「彼女、ああ見えてすごいんだよね…」男に“底なし沼”と呼ばれた、美しき妻の意外過ぎる一面

「彼女、ああ見えてすごいんだよね…」男に“底なし沼”と呼ばれた、美しき妻の意外過ぎる一面

−年の差婚−

40代のリッチな夫に、20代の美しい妻。

多くの人は思うだろう。打算で結ばれた男女。
そこに「愛」などあるはずはない、と−

保険調査員の小林真奈(30)は、51歳で急死した資産家・山中修也の妻、塔子(30)の元をたずねる。4年前に結婚した夫妻は、22歳の年の差婚だった。

−夫を、愛してはいませんでした。

そこで塔子の口から次々と飛びだす、にわかに信じられない告白の数々。

−私、男性経験1人なんです。相手は夫じゃありません。

塔子には山中との結婚前、「私のものにならないなら死んじゃえばいいと願った」ほど愛した男がいたらしい。

その男とは、一体何者なのか–



美しい指の男


–私、山中とは寝ていないんです。出会ってから4年半、一度も。

小林真奈(30)の頭の中で、未亡人の言葉が何度もリフレインする。

ありえない。出会ってから、一度も?

しかも相手はあの塔子だ。20代の頃の松嶋菜々子と黒木メイサを足して、壇蜜のエッセンスをまぶしたような。

山中修也の年齢的・身体的な問題か、それとも…。真奈は頭のモヤモヤを追い払うように、ぐっとビールを飲み干した。

銀座駅C6すぐ、雑居ビルの一角にある『銀座バードランド』。真奈はここで、ある男を待っている。かれこれ30分も。

男の名は、古賀佳文。36歳。塔子と同じ大手化粧品会社の宣伝部に所属するコピーライター。

そして塔子が唯一、体を許し、狂おしいほど愛した男。

正直、古賀への聴取は保険調査という業務の範囲を超えている。会社に見つかったら懲戒解雇ものだ。

でも真奈は好奇心を抑えられなかった。

山中修也と塔子。あの年の差夫婦には“何か”がある。その“何か”を握っているのが、古賀という男である気がしてならないのだ。それにしても、遅い…

「すいません、もう一杯ビール!」

叫びかけたとき、入り口の琥珀色の扉が静かに開いた。

男は、湿った夏の夜の空気とともに、猫のようにするりと店内に滑り込んで来た。

特に悪びれる風も、あわてる様子もなく、テーブル席にいる真奈を見つけるとひらひらと手を振る。古賀佳文だ。

男にしては華奢でキレイな指だな、と真奈は思った。


塔子が唯一愛した男が語る、もう一つの真実

商社マン、医者、弁護士などいわゆる花形ではないが、女優やアナウンサーを射止めたという話もよく聞く、“隠れモテ職業”。それがコピーライターだ。

真奈はその理由が、古賀佳文(36)に会ってよく分かった気がした。

女が、男に与えつづけて欲しいもの。

それは贅沢な食事でも宝石でもなく“言葉”だから−



“二宮塔子”の話


びっくりしましたよ、いきなり会社にメールもらって。

二宮塔子さんと付き合ってたのは、もう5、6年も前の話で…ああ、二宮さんというのは旧姓です。山中夫人ですよね、今は。

ねえ。正直なところ、どうなんですか。

保険調査員さんがわざわざ僕なんかに話を聞きに来る理由ですよ。疑われてるんですか?あいつ。

…へえ、なんだ。そういうことじゃないんだ。

まあいいか。冷めちゃう前に、食べましょう。
ここの焼き鳥、白ワインと合わせると絶品ですよ。



初めて会ったのは、僕が代理店から転職してきてすぐだから6年前かな。香水のネーミングの仕事がきっかけでした。調香した人に話を聞こうと思って。それが塔子。

美しい目をした人だな、っていうのが第一印象です。

で、帰りに軽く飲みましょうか、ってことになって。そこでね、いきなりワンワン泣きだすんですよ、彼女。

塔子はいわゆる“泣き上戸”って言うのか、酔いが回ると感情がワーッとあふれ出しちゃうタイプみたいで。でもその時は知りませんから、なんで初対面の僕の前で大泣きするんだろ、って。そこから妙に気になりだして。

…まあ、彼女からしてみれば僕なんて、数多くの元彼の1人っていうか、大して印象に残ってないと思いますよ。

え?違うんですか。

なんて言われたのか気になるなあ。

でも、恨まれてはいるのかな。
別れ方はあんまりキレイじゃなかったから。

悪いのは僕ですね、完全に。



ねえ、小林さんは彼氏いるの?

ごめんごめん、そんな顔しないで。口説こうってつもりはないからさ。

言いたかったのはね、誰かを好きになる理由と、嫌いになる理由って実はつながってるよね、って話。

僕が塔子を好きだと思ったのは、あのクールな見た目に似合わない気性の激しさだったんだけど。なんかしんどいな、と思ったのも同じところで。

付き合って半年くらいだったかな。色々重なって「距離をおこう」って言ったんだよね。それが…逆に火をつけちゃったみたいで。

電話攻撃、長文メール攻撃、いきなり家に来る攻撃…みたいな感じになっちゃって、僕も困り果ててさ。

当時よく仕事をしてた取引先の女の子に、たまーに、グチを聞いてもらってたんです。そしたら、まあ気づけば…みたいな。コレですよ。

その女の子から“生理がこない”って言われて。
で、はい。責任を取ったといいますか。

社内ですから、僕が結婚したって話は嫌でも塔子の耳に入るでしょ。それで幕引きって感じだったかな。

今ですか?まあまあ幸せですね。
娘はかわいいし、嫁もうるさいタイプじゃないし。

だからね。僕が塔子について話せることなんて、あんまりないんですよ。

結婚したって聞いたときは、素直によかったなと思ったけど。亡くなった旦那、総資産何億だったっけ。

ああいう頭がよくて真面目そうな人ほど、分かりやすい色仕掛けにコロっとやられちゃうんだろうね。

大きな声じゃ言えませんけど、あいつ、すごいんですよ…。


深まる謎。そして新たな証言者も登場…!?

彼女、クールに見えてすごくエロいんです。

底なし沼っていうか、搾りとられるっていうか。初めは僕もハマったけど、だんだんついていけなくなって。今となっては、いい意味で懐かしいけどね…

塔子、落ち込んでました?

ほとぼりが冷めたら連絡してみようかなあ。

そう言えばあいつ、なんで金持ちと結婚したのに会社は辞めなかったんですかね。調香師は確かにうちの研究所の中ではエリートではあるけど、給料はたかが知れてますよ。

僕もね、そろそろ転職しようかなーと思ってて。小林さん、相談のってくれます?

…やばい。電話だ。ちょっと待ってて。

あー、この感じは行かないとまずそうだなあ。ごめん、ちょっと仕事のトラブルで。

お会計だけ済ませておくよ。…え?そちらの経費で?
いやー悪いね、ありがとう。

次はぜひ僕にご馳走させてね。連絡して。じゃ。



新たな証言者


翌朝。通勤ラッシュの人波にゆられながら、小林真奈は昨夜のことを考えていた。

自腹で『銀座 バードランド』は痛い出費だったが、焼き鳥は美味しかったのでよしとしよう。

古賀からは期待したほど大した情報は得られなかった。でも一つだけ分かったことがある。

塔子さん。あんた、あの最低男を選ばなくて…

−本・当・に、よかったよ!!!

思い出しても腹が立つ。何が“ここの焼き鳥、白ワインと合わせると絶品で〜”だ。焼き鳥にはビールだろう。

それにしても。

激情家で、酒に酔うと泣き、「底なし沼」の塔子。それが自分の目の前にいたあの塔子と同一人物とは、どうしても思えない。

そして山中夫妻が寝ていないのが本当だとすれば、原因は山中の方にあるということになる。つまり…

「小林!昨日どこにいた?携帯切ってただろ。お客さんがずっと待ってたぞ」

真奈の思考は突如、上司の怒鳴り声にさえぎられた。

「お客さん?私にですか」

おかしい。昨日のアポは一件もなかったはずだ。

「こないだ亡くなった、山中社長の秘書の女性だ。これお前に渡してくれって」

山中の秘書が今さら何の用だろうか。
手渡された紙袋には、布のようなものが入っている。

きれいに洗濯された白いシャツに、男ものの下着…?

同封されていたメモを見た瞬間、真奈はガンと頭を殴られたようなショックを受けた。

“小林さまにお話したいことがあります。ご連絡ください。ちなみにこのシャツと下着は、山中が私の部屋に泊まる時のために置いていたものです”


▶︎NEXT:7月24日 火曜更新予定
山中には愛人がいた!?秘書が語る資産家の裏の顔とは



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索