「彼との子供が欲しい...」1年だけと期限を決めた恋。全てを失っても欲しかった、愛した男の遺伝子

「彼との子供が欲しい...」1年だけと期限を決めた恋。全てを失っても欲しかった、愛した男の遺伝子

人はいつだって、恋できる。

だが振り返ったときにふと思うのだ。

あのときの身を焦がすような激しい感情を味わうことは、もうないのかもしれない。あれが「最後の恋」だったのかもしれない、と。

それは人生最高の恋だったかもしれないし、思い出したくもない最低な恋だったかもしれない。

あなたは「最後の恋」を、すでに経験しているだろうか…?

この連載では、東京に住む男女の「最後の恋」を、東京カレンダーで小説を描くライター陣が1話読み切りでお送りする―。

前回は、二番目に好きな男と結婚した真希を紹介した。

今回お送りするのは、真希が本気で好きだった悟の恋人・美沙(33歳)の物語―。



「今週も疲れたなあ」

ソファーの上で寝転びながらテレビを見ている悟に、私はねぎらいの言葉をかけながら、食卓の上を片付ける。

悟は外資系コンサルティングファームに勤める30歳。帰国子女らしい明朗さと爽やかさを兼ね備え、育ちも良い。誰が見ても文句の付け所がない勝ち組だ。そんな彼の隣にいられる私は、相当な幸せ者だと思う。

悟と出会ったのは、実は3年前のことだった。当時私には彼がおり、悟のことなんて全く眼中になかった。しかし去年別れて以来、“誰かいないかなぁ”と思っていた時にふと思い出し、連絡をしたのだった。

再会してから話はトントン拍子に進み、私の左手の薬指には1.2カラットのダイヤモンドが光る婚約指輪が収まっている。

その手で、ほんの少しだけ膨らんできたお腹をさする。

妊娠して、もうすぐ4ヶ月目に入る。結婚願望が全くなかった悟だが、妊娠を機に籍を入れることになったのだ。

「この人最近よく出てくるよね〜。名前、何だっけ?俺とちょっと名前が似ていた気がするんだけど・・・」

テレビに対して突っ込む悟の言葉で、食洗機に食器を入れようとしていた手が止まった。


何を隠そう、今悟が見ているCMに出演中の彼こそが、私の“本当に愛する男”だからだ。


完璧な婚約者がいる一方で、美沙が忘れられぬ男の正体とは?

愛する男・タケルとの出会い


タケルと出会った時の衝撃を、私は一生忘れないだろう。

深夜、友人に誘われて飲みに行ったバーの個室に、タケルはいた。彼の名前は知っていたが、テレビをほとんど見ない私は彼がどれくらい有名なのか、俳優なのかモデルなのかも知らなかった。

でも、そんなことはどうでもいい。

一目見た瞬間から、お互い恋に落ちたのだ。

理屈などでは言い表せない。ただ、“細胞レベルで彼が好きだ”と本能が叫び、私の中で、何かが覚醒した。

そしてそれはタケルも同じ気持ちだった。

この日、私たちはほとんど言葉を交わさなかったが、翌日からすぐにLINEが始まり、そして次のデートで交際が始まった。

2人でいる時間は濃密だった。ただ彼に触れられているだけで心地よい幸せに包まれ、彼のことを考えるだけで胸が焦がれた。

どこにいても2人は自然と引き付け合い、“こんなにも本能レベルで好きになれる人がいるのか”とお互い驚く日々。それはまるで磁石のプラスとマイナスが一瞬で引き合うような、そんな感覚だった。

それは向こうも同じで、撮影の合間に時間があればわずか1時間でも会いに来て、愛し合った。

…だから私は大事なことから目を背けていた。タケルが既婚者だ、ということを。



「妻とは別居状態だから。でも、色々な広告絡みの関係で別れられないんだ」

タケルから何度も聞かされたこの言葉を、私はずっと信じていた。

事実、彼は私を色々なところへ連れて行ってくれ(週刊誌に撮られることだけに関しては最新の注意を払っていたが)、親しい友人に対して私たちの関係はかなりオープンだった。

それに彼は数年前から奥さんとは別居状態で、子供はナシ。若い頃に結婚しており、彼が既婚者だというイメージは、世間的にもあまりなかった。

恋に落ちてから彼が既婚者だということを知り、そしてその気持ちはもう止められなかった。

「本当は美沙と、今すぐにでも結婚したい」

そんな甘い囁きを彼の腕の中で聞かされる度に、私の心は溶けたチョコレートのようにとろりとなった。ダメだとわかっていても、この関係に終止符を打つことなんて、絶対にできなかった。

だがタケルと交際し始めると同時に、私は周囲との間に亀裂ができ、孤立していった。

「美沙、そんな既婚者の男なんて、絶対に反対。周囲を不幸にする恋愛をしている女なんて、最低だから」

特に親友だった佳菜子からの反対は想像以上に大きく、“不倫をする女なんて気持ち悪い”と半絶交状態になった。

親にも言えず、友人も失う恋。

それなのに、私はただ“愛し、愛されている”という感情だけで突き動かされていた。そして皮肉なことに、周囲に反対されればされるほど、二人の絆は深まっていっていたのだ。

だが、私はある決断をする。

—1年だけ。1年だけ、彼を待つ、と。

1年だけ待って、それでも彼が別れられないのなら諦める。私はそう決めたのだった。


1年と決めた恋。しかし予想だにしない衝撃の結末が待ち受けていた...

1年と決めてタケルと愛し合う日々の中で、私の中にある欲望が目覚め始めていた。

—彼の子供が欲しい。

それは女性としての、本能的な欲求だった。そしてタケルからも何度も「美沙との子供が欲しい」と言われていた。

…だが結局、そんなことはできなかった。今の彼の状況では、様々な人に多大な迷惑がかかる。イメージダウンは免れないし、彼の大切なものを全て壊しかねない。別居状態とは言えまだ奥さんもいる。

もっと計算高い女だったら良かったのかもしれない。彼の名誉や地位が目的だったら、早々に陥れて自分の物に出来たのかもしれない。

でも、そんなことはできなかった。心の底から彼を愛していたからこそ、彼の幸せを望まずにはいられなかったからだ。

—愛しているからこそ、私は身を引く。

期限を決めた1年後、私は彼に別れを告げた。

―もっと早く出会いたかった―

彼は泣きながら、何度もそう呟いた。

もうこれ以上愛せる人はいないとお互い分かっていた。それなのに、これ以外の選択肢がなかった私たち。

こうして、私たちは泣き崩れながら“別れた”のだ。





「へぇ〜このタケルって人、1年前に離婚してるんだ」

悟の言葉にハッと我に返る。タケルは結局、私と別れた後で離婚した。 皮肉なことに、奥さん側に”好きな人ができた”のが離婚理由だった。

そこまで大きなニュースにもなっていなかったが、タケル本人から直接連絡が来たのでよく覚えている。

だがその時、既に私は悟と真剣交際中だった。そして何よりも、離婚したてのタケルとすぐに結婚できるはずもないことは重々分かっていた。

「彼、カッコいいよなぁ。俺もこんな顔だったらいいのに」

何も知らない悟。実はタケルが奥さんと別れてから、半年前と、そして4ヶ月前の二度ほど、”寂しい”と言って私に会いに来た。


そして、愛し合った。


でもその事実を悟は知らないし、絶対に知られてはいけない。だから、私はこの秘密を墓場まで持って行こうと決めている。絶対に誰にも言わないし、悟られないようにするために、どんなことでもするつもりだ。

「そう?まぁ 彼は芸能人だからね」

そう言いながらも、私は今一度お腹をさする。

女は“脳ではなく、子宮で相手を選ぶ”と聞いたことがある。

決して結ばれることのない運命だとは分かっている。でも、私は、タケルのことをDNAレベルで愛していた。

「悟も負けてないよ。でもこの俳優さんとの間に赤ちゃんができたら 、絶対に可愛い子が生まれそうだけどね・・・」

もう一度お腹をさすりつつ、私はそっと微笑んだ。

—生涯で2番目に好きな人と“結婚”した方が、幸せになれる。

そう胸の中で繰り返しながら、テレビ画面上から笑いかけるタケルを、私は悟の腕の中に包まれながら静かに見つめていた。


▶NEXT:2月18日 月曜更新予定
美沙が愛したタケルの、“最後の恋”への決断



関連ニュースをもっと見る

関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索