20代“妊婦サマ”との修羅場。対抗心MAXの独身女が、戦意喪失した意外な理由

20代“妊婦サマ”との修羅場。対抗心MAXの独身女が、戦意喪失した意外な理由

ー女の市場価値は27歳がピーク、クリスマスケーキの如く30歳以上は需要ゼロなんて、昭和の話でしょ?ー

20代の女なんてまだまだヒヨッコ。真の“イイ女”も“モテ”も、30代で決まるのだ。

超リア充生活を送る理恵子・35歳は、若いだけの女には絶対に負けないと信じている。

周りを見渡せばハイスペ男ばかり、デート相手は後を絶たず、週10日あっても足りないかも?

しかし、お気に入りのデート相手・敦史が26歳のCA女を妊娠させたことが判明。しかも彼は、結婚後も理恵子との関係を続けたいと言い放つ。

さらにはバツイチの元彼・新太郎に「ヤバい女」と酷評されたうえ、敦史の婚約者から突然電話がかかってきたが...?



―どうして私が、敦史の婚約者なんかと会うことに...。

理恵子は大きな溜息を何度も吐きながらも、オフィスの化粧室で念入りにメイクを直していた。

ただファンデーションやリップを足すだけでは、見栄えは良くなっても肌の疲れが逆に目立つことがある。

よって、オイルで軽く肌艶を整えてから、リキッドタイプのファンデーションを少量ずつ丁寧にのせていく。リップもアイラインも敢えて控えめに、自然かつ巧妙なナチュラルメークを意識した。

—あぁ、面倒臭い...。

こうして鏡に向かってみると、35歳の女が26歳の女と1on1で対面するのは、男とデートするよりもずっと気を使うということに気づく。

だが、ここは大人の女の余裕の見せ所だ。

愛梨という女は「とにかく会って話がしたい」とのことだが、目的は、おそらく理恵子の値踏みと優越感の確認であろう。

そんな小娘の浅はかな魂胆は、返り討ちにしてやる。

理恵子は対抗心をバチバチに燃やし、鼻息荒くザ・リッツ・カールトン東京の『ザ・ロビーラウンジ』に向かった。


臨戦態勢で修羅場に臨む理恵子。しかし、ペースが狂ったワケは...?

26歳の小娘との戦い


5分、10分、20分...。

理恵子の苛立ちは、刻一刻と募っていく。

というのも、愛梨という女が約束の時間になっても一向に現れないのだ。



彼女は突然の電話にて、半ば無理矢理に理恵子を呼び出した。

彼女は「話したいことがあるなら電話でどうぞ」という理恵子の言い分は全く聞き入れず、弱々しい声を出しながらも、「どうしても一度会いたい」と頑として譲らなかった。

にも関わらず、理恵子を待たせるとは、一体どんな神経をしているのだろうか。

―これだから、常識知らずの若い女は...!

理恵子はなるべく心を落ち着けるべくシャンパーニュをくいっと飲み干し、同じものをウェイターに注文する。

「あの...理恵子さん...ですか?」

すると、やっと愛梨と思しき女が現れた。

「すみません、ちょっと具合が悪くて、トイレから出られなくて...」

理恵子はその姿に、思わず目を見張る。

彼女はボテっとしたTシャツとワイドパンツ、そしてフラットシューズというホテルのラウンジには似合わぬ格好で、ヘアメイクもほとんどせず、青白い顔でハンカチを口に当てていた。

Instagramで見た子鹿のような大きな瞳だけが、まるで別物のように潤々と濡れたように光っている。

「そんなに体調が悪いなら、無理に今日会わなくてもよかったんじゃないですか?」

つい尖った声を出してしまうと、愛梨は「すみません...」ともう一度小さく会釈し、言いにくそうに続けた。

「でも...病気とかじゃないんです。悪阻なので、いつ治るかも分からないし...」

「...あっ、そう...」

“ツワリ”という言葉に、理恵子は思わず怯む。すっかり忘れていたが、愛梨は妊婦であった。

2年間も自分と関係を続けてきた男の赤ん坊が目の前の女のお腹の中にいるなんて、なんとも複雑すぎるし、気を抜くと目眩すらしそうな気分だ。

だが、悪阻中の妊婦相手では、さすがの理恵子もあまり攻撃的な態度は取れない。

「とにかく、座ったら?話の前に、先に飲み物でも頼んで」

そして愛梨は静かに席に腰を下ろすと、おずおずとメニューを物色し始めた。

だが、やはり決めるのが遅い。何度もページをめくったり戻したりをしては、「えっと...」などと迷っている。

「妊婦さんなら、グレープフルーツジュースとかがいいのかしら?」

我慢できずに口を挟んでウェイターを呼ぶと、愛梨は潤んだ目を理恵子に向けた。

「...うーんと...今は、ジュースとかはちょっと受け付けなくて...」

「じゃあ、ノンカフェインのカモミールティーとか?」

「あ...カモミールも、子宮を収縮させる作用があるらしいので、ちょっと...。ハーブティーって、妊婦は意外と飲めないものが多いんです...」

―はぁ!?じゃあ水でも飲んでなさいよっ。

理恵子はこめかみの血管がピクピクと波打つような苛立ちを抑え、怒りの言葉をやっとのことで飲み込んだ。


至極扱いづらい妊婦。理恵子を呼び出した目的は...!?

ヤバい妊婦


やはり愛梨は、表面的な弱々しい印象とは異なり、妙に頑固な女である。

すると、二人の女の微妙な空気を察したらしきウェイターが丁寧に言った。

「お客様、よろしければフルーツとハニーで香りづけしたルイボスティーがございます。こちらはいかがですか?」

「あ、それがいいです。ありがとうございます」

それまでゲッソリした表情を崩さなかった愛梨だが、このときだけはウェイターに向かってパッと花が咲くような笑顔を見せた。

—何なのよ、この女...。とんだ“妊婦サマ”じゃないの...!

理恵子はこれ見よがしに大きな溜息をつき、2杯目のシャンパーニュを豪快に口に含んでやる。

妊婦の前で一人酒を口にするのは少し躊躇われたが、頼んでしまったものは仕方ないし、よくよく考えれば、この女に義理立てする必要もないのである。

「あの...理恵子さん...」

しかし次の瞬間、理恵子は驚きで目を丸くした。

ウェイターが席を去った途端、愛梨はその大きな瞳をたっぷり濡らし、大粒の涙をポロポロと零し始めたのだ。

「ちょ、ちょっと。やだ、突然どうしたのよ...?」



しかし愛梨は、狼狽える理恵子のことも、ここが一流ホテルのラウンジであることもお構いなしに、ヒックヒックとしゃくり上げながら涙声で事の顛末を一方的に喋り始めた。

敦史とは食事会で出会い、その当日にかなり情熱的に口説かれ、すぐに恋人同士になったこと。彼は日々の連絡もマメで、時間さえ合えば連日でも会っていたこと。

そして、二人の関係はこの上なく順調で、出会ってたったの2ヶ月で妊娠が判明し、婚約に至ったこと。しかしその後まもなく、敦史に理恵子という浮気相手が判明したこと...。

「敦史さんは優しかったし、私のことを本当に愛してくれてると思ってたんです。連絡だって、夜中以外は3時間以上空いたこともありません。なのに、理恵子さんみたいな人もいたなんて、私...」

「......」

ボロボロに泣きじゃくる26歳の妊婦を前に、理恵子はすっかり戦意を失ってしまった。

当初は修羅場のような場面を想定していたのに、この女は自分を責めたり攻撃するわけでもなく、ただ哀れに涙を流すだけなのだ。

耳を傾けるうち、意外なことに理恵子には同情心すら芽生え始め、愛梨の話に「ウンウン」ともはや親身に相槌を打ってしまう。

「私、本当に目の前が真っ暗で...。妊娠してから敦史さんの本性を知って、でも仕事も休職しちゃったし、今さら後には戻れないし...。友だちにも親にも、こんなこと絶対に相談できない...。

妊娠までさせられちゃって、これからの人生、私は一体どうしたらいいのか...」

だが、ウジウジと身の上を嘆き続ける彼女の話を聞くうち、理恵子は胸の奥底から沸々と不思議な感情が湧き始める。

「...愛梨さん、ちょっと一言言わせてもらっていい?」

そして、気づけばおかしなスイッチが入っていた。


女同士の修羅場が迎える、意外すぎる結末は...!?

35歳女のヤバい正義感


「あのねぇ、キツいこと言うようだけど。アナタ、これから母親になるんでしょう!?」

理恵子は泣きじゃくる愛梨に負けじと、声を張り上げていた。

「ちょっと可哀想だと思ってみたら、何よ、その被害者意識は。アナタ、もう社会人何年目?学生じゃあるまいし、立派な大人でしょう」

愛梨は突然説教モードに豹変した理恵子を、驚いたようにポカンと見つめている。

「それに、その“妊娠させられた”っていうのは何?敦史の行為を許したのはアナタでもあるんだから、無責任な発言は慎みなさい。お腹の赤ちゃんが可哀想だと思わないのっ!?」

「そ、そんな...」

理恵子はまたしても泣き出しそうになる愛梨を無視して、3杯目のシャンパーニュをオーダーする。



「そもそも、今さら敦史と別れるワケでもないんでしょ?ならね、男の浮気くらいでピーピー泣くのはやめなさい」

「で、でも...。だって、妊娠までしちゃって、仕事もできなくて、たしかに今さら別れられないけど...。こんな状態で結婚生活がスタートするなんて、私...」

まだ泣き言を続ける愛梨に対して、理恵子はすっかりシラけた気分になる。

こういう情けない女がいるから、世間全般の女が社会でナメられるのではないだろうか。

「じゃあ、妊婦でも働ける仕事でも探しなさいよ。アナタの頭に“自立”って言葉はないの?子どもがいようがいまいが、4組中1組の夫婦が離婚する時代なのよ?」

「...でも私、理恵子さんみたいにバリバリ働くタイプの女じゃないし...」

「アナタね、いい加減にしなさい。数ヶ月後には母親になるんだから。もっと強くなって、敦史くらいの男は尻に敷いて、幸せな家庭を自分で作るくらいの覚悟を決めたらどうなのっ!?」

「......」

一気にまくし立てると、愛梨はとうとうハンカチに顔を埋めて泣き出してしまった。そこで理恵子はハッと我に返り、思わず周囲をキョロキョロ見渡す。

―ヤバい...。これじゃ、私がこの子を虐めてるみたいじゃない...。

「あと...それに...敦史は、アナタのことちゃんと愛してるとも思うわよ」

「えっ...」

焦った理恵子がついフォローを入れると、愛梨は勢いよく顔を上げた。その顔は、涙でグチャグチャである。

そして、若い女のそんな顔を直視してしまうと、絶対に言いたくなかった言葉が口を出た。

「だって...、あの慎重で打算的な敦史が“うっかり”女の子を妊娠させるワケないの」

「......?」

「...だから、敦史は、それだけ愛梨さんを自分のモノにしたかったってことでしょ...」

語尾が、少しだけ震えてしまった。

理恵子の胸には、怒りとはまた違う、ギスギスした感情がこみ上げてくる。

もう、これ以上この場所にはいられない。この若い妊婦に、醜態など絶対に見せたくはない。

「ねぇ、もういいかしら。ちなみに私と敦史は...まぁ、大人の関係だったことは今さら隠さないけど、ただの友だちよ。もう連絡も取ってないし、安心して幸せになりなさいよ」


―だって...私と過ごした2年間で、敦史が私を妊娠させる可能性なんて、これっぽっちもなかった。


理恵子はこのセリフだけは自分の中に押し留め、まだ何か言いたそうにしている愛梨を無視して会計を済ませ、さっさと席を立った。

「あの、理恵子さん。何ていうか、本当に、ありがとうございました...。私、ちゃんと頑張ります...!」

常日頃のように背筋をピンと伸ばすのがしんどく感じるのは、酔いが回り始めたせいだろうか。

―私は一体、何をしてるのよ...?

そんな自問自答で頭がいっぱいになりながらも、最後に背中にぶつけられた愛梨の力強い声だけが、理恵子の耳にいつまでも残っていた。


▶NEXT:7月28日 土曜更新予定
柄にもなく撃沈する理恵子。助け船を出すのは、あの“ヤバい”男...!?



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索