おとなしいフリして、裏でとんでもないことを…。夫以外の男と逢瀬を重ねる、高学歴女の素顔

おとなしいフリして、裏でとんでもないことを…。夫以外の男と逢瀬を重ねる、高学歴女の素顔

—今すぐ、婚約を破棄しろ。

ある日、柊木美雪(ひいらぎ・みゆき)のSNSに届いた奇妙な一通のメッセージ。

恋人の黒川高貴(くろかわ・こうき)からプロポーズをされて幸せの絶頂にいたはずの美雪は、その日を境に、自分を陥れようとする不気味な出来事に次々と遭遇する。

“誰かが、私たちの結婚を邪魔している。でも、一体誰が…?”

美雪を待ち受ける数々の“罠”をくぐり抜け、無事に結婚にたどり着くことが出来るのか−?


美雪は、ブライダルフェアで知り合い仲良くなった鈴木ゆりこを救うため、彼女がいるバーへと向かうが、そこで山本という男からキスされそうになった。

キスは未遂に終わったが、高貴のもとに、何者かからキスしているかのような写真が送られてくる。

美雪は調査を開始し、親友・凛香への疑惑を深めるが、思い違いだった。しかし今度は高貴の母親に写真が送られて結婚延期を言い渡される。

困った2人は、探偵に写真の指紋鑑定を依頼するが犯人特定につながらない。しかも、会社にバレて部署内異動を命じられ…?



派遣社員・倉田結菜が語る紺野藍の秘密


朝出社したら、驚きました。柊木さんの「キス写真」の件が、なぜか部署内に知れ渡っていましたから。

しかも、柊木さんが再開発事業のチームリーダーをおりることになって、代わりに紺野藍がサポート役でチームに入るって噂になってて…。

尊敬する柊木さんがチームからおろされて、どうして紺野藍が代わりに入るの?って、悔しさでいっぱいになりました。

でも、藍がなんとなく居心地悪そうな顔をしているのを見て、すぐに気が付きました。

「あ、この女、柊木さんを嵌めたな」って。

藍は、事あるごとに「医師と結婚する柊木さんが羨ましい」って言ってましたから。なんでも、医師と結婚したくて散々お見合いしたけど、どれもさっぱりうまく行かずに諦めたらしいんです。

結局、大学を卒業してすぐに、親の知り合いの不動産会社を経営する資産家の年上男性としぶしぶ結婚したみたいですよ。

それできっと、嫉妬してやったんでしょうね。

でも、いくら何でも、やり方が卑怯じゃないですか?

だって私、知ってるんです。藍が、頻繁に部長の部屋に出入りして、何やら話し込んでいたのを。チームでも単なるサポート役の分際で、部長の部屋に自ら行くなんて、身の程知らずすぎますよね。

でもね。あの人、地味で化粧っ気ないし、いつも紺色の服ばかり着ていてダサいのに、やたら「おじさん」から気に入られるんですよ。

きっと、彼女の出身大学のおかげかな。

彼女、学歴だけは良くて、明らかに部長や課長からのウケがいいんですよね。部長も課長も同じ大学出身ですから。それが悔しくて悔しくて。社会人経験は私のほうがはるかに上なのに、って。

でもね、うふふ。

私ね、藍の凄い秘密、知っちゃったんです。

あの子ね、たぶん浮気してますよ。

私、見たんです。彼女が、旦那さんとは違う男の人と、仲よさそうにしているところを。それも2回も。

藍の旦那さんの顔、知ってるんです。一度だけ、藍から写真を見せられたことがありましたから。藍が一緒にいたひとは、旦那さんとは明らかに違う、もっと若くてイケメンな男性でした。

あの雰囲気は、絶対に男女の仲だと思います。

悔しいから、このことをみんなにバラしちゃおうかな…。


藍の浮気疑惑を知った美雪。咄嗟に嫌な予感を抱くが…。

部下の疑惑


「柊木さん、柊木さん」

気が付くと、結菜が私の名前を呼びながら、顔を覗き込んでいた。彼女の後ろには、ピンク色の病室用カーテンが見える。

「ここ、どこ…?」

「医務室ですよ。部長の部屋の前で青白い顔でうずくまっていたから、課長と2人で連れてきたんです。大丈夫ですか?」

そう言われて、ようやく記憶が戻ってきた。お礼を言って起き上がると、結菜が気まずそうな表情を浮かべ、口を開いた。

「実は私、聞いちゃったんです。柊木さんがチームリーダーおろされたこと。でもそれって、藍の仕業なんですよね?」

咄嗟に「紺野さんは関係ないよ」と結菜を戒める。しかし彼女は食い下がった。

「私、知ってるんです。藍が頻繁に部長の部屋に出入りしていたこと。あの子、『医師と結婚する柊木さんが羨ましい』っていつも言っていたから、きっと嫉妬してやったんですよ。それにあの子…」

結菜は一息つくと、思いっきり眉をひそめて言った。

「浮気しているかもしれないんです。私、見たんです。旦那さんとは違う男の人と、仲よさそうにしている現場を」



驚いて尋ねる。

「紺野さんが浮気?どこで見たの?」

「新宿区の病院の近くのカフェです。私、婦人科系の持病があって、その病院に通院しているんですが、帰りにそのカフェに寄ったら偶然目撃したんです。それも2回も。あの雰囲気は、絶対に怪しいです」

「新宿区の病院?」

ふと、高貴は新宿区の大学病院に勤務していることを思い出した。関係はないと思うが、なぜか心がざわつく。

だが、結菜が喋った病院名は、高貴の勤め先ではなかった。

「カフェに男の人といただけなら、浮気かどうかはまだ分からないんじゃないかな」

私はそうなだめたが、結菜はきっぱりと言った。

「それはそうですけど、紺野さんが腹黒いのは間違いないです。私、今から、部長に柊木さんの無実を訴えてきます」

「ちょっと待って」

結菜が勢いよく医務室を飛び出したので、慌てて起き上がり、ふらつく体に鞭を打って後を追う。だが、オフィスのフロアーに戻ったら、時すでに遅しだった。

既に担当変更の件が正式に部署内に伝わっており、私の席は、総務チームに移動になっていたのだ。

これまでも、かつては部署内のエース的存在だった社員が、出世競争に敗れて体調を崩し、総務チームに異動になったケースを見てきた。さらにその先に待ち受けているのは、"窓際"的部署への左遷だといわれている。

それはつまり、私も同じ運命ということだ。

何とも言えない無力感と絶望感に襲われて、再び強い立ち眩みがした。


美雪は新チームで奮闘するが、ある人物から嫌がらせを受け…?

部下が仕掛けた罠


翌日から、私は総務チームの仕事に励んだ。案件担当者から上がってくる資料をもとに、月次報告書を作成するのだ。

総務に資料をまわすのは、案件担当者のサポートをする派遣社員たちの仕事だ。

「結菜ちゃん、今月の書類よろしくね」

結菜に声をかけると、すかさず書類を持ってきてくれた。

「柊木さんのために、早めに用意しておきました!」

得意げに手渡してくれる結菜が可愛らしい。「ありがとう」とお礼を言い、今度は藍の席に行って声をかける。

「紺野さん、今月の書類、よろしくね」

「…」

藍は無言だった。もう一度声をかけてみたが、やはり返事がないまま席を立たれてしまった。

−紺野さん、今日も感じ悪いな。最近、どうしたんだろう…。

藍の態度がつれないのは、今に始まったことではない。部署内異動の一件以来、ずっと様子がおかしかった。

しかも、仕事が早いと評判の藍が、どういう訳か私がお願いした書類はなかなか提出しないのだ。藍から書類をもらわないと業務に支障が出てしまうので、非常に困っていた。



それから数日後。今日こそは資料を頼もうと藍の席に近づくと、課長と藍が何やら話をしているのが聞こえる。

2人は、私が近くにいることには全く気付いていないようだ。

「紺野君がチームに入ってくれて、だいぶよくなったよ」

「いえいえ。新しいチームリーダーのおかげです。すごく引っ張ってくれているので。柊木さんの時は、ちょっと大変でしたから…」

−私のことあんなに慕ってくれていたのに、本心では、そんな風に思っていたの…?

藍は、入社してからずっと手取り足取り教え、可愛がってきた部下だ。それが裏でこんな風に言われるとは、どういうことだろう。私はますます、会社にいるのが億劫になってしまった。



その週末の日曜日、私が高貴に最近の会社での状況を話すと、彼が唐突に口を開いた。

「それなら仕事を辞めて、一緒に暮らさないか?」

彼はおもむろに、鞄から1枚の白い紙を取り出した。

「実は来月、僕のマンションの契約更新があるんだ。だからこれを機に、一緒に家探しをしたくてね。もちろん、予定通り結婚はしよう。これ、婚姻届。親の了解を得たらすぐに入籍したくて、もらってきたんだよ」

「一緒に住めるのは、すごく嬉しいよ。でも仕事を辞めてっていうのは…?」

思わず彼に意図を聞く。彼は昔、「自立している女性が好きだ」と言っていたのに、なぜ仕事を辞めてほしいと言い出したのか全く分からない。

すると高貴が、私の手をギュッと握って言葉に力をこめた。

「もちろん、働いている女性も好きだよ。でも僕もこの通り仕事がかなり忙しいから、美雪が家にいて、僕のことを支えてくれたら嬉しいな、って最近思うようになったんだ。ほら、僕の母親も、結婚したときは専業主婦だったから」

「仕事を辞めて、専業主婦に…?」

予想外の提案に、戸惑いを抱く。仕事を辞めて家庭に入る自分の姿が想像できなくて、私はしばらくの間、黙り込んでしまった。


▶Next:2月17日 日曜更新予定
退職を決意した美雪は、高貴と同棲を開始する。しかしある事件が起きて…?



関連ニュースをもっと見る

関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索