頃、ディズニーランドで盛り上がってペアで買ったものだ。

視線の先、テレビボードにちょこんと鎮座している小さなガジュマルの木は、同棲してすぐ、健太が会社帰りに嬉しそうに持って帰ってきた。…確か、恵比寿駅前のフラワーショップで見つけたと言っていた気がする。

「美和子との記念樹だよ」なんて言う彼に、「健太ってロマンチストだったのね」と笑ったっけ。

懐かしい思い出が、走馬灯のように頭をよぎる。

けれどこの時はもう、美化された記憶にさえ、私の決意を止めるだけの力は残っていなかった。

時計の針が22時を通り過ぎた頃、玄関が開く音とともに私は立ち上がる。

…過去を振り返るのは、もうおしまい。私は前を見て、生きていく。


決意を固めた美和子は、遂に健太に別れを切り出す

私を、解放してください


「ただいま」

ただならぬ気配を察したのだろう。

帰宅した健太は、リビングにいる私を認めると、着替えもせずにスーツのままテーブルに座った。

食事がまだのようだったから、私が冷蔵庫の残りもので急いでうどんを作ると、健太はありがとう、と言って食べ始めたけれど、さっきから全然減っていない。

普段は聞こえもしない、時計の針が動くカチカチという音が、嫌に大きく部屋に響いていた。



「健太…私、この家を出ます」

覚悟を決めて放った言葉は静寂を裂いて、向き合って座る私と健太の間で力なく漂い、はらはらと散った。

まるでドラマのワンシーンを見ているかのように、どういうわけか現実感がない。とても大切な何かを失う時、人は瞬間的に感覚が麻痺してしまうのかもしれないな、などと冷静に考える余裕さえあった。

しかしそんな私を、聞き慣れた健太の声が現実に引き戻す。

「…なんで」

明らかな動揺がわかる、上ずった声。

みるみる歪む健太の顔を目の当たりにして私は、あれだけ強固に決めたはずの覚悟がぐらぐらと揺らぐのを感じた。

「他に好きな奴ができたの…?」

やり場のない怒りを、必死で堪えているような言い方。

後から思えば、この健太の問いに、私はイエスと答えるべきだったのだろう。しかし微かに震える彼の声を聞いてしまったら、肩を落とし唇を噛みしめる彼を見てしまったら、そんなことは…嘘は、どうしても言えなかった。

「それは、違う…」

「それなら出て行くなよ!出て行かないでくれ、頼むから…」

私の言葉を、別れ話自体をかき消すように健太は大声を出し、最後は縋るような、絞り出すような声が響いた。

−過去に引っ張られてはダメ。前に進まなきゃ、はっきり言わなくちゃ。

頭ではそう思うのに、まったく言葉を紡げない。胸が締め付けられるように苦しくて、私は肩で息をするのがやっとだった。

すると健太はおもむろに立ち上がり、俯く私の手を取って、顔を覗き込む。

「俺は!…俺は、美和子がいなくなるなんて、考えられない。美和子が誰より大切だし、ずっと一緒にいたいんだ。これほど分かり合える相手はいないし、私たちは一緒になる運命だったんだって…美和子も言ってたじゃないか。そうだろ?」

痛いほど強く握られた手、私を何としても逃すまいとするまっすぐな瞳に、私の頭はひどく混乱する。

−こんなに、これほどまでに私を必要としているなら、どうして?

どうして、求めてくれないの。どうして、抱いてくれないの。どうして、どうして、どうして…!

「もう、やめて…!」

気がついたら、私は声をあげて泣いていた。熱い涙が頬を伝って、さらに頭が朦朧とする。

「離して…」

健太の手を無理やり剥がし、私はまるで子どもが駄々をこねるように叫んだ。

「もう…疲れた。悩んで、悩んで、悩み疲れて、私もう、何も考えたくない、考えられない!」

健太は、感情的になる私を呆然と見つめている。どうして私がこんなに激昂しているのか、まるでわからない、という顔で。

「お願いだから…もう私を解放してください」


「私を解放して」家を出た美和子が向かった先は…

一人ではいられない夜に


ロンシャンのバッグに必要最小限の荷物を詰めて、私は家を飛び出した。

健太と同じ空間にいると、せっかく決別したはずの過去にまた、足元を掬われそうで。

外は夜になるとすっかり冷え込み、家を出た瞬間は火照った顔に心地良くも感じた空気が、歩みを進めるにつれ次第に心もとなくなる。

別れ話は、もちろん初めてじゃない。過去に失恋も経験したし、彼氏がいない時期だってもちろんあった。

しかし、この時の私を襲ったのは、過去のそれとは比べものにならない喪失感だった。

もはや身体の一部のようにして、およそ4年間ずっと側にいた人と離れ離れになる。それはかつてないほどに心細く、身を切るような痛みだった。

居た堪れなくなって家を飛び出したものの、私はいったいこれからどこに行けばいいのか、どこに向かって足を進めればいいのかわからなくなるほどに。

恵比寿駅までふらふらと歩き、呆然と立ち尽くしてしまった私の頭に浮かんだのは、瀬尾さんだった。

最初から頼ろうと思っていたわけでは、断じてない。

ただ、こんな心細い夜を安ホテルでひとり過ごすのはやりきれず、それに彼なら、この状況を打破する答えをくれるに違いない、そんな気がしたのだ。



「美和子さん、どうしました?」

LINEの通話ボタンを押してから数秒で、瀬尾さんの声がした。忙しい人なのに、こういう場面を逃さず電話に出てくれる彼を、頼もしく思わずにいられない。

「私…あの、いま家を出てきたんです。それで、ホテルを取ろうと思うんですけど…」

言いながら、自分でもあまりに図々しく思えて口ごもる。しかし彼は私が遠慮する暇もなく、電話の向こうですべてを理解したようだった。

「そうですか。美和子さん、渋谷に向かってください。僕も仕事が終わり次第そちらに行きますから」

彼は自身の父親が経営するビジネスホテルの名を挙げ、私にそこのロビーで待つように告げた。

「はい…あの、ありがとうございます」

彼の迷いない口調に、私は心が安定していくのを感じた。とにかく私は、渋谷に向かえばいいのだ。行き先を教えてもらいさえすれば、私は一人でも歩ける。

「美和子さん」

通話を切ろうとした私を追いかけるように瀬尾さんに名を呼ばれ、慌てて耳を近づける。

「お礼を言うのは、僕の方だ。美和子さん、ありがとう。それでは、後ほど」

ありがとう、と言った彼の声が、耳元で優しく響く。

その言葉は、水分が枯れるほど泣いた私の身体に、染み入るようだった。


▶NEXT:12月19日 火曜更新予定
ホテルで待ち合わせた瀬尾さんと美和子は、その後…?


関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索