罠:誰かが、私たちの結婚を邪魔している…?医師と婚約をした翌日、SNSに届いた不気味なメッセージ

罠:誰かが、私たちの結婚を邪魔している…?医師と婚約をした翌日、SNSに届いた不気味なメッセージ

—今すぐ、婚約を破棄しろ。

ある日、柊木美雪(ひいらぎ・みゆき)のSNSに届いた奇妙な一通のメッセージ。

恋人の黒川高貴(くろかわ・こうき)からプロポーズをされて幸せの絶頂にいたはずの美雪は、その日を境に、自分を陥れようとする不気味な出来事に次々と遭遇する。

“誰かが、私たちの結婚を邪魔している。でも、一体誰が…?”

美雪を待ち受ける数々の“罠”をくぐり抜け、無事に結婚にたどり着くことが出来るのかー?



「柊木美雪さん。僕と結婚してください」

恋人の黒川高貴が、恥ずかしそうにバラの花束を差し出しながらそう言った時。私は胸に突き上げてくる感情を抑えきれず、目から涙が溢れそうになった。

「綺麗な花束、ありがとう…。こちらこそ、よろしくお願いします…!」

「よかった…」

緊張で強ばっていた高貴の顔が途端にくしゃくしゃになり、彼はまるで子犬のように笑った。顔中に皺ができて目が極端に細くなる、大好きな高貴の笑顔。

私はもうすぐ、それを独り占めすることができるんだ。そう思うだけで鼓動が早まり、息苦しいほど胸がいっぱいになる。

「私が高貴のプロポーズ、断るわけがないでしょ…!」

涙を堪えて笑いながらそう言うと、高貴は心底申し訳なさそうな顔をした。

「僕は仕事柄忙しいから、美雪に寂しい思いをさせないか不安で…。最近も当直続きだし、外科で医療訴訟があったらしくてさ。それで通常業務以外の仕事が増えちゃって…ずっとデートできてなくてごめんね」

「私は大丈夫だよ。それより、訴訟なんて大変だね。つらい気持ちよくわかるよ。ほら、うちの父、弁護士だったから。…私、これまで以上に料理とか家事を頑張って、高貴を支えるね」

高貴は私の手をそっと握りながら、少し潤んだ眼差しを向けてくる。

「ありがとう。こんなに身も心も美しい女性と結婚できるなんて、僕は世界一の幸せものだ」

ここは、ザ・リッツ・カールトン東京の45階にある『AZURE 45』。そして今日は、私の29歳の誕生日だ。

勤務医として働く高貴は多忙を極めていて、「誕生日のお祝いをしよう」と言ってきたのもつい1週間前だった。

だから、こんなサプライズがあるなんて思いもしなかったのだ。

「これまで生きてきて、こんなに幸せを感じたことないかも、私」

高貴のつぶらな瞳を見つめながら、そう呟いた。同時に、脳裏にはこれまでの28年間の日々が、まるで走馬灯のように蘇ったのだった。


この日が幸せの絶頂だった。しかし、美雪に黒い影が忍び寄る…。

孤独な半生


私は、法律事務所を経営する弁護士の父と専業主婦の母のもと、白金台の一軒家で生まれ育った。

母は私が産まれたとき、「雪のように肌が白いから、美雪」と名付けてくれたそうだ。しかし、その大好きだった母は、私が2歳の時に亡くなった。

そうして私は父によって育てられたけれど、その父さえも、5年前に亡くなってしまった。

小さい頃から、街で誰かのお母さんを見かけると、いつも目でその姿を追いかけていた。だから、いつか結婚して"お母さん"になることが、ずっと私の夢だったのだ。

9か月前に高貴と出会ったとき、すぐにこれは運命だと感じた。そしてついに、その大好きな高貴と結婚できる。

ーこれでようやく、"天涯孤独"な人生から抜け出せるんだ…。

窓の外に広がる星河のような光の煌めきに酔いしれながら、ワイングラスに口をつける。私はこの幸せな瞬間を胸に刻み込もうと、大きく深呼吸をした。



プロポーズの翌朝は、いつもどおり会社に向かっていた。

私の勤務先は、港区にある大手不動産会社だ。新卒で総合職として入社してから数年は営業を担当していたが、営業成績が評価され、今は念願の開発事業部に所属している。

「おはようございます」

オフィスに着くなり、目の前の席に座る派遣社員の倉田結菜(くらた・ゆいな)が声をかけてきた。

「美雪さん、今日はいつもと感じが違いますね。なんだかキラキラしてる。いつもキレイだけど、今日は一段と輝いてますよ…!」

「えっ…。そうかな…?」

私は思わず、頰に両手を当てた。

この時期はただでさえ繁忙期である上に、月曜の朝は特にバタバタしている。それなのに今日は、つい顔がほころんでしまうのだ。

結菜は、そんな私の顔をじっと見つめていたが、急にハッとしたように尋ねた。

「そういえば…!昨日、美雪さん誕生日でしたよね?…もしかしてプロポーズとかされちゃいました?」

結菜の鋭い指摘にぎくっとして、私はつい視線を泳がせてしまう。

結菜は28歳。148センチと小柄で、おっとりした小動物のような可愛らしい女性だ。口元に指で押したくなるようなえくぼがあって、いつもにこにこと花が咲くような笑みを浮かべている。

だが頭の回転が速く、洞察力に優れており、時にはドキリとするような毒舌を吐く時がある。ところが彼女が言うと角が立たず、かえって笑いにつつまれるから不思議だ。

すると、隣の席の紺野藍(こんの・あい)が目を輝かせて便乗してきた。

「あの医師の彼ですか?プロポーズなんてうらやましい!」

藍は31歳の既婚者で、3か月前に入社したばかりの派遣社員だ。よく見ると整った楚々とした顔立ちだが、長い漆黒の髪をいつも無造作に束ねており、紺色の服を好んで着ている。

口数が少なく、何を考えているのかわからない時があるので、社内ではミステリアスな人物という位置づけだ。だが兄と父が医師をしているらしく、私が高貴の話をするといつも身を乗り出して聞いてくる。

「いやいや…今夜、同級生と久しぶりに会うから、いつもよりメイクに気合が入っているだけだよ、きっと」

慌ててはぐらかし、緩んだ頬を引き上げた。

ー早くみんなに結婚の報告をしたいけど、まだ早いよね、段取りをふまないと…。

そんなことを考えて、自分を戒めながらパソコンに向かうのだった。


早くも美雪の婚約を嗅ぎつけた同僚たち。そして美雪が一番にプロポーズを報告した相手とは?

親友の心の内を知った夜


19時。仕事をなんとか切り上げて、急いで席を立つ。

今夜は、慶應大学時代のゼミの親友と表参道で飲む予定なのだ。

『レストラン カシータ』に到着すると、店内でも抜群に目を引く美しい女が、席に着いたままひらひらと手を振っている。親友の金城凛香(きんじょう・りんか)である。

凛香は、170センチ近い長身に、針金のように細い手足を持つモデル系美人だ。

緩やかなカールのかかったロングヘアに、スッと鼻筋の通った人形のような顔をしていて、学生時代は読者モデルとして活躍していたのも納得だ。今は大手化粧品会社でバリバリ働いている。

席に着いて、しばらくお互いの近況報告に花を咲かせた後、私はおもむろに凛香に報告した。昨日、高貴からプロポーズされたことを。



瞬時に、凛香の「おめでとう」とはしゃいだ声が返ってきて、くすぐったいような照れくさいような気持ちになった。

「声をかけられたのが9か月前、付き合ったのが半年前でしょ。すごいスピード婚だよね。うらやましいな」

凛香が赤ワインのグラスをくるくると回しながら、遠い目をしている。

そう、高貴と出会ったのは、凛香に勧められて入会した六本木にあるジムだった。2人でヨガのレッスンを受けた帰りに、高貴から声をかけられたのだ。

私より3歳年上の高貴は、中肉中背の真面目な風貌で、第一印象は「可もなく不可もない男性」だった。でもその後も何度も誘われて、彼のまっすぐな情熱に心惹かれ、半年前に付き合うことを決めたのだった。

「実はさ、今だから言うけど…。高貴さんに声をかけられたとき、ちょっといいなって思ったんだよね。でも高貴さんはその時から美雪に一直線だったから、早々に諦めたよ」

コース料理がデザートに差し掛かった時、ほんのりと酔った凛香が、グラスに注がれた黄金色のデザートワインを見つめながらぽつりと呟いた。

「そうなの…?」

私は驚いて黙り込む。凛香が当時、高貴のことをそんな風に思っていたなんて、全く気が付かなかったのだ。

「高貴さん、美雪に一目ぼれだったみたい。美雪って、肌も真っ白で、目も黒目がちで大きくて、髪もツヤツヤで…。そりゃ、イチコロだよね。私は、清楚な雰囲気の美雪とは真逆だもん」

凛香はそう言って、少し自嘲気味に笑う。そしてすぐに「改めておめでとう。幸せになってね」といつもの大輪の花のような笑顔に戻って、ワイングラスを高く持ち上げた。


美雪のSNSに届いた、恐怖のメッセージとは?

一人暮らしのマンションで起きた、恐怖の出来事


22時半。麻布十番のマンションの玄関ドアを開けると、心地よい高揚感と安堵に包まれた。私はすぐに父と母の仏壇が置いてある部屋に向かう。

「お父さん、お母さん」

部屋の中は、しんと静まり返っている。

「私、ついにプロポーズされたよ。相手はね、黒川高貴さんっていう方。仕事に一生懸命ですごく優しくて真面目な方なの。きっとお父さんとお母さんも気に入ると思うよ」

私は、手を合わせながら続けた。

「それにね…私たちは似たもの同士なの」

高貴と知り合ってすぐに、彼も小さい頃、医師だった父を亡くしているのだと聞いた。それ以来、何か運命的なものを感じていたのだ。

私は一呼吸おいて、父と母の遺影を見つめる。

「私、やっと一人じゃなくなるよ。絶対に、幸せになるね」

そう言った瞬間、見慣れた父と母の顔が、少しだけ笑った気がした。



私はリビングのソファに座って、スマホを手に取った。

さっき凛香と食事したときに2人で撮った写真を、彼女がSNSに投稿している頃かもしれない。そう思って、何気なくInstagramをチェックしはじめたのだ。

ふと見ると、メッセージアイコンに通知のマークがついている。

何気なくタップした、その瞬間。



背筋が凍り、私はしばらくその場から動けなくなった。

そこには、こんなメッセージが書いてあったから。

−いますぐ、クロカワコウキとの婚約を破棄しろ

一体、どういうこと…?

このときの私は、得体の知れない黒い影が、静かに忍び寄っていることを、そして掴みかけた幸せが、音も立てずにゆっくりと崩れ落ち始めていることを、まだ知らなかった。


▶Next:12月23日 日曜更新予定
プレ花嫁になって浮かれる美雪の前に現れた、謎の美女とは?



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索