理想的な夫が隠し続けていた秘密。衝撃の告白に揺さぶられた、妻の決意とは?

理想的な夫が隠し続けていた秘密。衝撃の告白に揺さぶられた、妻の決意とは?

誰もがインターネットやSNSで監視され、さらされてしまうこの時代。

特に有名人たちは、憧れの眼差しで注目される代わりに、些細な失敗でバッシングされ、その立場をほんの一瞬で失うこともある。

世間から「パーフェクトカップル」と呼ばれ、幸せに暮らしていた隼人と怜子の夫婦。しかし結婚6年目、人気アナウンサーの夫・隼人が女の子と週刊誌に撮られてしまう。

夫のピンチが続く中、妻は番組での夫婦共演で夫を救うことに成功する。夫は以前の名声を取り戻した。が、今度は妻に過去のトラウマが迫ったとき、夫は意外な行動に出るが…。

「世間の目」に囚われ、「理想の夫婦」を演じ続ける「偽りのパーフェクトカップル」の行く末とは?



「…私ってあなたに愛されてる?」

抱きしめていた怜子が、下を向いたままそう呟いたように聞こえた。けれど、それはあまりにも予想外の言葉で、僕は思わず聞き返してしまった。

「…怜子、今、愛…って言った?」

僕の言葉に、腕の中の怜子が顔を上げ、僕を見上げる。何か言いたそうに彼女の口元が動いたけれど、言葉は出ずに、彼女の表情が歪んだ。

―あ、泣いてしまう。

思わず、もう一度抱きしめようとした僕の腕からすり抜けた怜子は、2〜3歩後ずさって言った。

「…ごめん、変なこと言っちゃった。ごめん、気にしないで。」

笑っているつもりなのだろうが、うまく笑えていない。そして笑顔を作りきれぬまま、怜子は僕の視線から逃げるように、後ろを向いてしまった。

「…怜子。」

僕が呼びかけると、怜子の背中が、ビクッと震えた。

ちゃんと話そう。僕がそう言おうとした瞬間。

「パパー。持ってきたよ。」

無邪気な声と足音で、部屋の空気が弾けたように変わってしまう。

翔太を待たせておこうとした僕の先手を打つように、怜子が言った。

「私は大丈夫だから、翔太に読んであげて。」

「母の顔」に戻った怜子は、だけど、と言う僕の背中を強引に翔太の方に押し出して、自分はさっき洗ったばかりのグラスを拭きはじめる。

早く、早く、と服の端を翔太に引っ張られながら、怜子の後ろ姿に声をかける。

「怜子、あとでちゃんと話そう。」

怜子は振り向くと、かすかに笑い頷いた。その力のない笑顔に胸が詰まり、嫌な過去がよみがえる。

―怜子のこんな顔は「あの時」以来だ。

それは、僕が未だ怜子に話せていない…「秘密」を持った時でもあった。


過去の男の予想外の登場に、妻への容赦がなくなる夫。その本意とは!?

怜子:「あなたに、愛されてる?」なんて、どうして言ってしまったんだろう。


ーこんなに緊張したのは、いつぶりだろう。

今日は俺が翔太を寝かしつけるからリビングで待ってて、と言った隼人を待ちながら、落ち着かず、さっきはルームフレグランスの瓶を倒してしまった。

こぼれ落ちた液体から立ち上る、濃すぎるベルガモットの香り。拭き取りながら胸焼けしそうになる。大切な我が家のリビングのはずなのに、まるで今は他人の家のように居心地が悪い。

「あなたに、愛されてる?」なんて、どうして言ってしまったんだろう。自分の言葉が恥ずかしくなり、後悔しはじめていた。

―ちゃんと、話すなんて…。何を説明すればいいのかも分からないのに…。

弱みをさらけ出すことが何より苦手な自分が、ちゃんと話ができるのか不安になる。

時計の針は21時を回っている。明日も朝の生放送に出演する隼人の出発は、午前3時のはずだ。彼の睡眠時間が削られていくことを心配していると、静かにドアが閉まる音がして、足音がこちらに近づいてくる。

「翔太、やっと寝てくれたよ。何か飲みながら話す?」

隼人が立ったままそう言ったけれど、私は首を横に振った。

そっか、と言いながら、隼人が私の斜め前に座る。L字型のソファーで向き合う形になった。



「…明日も早いのに、なんか、ごめんね。」

「俺の明日の時間なんて、今はどうでもいいよ。」

茶化す様子の一切ない真剣な顔でそう言うと、隼人はすぐに続けた。

「さっき怜子が言ったことと…この頃、ずっと元気がなかったのって、原因は同じ?」

直球の質問に、私は怯んでしまう。隼人から目をそらし、抱きかかえていたクッションに視線を落とす。

「黙り込んでもいいけど…。怜子がちゃんと話してくれるまで、今日は終わらせないよ。俺も…言わなきゃいけないことがあるし。」

いつもなら、私が「話したくなさそう」であれば、聞かずに放っておいてくれる隼人が、今日は容赦がなかった。こうなれば、隼人が引かないことはよく知っている。

私は覚悟を決めて、彼にとっても嫌な記憶を呼び起こしてしまうであろうことを、口にする。

「…彼から、連絡が来たの」

「彼って?誰のこと?」

名前すら言いたくない男のことを説明するのは、苦痛でしかない。尋ねられているのはわかっているけれど、その名前を口にしてしまえば、ずっと蓋をしてきた全ての記憶が蘇りそうで、私は、また沈黙してしまう。

「…まさか、智(とも)さんから?」

私の沈黙から察知したのか、隼人がその名前を口にした。私が頷くと、小さくウソだろ、と呟き、脱力しソファーの背もたれに寄りかかった。隼人にとっても予想外の登場人物だったのだろう。

「…どんな内容?」

しばらくして、そう言った隼人の声に怒りを感じ、私は少し怖くなる。

それでも…隼人の強い視線に促され、言葉を続けなければならなかった。


過去にならない男。その存在にショックを受けた夫の、意外な行動とは!?

「短いメールがきただけ。大丈夫か?って。番組で顔を見て心配してる、って。多分隼人の…スキャンダルとか、そんなニュースも見たんだと思う。」

あの人らしいな、と言った隼人の顔が忌々しそうに歪んだ。

隼人には、私があの人と付き合っていた頃に、何度か会わせたことがある。おそらくその時の彼の仕草や口調を、思い出しているのだろう。

「彼と別れたあと電話番号は変えたんだけど、メールアドレスはそのままだったから…。」

話してしまえば、たったこれだけの出来事だ。これ以上何も伝えることがなくなって黙った私に、隼人が小さくため息をついたあと言った。

「つまり、このところ怜子の様子がおかしかったのは、あの人からのメールのせい、ってこと?たった1行のあの人の文章が怜子をあんなに動揺させたの?」

そう聞かれると、何と答えればいいのか分からなくなった。メールだけのせいではない気もするし、結局はメールのせいなのかもしれない、とも思える。

さやかちゃんが現れ、友香ちゃんに仕事を奪われた時に、彼が登場してしまった。忘れ去ったはずの、消し去ったはずの男。

「…怜子にとって、彼とのことは、まだ過去になっていないんだね。俺と翔太との6年間は、彼とのことを消せなかった。」

そう言って隼人は、悲しそうに笑った。



「…隼人、私は…。」

そうじゃない、そんなことない、と言いたいのに。なぜか、言葉が喉に張り付いてしまったように吐き出せない。

彼は遠い過去のこと、と言い切れない自分が、情けない。

「…ちょっと俺の話、していいかな。」

黙ったままの私に、隼人が言った。優しい口調に救われた私が頷くと、隼人が照れくさそうに喋りだす。

「俺の秘密をバラすよ。俺が、怜子と結婚を決めた理由。世間体が悪いからとか、打算的なことじゃなかったんだよ。本当はさやかのことなんてとっくに吹っ切ってた。」

「……どういうこと?」

隼人が何の話をしているのか、うまく理解できない。

私たちは、同じ時期に婚約破棄されたから、傷ついた親友同士で「打算的に、愛のない」結婚を決めたはずだったから。

私が、よほど混乱した顔をしていたのだろう。隼人はそんなにびっくりするなよ、と言ってから、照れくさそうな笑顔のまま続けた。

「つまり、さ。何というかその…。結婚を決めた時、愛があったんだよ。少なくとも俺には、ね。」


夫の妻への本当の気持ちと…夫の秘密が、初めて明かされる!

こんなことしたなんて、なんかカッコ悪くて怜子には言いたくなかったんだけど、と前置きしてから、隼人はあの時のことを語り始めた。

「さやかに婚約破棄されたとき、情けなくて、このままじゃ終われないと思った。プライドもあったし、彼女がなんで俺を捨てたのか確かめたかった。それが痛みでも、納得できないと過去にできないし、次に進めないと思ったから。」

―納得できないと過去にできないし、次に進めない。

その言葉が、ズシンと私の胸に響く。

「で、これが怜子に言えなかった理由でもあるんだけど。俺は過去と決別するために、恥ずかしながら探偵を雇った。さやかのことを徹底的に調べ上げてくれって頼んだんだ。ちょっと怖いだろ?」

「…知らなかった…。」

そりゃそうだよ、俺が怜子には隠したかったんだから、と笑った。

「その調査でわかったことは、彼女は俺より何倍も稼ぎの良い男を選んだってこと。都内の一等地にものすごい土地を持ってるおぼっちゃま。今の旦那だけどね。しかも、俺がプロポーズした後に出会った男だった。」

ひどすぎる話に呆然とするけれど、隼人は楽しそうに話し続けている。

「最初はマジでムカついてさ。さやかを問い詰めたんだ。そしたら、私は寂しかっただけ、彼は隼人くんと違って、私が呼んだらすぐ来てくれる優しい人なの、って。私を1人にした隼人くんのせいだよ、って。すごいだろ。」

さやかちゃんのあの甘い声で脳内再生され、私までムカついてきてしまった。

「俺が働いてる姿が好き、って言ってたその口で、悪びれずにそう言った彼女が恐ろしかった。本性を見抜けなくて、プロポーズまでした自分が情けなくなったけど、結局は、結婚前にわかってよかったと思えるようになった。」

「…再会した時、どうだった?」

私は自分に置き換えて質問する。さやかちゃんが彼に残した傷は、会って蘇ったりしなかったのだろうか?

「会いたくはなかったけど、会ってみたら、あーあ、全然変わらないんだなこの子は、って思って呆れたよ。今は旦那さんに心の底から同情してる。」

笑い話にできていることが、隼人がさやかちゃんと…「過去の痛み」と決別できていることを証明している気がした。

「それで…。話を怜子からプロポーズされた時のことに戻すよ。怜子からプロポーズされたとき俺…。」

そこで一度言葉を切ると、隼人は私を見つめ直し、少し恥ずかしそうに、今まで何か照れくさくて言えなかったけど、と言ってから続けた。

「その時俺、怜子のことがめちゃくちゃ愛おしくなった。傷だらけのくせに、平気なふりして悪ぶって、キスできたら結婚しない?なんて言ってる強がりな親友が愛おしくて。結婚して俺が守れるなら、守ってやりたいと思った。」

―私が愛おしかった?…隼人が?

「怜子が言った、愛されてるか、っていう質問への答えとは違うかもしれないけど、俺は打算だけで結婚を決めたわけじゃない。怜子が信じられなくてもね。」

そして…呆然としたままの私に、

隼人は信じられない提案をした。



隼人と話した3日後。あの人にメールを返信した。

「会えますか?」

なんと打てば良いのかわからないまま、さんざん悩んで送信したのはたった1行だけ。

そして今、私は事務所の会議室ではあの男を待っている。

社長の趣味で、現代アーティストがデザインしたポップなビタミンカラーに彩られた会議室。

気の重い再会にはふさわしくない部屋だな、とかどうでもいいことを考えて気を紛らわせてみる。

その時、ノックの音がして、打ち合わせの方がいらっしゃいました、とスタッフの声がした。

私は、シャツの襟と髪型を整え、深呼吸をする。

―大丈夫、私はきっと。

自分に言い聞かせてから、私がどうぞ、と言うと、スタッフに促され、あの人が入ってきた。

少し老けてはいたものの、あの頃と同じ人の良さそうな笑顔で。

「どうぞ、座ってください。」

私が、机を挟んだ椅子を指差すと、彼は素直に従ったあと、悪びれる様子もなく、あ、そうだ今の仕事の名刺渡すよ、と胸ポケットから名刺入れを取り出した。

見覚えのある、ハイブランドの名刺入れ。私がそれを見つめてしまったことに気がついた彼が笑った。

「怜子がくれたやつ、まだ使ってるよ。気に入ってて…。」

嬉しそうに差し出された名刺。

―アートディレクター 桜井智。

自分がなるはずだった苗字が目に入って、逃げ出したくなった。けれど。

ーそれが痛みだろうと、納得できないと過去にできないし、次に進めない。ー

そう言った隼人の顔を思い出す。

―乗り越えられたら、隼人に伝えたいことがある。

膝の上で震える手を、ぎゅっと握りしめる。私は、過去の亡霊と決別するために、ここにきたのだから。


▶NEXT:5月27日 日曜更新予定
怜子に深い傷を残した男の全貌が明らかに。怜子はトラウマを乗り越えられるのか?



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索