東大女子図鑑:婚活市場で苦戦を強いられる東大女子が、キャリアも結婚も手に入れた秘策とは。

東大女子図鑑:婚活市場で苦戦を強いられる東大女子が、キャリアも結婚も手に入れた秘策とは。

あなたはご存知だろうか。

日本国内最難関・東京大学に入学を果たした「東大女子」の生き様を。

東京大学の卒業生は毎年約3,000人。

しかしそのうち「東大女子」が占める割合は2割にも満たず、その希少性ゆえ彼女たちの実態はベールに包まれている。

偏差値70オーバーを誇る才女たちは卒業後、どのような人生を歩んでいるのか。

そのリアルを覗いてみよう。


<今週の東大女子>

氏名:小林真理
職業:大手総合商社 総合職
学部:経済学部
住居:三軒茶屋の社員寮
ステータス:東京大学大学院(情報工学専攻)卒、大手外資系IT企業のエンジニアと結婚


“天真爛漫”

日本橋高島屋の『資生堂パーラー』に現れた彼女・小林真理を形容するなら、この言葉がしっくりくる。

透き通るように白い肌に、淡いレモン色のカーディガン。栗色の大きな目が、くるくると目まぐるしく表情を変える。

「わぁ♡ここの苺パフェ、いつ見ても本当に綺麗ですよね…!」

彼女が歓声を上げたのは、『資生堂パーラー』の看板メニュー・苺パフェだ。

そのあどけない笑顔は、どこか子犬のような愛嬌を感じさせる。

ふわふわと柔らかくウェーブがかかった栗色のロングヘアに、目元には淡いピンクのアイシャドウ。ぱっと見は“にゃんにゃんOL”とも言えそうなフェミニンさだ。


しかし彼女はこう見えて、東京大学経済学部を卒業した「東大女子」。

卒業後は大手総合商社(もちろん総合職)で働くバリキャリ女子で、入社5年目になるこの春からシンガポール駐在が決まったという。(5月に渡星予定らしい)

自身の経歴をゆっくりと語る真理が、柔らかな髪をさりげなく耳にかけたとき...左手薬指に、華奢な指輪が光った。

「実は先月、結婚したばかりなんです♡」

そし彼女は、幸せいっぱいの無邪気な笑顔で意外な事実を教えてくれた。

「プロポーズは、私からしたんですけどね!」


社会人になって気づいた、「東大女子」の生きづらさ...。

婚活市場で苦戦する、東大女子


「多くの女性と同様、子供の頃から、いつかは結婚して平和で明るい家庭を築きたいという願望がありました。

素敵な旦那さんと出会って、30歳手前で結婚して、やりがいのある仕事を続けながら子育ても二人で協力して...。適齢期が来たら、その時付き合ってる人と結婚するのかなぁって。

学生の頃は、まさかそれがこんなに難しいことだとは思いもよらなかったんです」

遠い目をして振り返る真理の口元が、自嘲気味に歪んだ。

天真爛漫な明るいオーラを纏いながらも、彼女は時折ふと客観的で冷静な目を向けるのだ。

やはり彼女は「東大女子」。‟にゃんにゃんOL”とは全く違う生き物なのだと感じさせる。

「大学生の頃は、正直とってもモテました。

そもそも大学の女子比率自体が低かったし、学内では結構可愛い方だったと自分でも思います。そんな感じだったから、在学時は彼氏が途切れたことなんてありませんでした。

でも卒業して社会に出てみたら...」

そこまで言うと真理は小さくため息を吐き、薬指の指輪に目を落とした。

「まずお食事会に行っても、ウッカリ‟東大卒”なんて言ったら他大卒の男の人は引きます。

一度、気になってる他部署の先輩がお食事会を開いてくれたんですけど…普段は一般職の女のことなんて小バカにしてる癖に、結局彼らがチヤホヤするのは"にゃんにゃんOL"。

私が何かを素直に褒めたって『いやいや、東大女子には叶いませんよ〜』とか言われちゃって。...その時、他大卒の男はムリだなって悟りました」

「たかが学歴くらいでバカみたいですよね」と鼻で笑う彼女の目は、愛らしい笑顔とは裏腹にとても冷たい。



「それからもう1つ大きなハードルがあって。商社って、総合職だと大体入社4、5年目で駐在に出されちゃう。そして一度駐在に出たら最低でも3年は海外生活。

駐在が終わるまでのんびりしてたら確実に婚期を逃します。

...キャリアと女の幸せの両立って、自然に任せてるだけじゃ絶対に無理なんですよ。

だから私、駐在が決まる前になんとしてでも結婚してやるって決めたんです」

キャリアを捨てずに幸せな結婚をするため、真理はシビアな現実を直に受け止め、綿密な分析とプランニングを行ったという。

・どのような結婚生活が理想で、それを実現するのに必要な条件は何か。

・条件に当てはまる男性の中で、自分と相性が良いのはどのタイプか。

・駐在が決定するまでに、確実に婚約できる相手は誰か。

そうして彼女が白羽の矢を立てたのが、先月晴れて夫となった彼だったという。


夫との出会いはボードゲーム?東大卒の「お食事会」事情

東大生のお食事会は“テーマ制”


「夫との出会いは一年半前。同じ東大卒の友人が開催した‟カタン大会”でした。

あ、‟カタン”ていうのは3、4人以上でやるボードゲームです。モノポリーに少し似ているかな。でももっと自由度が高くて頭を使う感じというか...その時は友人7、8人で集まって、2人1組でチーム戦をしていて。

偶然彼と同じチームになり、意気投合したのが交際のきっかけです」

カタンの他にもモノポリーやポーカー大会だったり、ゲーム以外では“ふるさと納税鍋会”など、東大生はテーマが設定された会で知り合うことが多いのだという。

「東大生ってプライドが高いから、“出会うためにここに来ました”みたいなのが苦手なんですよ。

だから東大卒同士が集まる時は、何かしらのテーマが設けられることが多いんです。...こうして話していると、東大生って面倒ですね(笑)」

夫は真理より2つ年下で、出会った当時まだ22歳。東京大学大学院で情報工学を専攻する学生だったという。

「こう言っちゃなんですけど...どっぷり理系の彼は、出会ったときは本当に“垢抜けないビンボー学生”って感じでしたよ(笑)。

でもやっぱり東大女子には東大男子が、ベストパートナーだと思うんです」



東大女子の理想の結婚相手は、やっぱり東大男子。


「まず当然ですが、学歴なんかで卑屈になられなくて済みます。

幼い頃から神童と呼ばれてエリート街道を歩んできた人がほとんどだから、屈折してないというか...素直で裏表の無い人が多いし」

のびのびとした笑顔でこちらを見る彼女も、きっとそういう人種のひとりなのだろう。

「それに東大には内部進学はありませんから、全員が受験に勝ってきた人たち。コツコツ辛抱強く努力を続けることができる人しかいません。

物事を論理的に考えられる人とは、喧嘩しても建設的に話し合える。これって、幸せな家庭を築く上での必須条件ですよね」

真理はビジネスライクな口ぶりで、東大男子がいかに結婚向きかをプレゼンしてくれた。

「夫もまさにそんな人。駐在の内示があった時点で、この人を逃したらダメだ!と、私から逆プロポーズしたんです」

自信満々だった今までの口調とはうって変わり、ふいに真理の表情が少し曇る。

「そりゃあ...男性からプロポーズされるシチュエーションに憧れもありましたけど。

でも彼、外資系大手IT企業のエンジニアに就職が決まっていたし。社会に出てにゃんにゃんOLに目を付けられる前に、絶対捕まえておかなきゃっていう思いが勝ちましたね」

そして彼女は、どこか自分に言い聞かせるように言葉を続ける。

「もし学生時代の彼に会っていても、スペック重視のにゃんにゃんOL達は見向きもしなかったはず。

...でもついこの間まで垢抜けない理系男子だった彼も、今やそこらの外銀男子より稼いでますから」

そう語る真理の口元には、勝ち誇ったような笑みが浮かぶ。

ぱっと見は自身もにゃんにゃんOLを装っているのにも関わらず、内心では彼女らを見下している...。

そこに、婚活市場で苦汁を嘗めてきた東大女子の、積年のわだかまりを見た気がした。

▶NEXT:5月3日 木曜更新予定
東大女子は金より愛?



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索