“可愛いだけ”で勝負できるのは、最初の3ヶ月まで。男に選ばれる女とそうでない女の決定的な差

“可愛いだけ”で勝負できるのは、最初の3ヶ月まで。男に選ばれる女とそうでない女の決定的な差

恋とは、どうしてこうも難しいのだろうか。

せっかく素敵な出会いをしても、相手に「また会いたい」と思わせない限り、デートにも交際にも発展しない。

仮に、順調に駒を進められても、ある日突然別れを突き付けられることもある。

しかし一見複雑に絡み合った恋愛でも、そこには法則があり、理由がある。

どうしたら、恋のチャンスを次のステップへ持っていけるのか、一緒に学んでいこう。

今回は愛されていたのに、突然フラれた理由は何?という宿題を出していた。

あなたはこの宿題が解けただろうか?



愛梨と出会ったのは、約1年前のことだった。

そこらの芸能人レベルの可愛さに、透き通るような肌。大きな瞳に抜群のスタイルで、僕の目は彼女に釘付けになった。

「愛梨のこと大切にするし、絶対に幸せにするから。だから付き合ってほしい」

彼女の方は、最初はそこまで乗り気ではなかった。だが積極的にアプローチしている間に心変わりし、無事に交際がスタートした。

最初は、本当に好きだったし結婚も視野に入れていた。

商社を辞めて約2年。仕事もようやく軌道に乗り始めたが、そんな不安定な時に隣にいてくれた愛梨には感謝しかない。

だが僕は今、羽田空港からの帰り道の車中で、彼女にこう告げている。

「ごめん。俺、もう愛梨と無理だわ。別れてほしい」

僕が別れを決意した理由は、明確だった。


あなたは大丈夫?男心を掴み損ねている女の言動

解説1:突然の予定変更やドタキャンは本当に勘弁してほしい


交際が始まった当初は、愛梨の本性を全く見抜けていなかった。

僕は長男で妹がいるということもあり、女の子の面倒を見るのは慣れているし、小さなワガママなどむしろ可愛いと思っていた。

迎えに行くのも苦ではなかったし、映画館でのデートでチケットを事前に取るなどの行動は男として当たり前だ。

それに起業後も自らセールスに出向くことが多く、営業が長かったせいか、“彼女がお手洗いに行っている際にお茶などを買っておこう”など、妙に気が回ってしまう。

「優斗って、本当に優しいよね」

だから愛梨にこう言われても、僕はあまりピンと来ていなかった。

「そう?普通だよ。頼られると、嬉しいし。それに、手のかかる女の子の方が可愛いって言うじゃん。愛梨は自慢の可愛い彼女だから」

そう言いながら、愛梨に対して笑顔を向けていた。

しかし、徐々に僕の中で疑問が大きくなり始めた。そしてそれは、3ヶ月前くらいに遂に爆発したのだ。



その日は、“記念日デートがしたい”という愛梨の希望で、彼女が行きたいと言っていた、代官山にある予約の取れない有名店をなんとか手配した。

そこは僕自身もとても気になっていた店で、朝から楽しみにしていて、テンションはかなり上がっていた。

しかしそんな僕のハイテンションとは裏腹に、ふと愛梨を見ると妙に静かで、そして少し暗い。

「愛梨どうした?ここ、愛梨が来たい店だったよね?」

愛梨が来たいと言ったから、頑張って予約を取った。

「うん。そうなんだけど、ちょっと朝からお腹が痛くて・・・」

愛梨の一言で、僕は一気にシラけていく。

体調が悪いのは仕方のないことだし、そこを責めるつもりは全くない。

だが、愛梨はたびたび、この“体調不良”とやらで約束をキャンセルする。

無理して付き合えとは絶対に言わないし、体調は本人にしか分からない。だが愛梨の場合、体調云々の前に単純にテンションが低く機嫌が悪い時が多い。そしてそのスイッチが急に入るのだ。

「え〜大丈夫??愛梨の好きなバーも予約していたけど、今日はご飯だけ食べたら早く切り上げよう。本当に、愛梨はいつも心配になるよ」

その2軒目も、彼女が行きたいと言っていたバーだ。しかも予約していないと彼女は不機嫌になるため、先に予約していた。

体調が悪いなら、もう少し早めに言えなかったのだろうか。

「本当に大丈夫?ちゃんと休むんだよ」

代官山からわざわざ彼女の家がある麻布十番までタクシーで行き、送り届ける(ちなみに僕の自宅は神宮前だ)。しかし愛梨は、体調を心配している僕とは全く違うことを考えていたようで、疑問を持つような一言が彼女の口から飛び出した。

「また今度、今日行けなかったバーに行こうね」

—いやいや、そこはまず“今日はごめんね”じゃないのか・・・?

これではまるで、有名店や話題の店へ行きたいから僕とデートしているかのようだ。そんな悶々とした気持ちを抱えたまま、僕はわざわざ遠回りをして、一人で自宅へ帰ったのだ。


別れの決定打となった、決して彼に言ってはいけなかった一言とは!?

解説2:可愛い我儘はいいけれど、度を越した我儘はNG


その日、僕は家にいた。

木曜の21時。仕事で疲れすぎて、無気力のままぼけっとソファーに座りながら、一息ついていたのだ。

—はぁ。今日は一段と大変だったなぁ。

部屋着に着替え、一人でワインでも飲もうとしていた、その時だった。

携帯の着信音が鳴っている。画面を見ると、愛梨からだ。

「優斗、空港着いたよ〜」

—あれ?帰国日は明日じゃなかったっけ?

慌ててLINEのトークを見直すと、たしかに帰国日は今日だと愛梨は言っている。すっかり、丸1日勘違いしていたようだ。

「おぉ、お帰り!NY楽しかった?というか、今日が帰国日だったっけ?」

明るく笑ってごまかしたつもりだったが、段々と愛梨の機嫌が悪くなっていくのが手に取るように分かる。

「もぉ〜散々伝えてたじゃん!今どこにいるの?」
「今は家にいるよ」
「家で何してるの?荷物も多いから、迎えに来て欲しいなぁ♡」

—今から?こっちは仕事で疲れてるんだけど・・・

そう思いながらも、愛梨のワガママを断ると後々面倒なことは百も承知だ。重い腰を上げ、僕は羽田空港まで車を飛ばした。



「ごめんね、忘れてて」

何故僕が謝っているのか分からないが、とりあえず空港に着いたら案の定、愛梨は物凄く不機嫌だった。だが、僕も段々と我慢の限界に近づいている。

「旅行、どうだった?」

気分を変えようと、愛梨の機嫌が直るようにと話題を変えてみるものの、僕は次の愛梨の一言で彼女の人間性の全てを悟ったのだ。

「うん、最高に楽しかったよ!優斗は?私がいない間、何してた?部屋に変な女連れ込んだりしてないよね?」

こっちは、疲れていてもどんな時でも愛梨を姫のように扱ってきた。常にワガママも聞いてあげていたし、今日だって一度家に帰ってくつろいでいたのに、こうして迎えにも来ている。

それなのに、それに対して“ありがとう”の一言もなく、浮気を疑ってくるなんて性根を疑ってしまう。

多少のワガママは、可愛い。

男として彼女の願望を叶えてあげたいと頑張るし、頼られるのは嫌いじゃない。だが、度を過ぎたワガママは決して可愛くも何ともなく、ただの厄介な女である。

「ごめん、俺もう愛梨と無理だわ」

この言葉を言った瞬間に、スッと肩の荷が降りたのを感じた。

可愛くて、大好きだった。

だが、可愛いだけで勝負できるのは最初の3ヶ月まで。それよりも、謙虚で思いやりのある子の方が、ずっと魅力的だと僕は悟った。


▶NEXT:2月16日 土曜更新予定
この時期に男から言われると冷めるセリフとは



関連ニュースをもっと見る

関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索