35歳のヤバい女:「チヤホヤされても、実は全然モテてない」独身美女の胸に刺さる、毒舌男の正論

35歳のヤバい女:「チヤホヤされても、実は全然モテてない」独身美女の胸に刺さる、毒舌男の正論

ー女の市場価値は27歳がピーク、クリスマスケーキの如く30歳以上は需要ゼロなんて、昭和の話でしょ?ー

20代の女なんてまだまだヒヨッコ。真の“イイ女”も“モテ”も、30代で決まるのだ。

超リア充生活を送る理恵子・35歳は、若いだけの女には絶対に負けないと信じている。

周りを見渡せばハイスペ男ばかり、デート相手は後を絶たず、週10日あっても足りないかも?

しかし、お気に入りのデート相手・敦史が26歳のCA女を妊娠させたことをきっかけに災難が続く理恵子。

さらに人妻・茜にまで食事会で惨敗してしまう。



―男性は、みんな既婚者だったもんね―

人妻・茜が発した食事会後の爆弾発言に、理恵子はただ呆然と立ち尽くしていた。

「どうして、彼らが既婚者だって分かったんですか!?」

だが、後輩の麻美は鬼の形相で茜に食い下がる。

「いや...最初は何となくそうかなぁと思ってたんだけど、途中からは、普通に自分で奥さんの話してる人もいたし...」

茜は気まずそうに笑顔を引き攣らせ、なるべく麻美を刺激しないように言葉を選んでいる様子だ。だが、時すでに遅しである。

「あっ!で、でも、幹事の純也くんのことは二人も知ってたでしょ?指輪の跡がくっきり日焼けしてたし、週末は娘さんとプール遊びしたって楽しそうに話してたもん!」

そしてこの一言に、理恵子は目眩すら起きそうになった。隣の麻美も同様に、言葉を失っている。

理恵子たちの知らぬ間に、茜と男たちはパパママトークで楽しく盛り上がっていたのだ。

「それにしても、私なんかのために本当にありがとう。きっと二人なら、こんな中途半端な男性じゃなくて、もっともっと素敵な独身が集まる食事会に行くのよね?でも楽しかった。次は女子会でもしましょう!」

そうして茜は独身女二人にトドメの一言を突き刺し、華麗にタクシーに乗り込んで行った。


三十路の後輩・麻美の酷すぎる現実が明かされる...!!

結婚に焦り、魂を擦り減らす三十路女


「私...純也くんが既婚者だなんて知らなかったし、全く気づきませんでした...。理恵子さんもそうですよね?」

グランドハイアット東京の『マデュロ』に移動した途端、麻美は崩れ落ちるようにうなだれた。



「う、うーん...。で、でもまぁ、彼が既婚でも独身でも、私たちには何の関係もないわ。だって、あの程度の男なら、その辺にゴロゴロ転がってるでしょう」

正直、理恵子も麻美と同じく、目の前のテーブルに突っ伏してしまいたい気分である。だが日頃のクセで、つい口が勝手に強気な発言をしてしまう。

「理恵子さん...さすがです。やっぱり、本当に美人でモテる女は35歳でも余裕なんですね。でも...私は無理です。三十路を過ぎてから、こういう無益な夜を過ごすたびに魂が擦り減っていくんです...」

少しでも気が緩むと、「そうよね...」なんて頷いてしまいそうだ。だが理恵子はそんな衝動をぐっと堪え、凛と先輩風を吹かせ続ける。

「大袈裟ねぇ!30歳なんてまだ若いし、麻美だって美人じゃない。出会いなんていくらでもあるんだから、そんなに落ち込まないでよ」

しかし麻美はそんな励ましには耳も貸さず、死んだ魚のような目で淡々と自虐発言を繰り返した。

「私だって、自分の見た目もキャリアも、悪い方だとは思ってません。でも...私は理恵子さんレベルではないし、このまま一生独り身かもと思うと、もう人生詰んだ気分ですよ。

それに...茜さんは純也くん達のこと“中途半端な男”とかサラッと言ってましたけど、私にとってはかなり優良物件でした。彼女の旦那さま、有名な事務所の弁護士さんなんですよね。羨ましすぎ...」

麻美はそう吐き捨てるように言うと、ほとんど涙目で目の前のマティーニをぐいっと飲み干した。

理恵子は麻美の肩をポンと叩き、余裕の笑みを崩さぬよう姿勢をピンと伸ばす。だが、5歳も年下の女が激しく落ち込む姿を見ていると、徐々にシンミリとした感情が込み上げてきた。


―こうやって存分に弱音を吐けるだけ、まだまだ麻美は若いのよ...。


無意識にそんなことを思い、理恵子は愕然とする。

これまでは、“35歳”という年齢に引け目など全く感じていなかった。

むしろ歳を重ねるごとに自分の女としての魅力は増していると信じていたし、若い女に負ける要素なんて皆無だと本気で思っていた。

しかし、たった今理恵子が反射的に感じた、胸が締め付けられるような思い。

それは紛れもなく、“年齢”に対しての羨ましさであった。


陰気ムードに陥った独身女たちを、“あの男”が救う...!?

B型男の正論:「チヤホヤ=モテ」ではない


「あれっ!?おい、おーい、理恵子ぉ〜!!!」

独身女たちが陥った陰気なムードを打ち砕いたのは、素っ頓狂な酔っ払い声だった。

「偶然だなぁ!ってか、お前LINEくらい返せよなぁ。おっと、麗しいレディの前で失礼しました。ワタクシ、理恵子の友人の新太郎と申します」

「し、新太郎...。ここで何してるのよ...」

突然現れた新太郎は、先日のようにヘラヘラと妙な愛想を振りまきながら、許可も取らずに空いた椅子を隣のテーブルから引き寄せ、二人の女の前にどさりと腰を下ろす。

「あ、オレ?あっちで仕事仲間といたんだけど、理恵子が美人さんとお上品に飲んでるのが見えてさ。さすが、“港区を歩けばリエコ様に当たる”って感じだよなぁー!」

新太郎は全く面白くもない冗談に自分でケラケラと笑っているが、理恵子はこのハイテンションについて行けず、ただ顔が引き攣るばかりである。

「ちょ、ちょっと、勝手に座らないで...」

しかし、理恵子が慌てて新太郎を追いやろうとすると、意外なことに、麻美が急に1オクターブ高い声で喋り始めた。

「理恵子さんのお友だち...ですか?私、同じ会社の後輩の麻美ですぅ。はじめまして」

先ほどの廃人具合はどこへやら、麻美は急に元気を取り戻した様子で、身体を微妙にクネらせながら新太郎と友好的に握手まで交わして自己紹介をしている。



「あのぅ、お二人は、どういった繋がりなんですかぁ?」

そして麻美の問いに、理恵子は口を噤んでしまった。こんな男が元彼だと暴露するのは論外だし、後輩の前でいつものように辱められるのも御免だ。

「ぶっちゃけ、昔付き合ってたんだよなー?あ、でももう遠い大昔の話だから気にしないで。今は何ていうか、俺は年々ヤバくなってく理恵子のメンター的な存在ってヤツかな」

だが新太郎は、満面の笑みを浮かべたまま、アッサリと二人の過去を暴露した。

そのうえドヤ顔で“メンター”などと豪語する彼を前に、理恵子は怒りを通り越し、もはや放心状態で金魚のように口をパクパクと動かすしかできない。

「え...理恵子さんがヤバい...?そんなことないですよ。仕事は誰よりデキるし、こんなに美人でいつもモテモテじゃないですか」

「いやいや。分かってないなぁ、麻美チャン。理恵子はチヤホヤされるだけで実は全然モテないんだよ。

たしかに美人だから男は寄ってくるけどさ、この性格と年齢じゃ色々キツイぜ?だって毎晩のように男と飲み歩いてんのにさ、彼氏もいないんだぜー?」

「やだぁ、新太郎さんたらウケる!理恵子さんにそんな冗談言えるの、きっと新太郎さんだけですよぉ?」

理恵子は血の気が引く思いをしていたが、意外なことに麻美は楽しそうに笑い声を立てている。どうやら新太郎の毒舌を、笑いのセンスと勘違いしているようだ。

そんなピュアな後輩を前に、理恵子は最後の力を振り絞り、ニッコリと笑顔を作った。

「あのね、麻美。この人ちょっと変わってて、大昔に私にフラれたのをまだ根に持ってるの。麻美にまで被害が及ばないうちに、そろそろ...」

「何だよ理恵子。シラけたこと言うなよー!そうだ、あっちにイケメンの独身がいるんだよ。麻美チャンくらい若くて綺麗なら、彼氏の一人や二人いるだろうけどさ。ちょっと相手してやってよ」

すると新太郎は、女たちの返事も待たずにサッサとイケメンとやらを呼びに席を立った。

「麻美!!アイツはヤバい男なの。今のうちに早く帰りましょう!!!」

「え...?でも...」

理恵子は今がチャンスとばかりに麻美の腕を引いたが、彼女は席を立とうとしない。

「せっかく独身の人を連れてきてくれるなら、少しくらいいいじゃないですか。それに...」

そして麻美は恥ずかしそうに、またしても身体をクネらせる。

「あの...何ていうか...。新太郎さん、さすが理恵子さんの元彼だけあって面白いし、あの......すっっごくステキな人じゃないですか...?」

そうモジモジと答えた彼女は、トロンとした熱っぽい目で、新太郎の後ろ姿を追っている。

「...麻美...あなた、正気...?」

理恵子の消え入りそうな声は、可愛い後輩に届く様子はなかった。


▶NEXT:8月25日 土曜更新予定
麻美がまさかの一目惚れ!?そして、新たに現る“独身イケメン”とのヤバい展開が待ち受ける...!



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索