ミナミちゃんの恋人:私を“プリンセス”と呼ぶキザな婚約者。港区王子だった彼から、衝撃の提案

ミナミちゃんの恋人:私を“プリンセス”と呼ぶキザな婚約者。港区王子だった彼から、衝撃の提案

―どうして私が、こんな辺鄙な土地に住むの...?―

幸せな家庭を築くことを夢見て、コツコツ女としての人生の駒を進めてきた大手航空会社CAの美波(ミナミ)、27歳。

ルックス・収入・性格とともに完璧な港区男子・孝太郎と出会い、順調に婚約まで済ませた今、まさに幸せの絶頂期。

しかしのほほんとしたお嬢様気質の彼女を待ち受けていたのは、実は“下町出身”の彼がもたらした、思いがけない災難だった。



「...僕のプリンセスへ」

シャネル銀座ビル最上階の『ベージュ・アラン・デュカス東京』にて、濃厚なチョコレートとヘーゼルナッツのデザートをうっとりと堪能していた美波は、この日、人生最大の幸福も一緒に味わった。

恋人の孝太郎がスッと人差し指を立てて店員に合図をすると、大きな白い薔薇の花束が目の前に現れたのだ。

「...ど、どうしたの...?急に、こんな素敵なお花...」

突然の演出に驚きと嬉しさで言葉に詰まる美波を、孝太郎は愛おしそうに見つめながら、優しく手をとる。

「美波、僕と結婚してください。君と出会えたのは、僕の人生で最大の幸せだと思ってる」

「.........!!!」

いつもながら少しキザな孝太郎のセリフが、稲妻のように全身に響く。

すると今度は、身体の奥底から止め処ない幸福感が湧き上がると同時に、思わず涙がどっと溢れてしまった。

「もちろん...!私、孝太郎くんのいい奥さんになるわ。嬉しい...!」

孝太郎は、「ったく、泣くなよ」と呆れたように笑いながら、指で頰の涙を拭ってくれた。

美波はまさに夢心地の気分で、愛する孝太郎の顔を見つめてみる。

彼は政界や芸能界で活躍する、かの有名一族の長男に似たハンサムな顔立ちで、そのうえ30歳という若さで有名なITベンチャーの役員に名を連ねているという、美波にとってパーフェクトな恋人だ。

孝太郎が自分を「プリンセス」と呼んでくれるならば、彼も私の王子様に違いない。

しかし美波は、これから徐々に明らかになる王子様の意外な本性を、全く見抜けていなかった。


のほほん姫気質の美波。その結婚観とは?

苦労知らずの箱入り娘。その人生設計


―美波ちゃんは、少なくともパパと同等か、それ以上の男の人と結婚なさい。女の子が生まれ育った生活レベルを下げるのは、とっても難しいのよー

専業主婦であった母は、一人娘の美波が年頃になると、よくそんな風にぼやいていた。

もちろん、母の教えに異論はない。

美波の家族は絵に描いたような円満家庭で、商社マンの父親は母と自分を大切にしてくれた。大金持ちでなくとも裕福な方で、大田区雪谷にある一軒家の実家も最高の居心地だった。

小学生の頃は父の仕事の都合でシカゴに住んだこともあり、英語力もそれなりに備わったため、美波は受験や就職活動も大した苦労はせずに乗り切ることができた。

―あとはパパと同等か、それ以上の旦那さん...。

やはり母の言う通り、今後の人生を送るにあたっては、父のような男が必要である。美波は都内の女子大を卒業する頃には、ぼんやりと女としての人生設計を意識するようになった。

そうしていくつか貰った内定の中から選んだのは、大手航空会社のCAだ。

母の勧めで幼い頃から長年バレエを習ったため体力には自信があったし、接客業も好きだったからだ。

それにCAとなったテニスサークルの先輩に聞いたところ、この仕事は結婚や出産後でも自分のペースで働きやすいし、職業的な人気は下火とはいえ、やはり普通のOLよりは男性との出会いも多く、何だかんだで好感度も高いと言うのだ。

お友達とたくさん海外旅行もできて楽しいわよ、と微笑んだ先輩の優雅な表情を見たとき、苦労知らずの美波の就職先は決まった。



サークルの先輩が予言した通り、美波のCA生活はなかなか充実していた。

平日朝から晩まで内勤で働くOLよりは休みも多く、海外旅行も行き放題。もともと女子校育ちの美波にとっては、女の職場も思ったよりずっと居心地がよく、新しい友達もたくさんできた。

プライベートにおいても、やはり先輩の言った通り、恋人探しに事欠くこともない。

父と同じ商社マンや、パイロットにお医者様、外資系のサラリーマンなど、出会いはいくらでもあったし、そのうち数人とお付き合いもした。

だが“結婚相手”となると、どの男性たちも、どうもしっくり来ない。「父と同等か、それ以上か?」と問われれば、答えはNoなのである。

それは経済力やステータス、出自などの条件が問題というわけでもなく、明確な理由は美波自身もよく分からなかった。

だが、孝太郎との出会いで、美波は初めてその答えに気づいた。

それは他でもない、美波自身がその男性を尊敬し、心の底から愛せるかどうか、という根本的な問題だったのだ。


愛する婚約者との出会い。そして衝撃の提案とは...?

完璧な王子様の、突拍子もない提案


孝太郎とは、同期に誘われた食事会で出会った。

グランド ハイアット東京の『チャイナルーム』の席で、上品なスーツ姿の彼を一目見たときから、美波は珍しく少し心が弾んでいた。



さらに孝太郎は、そのスマートな外見や立ち振る舞いだけでなく、意外にもお笑い芸人のような会話能力に長けており、その物珍しさに興味を引かれたのだ。

「美波ちゃんって、目が覚めるような美人さんだよね。いや、こんな綺麗な人が空の上で働いてるなんて聞いた日には、空には本当に天使がいるんだって、俺信じちゃうよ……!」

少しおどけたような、演技がかった大袈裟な誉め言葉は、孝太郎のトレードマークだ。

「俺みたいな冴えないITヤローが、美波ちゃんみたいな美人さんと一緒に食事ができるなんてさ、もう奇跡に等しいよ。俺、死ぬ瞬間は、絶対にこの夜を思い出すんだろうな」

頭の回転が早く、女の子にはかなり人気があるには違いないのに、彼は少々自虐的で大袈裟な物言いで、女心をくすぐるのがとても上手だった。

何か発言するたびに美波はケラケラと笑いが止まらず、すっかり心を開いてしまう。

その食事会には、他にも商社マンなどの大手企業の堅実そうな好条件の男性ばかり揃っていたが、美波の興味は孝太郎一人に絞られた。

そうして何度かデートを重ねるうちに、二人はまもなくトントン拍子に彼氏彼女に発展したのだ。

美波は、自分をとても幸運な女だと思った。

CA仲間たちは、“婚活は受験や就活なんかよりずっと難しい”と顔をしかめていたのに、自分はいとも簡単に孝太郎のような恋人を手に入れ、交際半年で、アッサリとプロポーズまでされてしまったのだから。



「婚約指輪は美波の好きなのを何でも選んでくれて構わないけどさ、どっちにしろ、所詮ダイヤの輝きなんて君には敵わないよ」

ウェディング雑誌を夢中で眺める美波の前に、孝太郎は香りのいいハーブティーを差し出しながら言った。

「孝太郎くん...。ねぇ、結婚式もハネムーンも、本当に私の好きにしていいの?」

「当たり前だろ、美波は僕の“プリンセス”なんだから」

プロポーズされてからというもの、週末は必ず彼の麻布十番のマンションにお泊りしている。

リビングの窓からは大きな東京タワーを眺めることができるし、孝太郎はインテリアのセンスもよく、清潔感のある部屋はとても居心地がいい。

結婚後の新居は、この部屋に住み続けるので十分だ。

最近流行りの“港区男子”などと言うとミーハーで、少々遊び人のようにも聞こえるが、彼はまさに完璧な港区男子、いや、港区の王子様だった。

これまで漠然と思い描いていた、「生まれ育った環境と同等か、それ以上の暮らし」を文句なしに実現できる。

「あ、でもさ。一つだけ」

「なぁに?」

美波は甘い新婚生活を頭に浮かべながら、孝太郎に笑顔を向ける。



「結婚後は、“浅草”に住もう」



しかし、この突拍子のない彼の提案によって、美波の理想は歪み始めるのだった。


▶NEXT:2月21日 水曜日更新予定
最愛の港区の王子様は、なぜに“浅草”に城を構えようとする...?!



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索