夜のオフィスで勃発した、女同士の壮絶バトル。29歳の秘書が泣き出してしまった理由とは

夜のオフィスで勃発した、女同士の壮絶バトル。29歳の秘書が泣き出してしまった理由とは

上京してからというもの、私の人生はパッとしない。

地元では「かわいいリカちゃん」と呼ばれ、散々もてはやされてきたけれど。

私程度の女なら、この街にくさるほど居るー。

地元を飛び出し、憧れの人気女性誌への入社を果たした秋吉りか子(29)は、自分の"無個性"にウンザリする日々を過ごしていた。

そんなある日、中途で採用された一人の女が、りか子の前に現れる。ムッチリとしたスタイルに、やたら身振り手振りの大きな帰国子女。

りか子が虎視眈々と狙っていたポジションを華麗にかっさらっていき、思わず嫌悪感を抱くがー。

まるで正反対の二人の女が育む、奇妙なオトナの友情物語。


人気女性誌「SPERARE(スペラーレ)」で編集長の秘書として働くりか子。はじめは嫌いだった“小阪アンナ”と、気づけば友情を築き始めていた。

りか子はweb編集の仕事をしたいと夢を抱くが、突然やってきたイケメン新メンバー・五十嵐に、中途半端に首を突っ込むな、と言われてしまう。更に、秘書のポジションで正社員にならないか、という編集長の言葉に揺れるりか子だが…。



正社員のオファーを貰ってから、一週間が経つ。

編集長への返答期限である3月末日まで、まだ時間はあるとはいえ、私は焦り始めていた。

「ちょっと、リカコ!聞いてる!?」

突然、視界が遮られた。それまでぼんやりとオフィスの外に目を向け、ライトアップされた東京タワーを眺めていた私は、驚いて顔を上げる。

すると、淡いピンクのコーヒーマグを片手にぷりぷり怒っているアンナが、私を睨みつけながらデスクの前に立っていたのだ。

「ごめん、何だっけ?」

「もうっ、しっかりしてよ!」

五十嵐に“首を突っ込むな”と言われて以来、私は完全に自信をなくしている。アンナの家に居た時は毎晩のように彼女の仕事を手伝っていたけれど、新居に引っ越した今では特に何も手出しはしていない。

オフィスで話すことも、最近では以前よりもぐんと減っていた。

「だから、今から五十嵐さんと飲み行くの。リカコにも来てほしいのよ!異動の話、聞いてもらいましょう?」

さっきまで怒っていたかと思えば、今度はニッコリと満面の笑みを見せる。しかし、私はアンナの口から飛び出した“五十嵐”という名前に背筋が凍った。

顔を合わせるたびに無礼な言葉を連発する彼のところに、アンナは私をどうしても連れて行きたいようだ。

「ちょっと、今日は予定が…。」

思わず、適当な出まかせが口から飛び出す。

彼女は、私と五十嵐の間に何があったか知らない。酷い言い方だったとはいえ、彼の言うことにも一理あると思うと、恥ずかしさのあまり誰にも話すことはできなかった。

「ねえ、リカコ。予定って何?本当に予定があるの?」

私のウソに気づいたのか、アンナの声にはふたたび怒りが滲みはじめる。

「どうして?絶対に編集部を諦めないって言ったじゃない!いつまでそのデスクにしがみついてる気!?」

彼女は次第に声を大きくしながら、私を問い詰める。

「ちょっと、声が大きい…!」

焦って周りを見回したが、幸いオフィスにはほとんど人の姿はなく、ホッとする。そんな私の様子を気にも留めず、アンナはさらに詰め寄ってきた。

「どうして、チャンスを見過ごそうとするの?どうして立ち向かわないの!?」

そして最後にたった一言、私が一番言われたくなかった事を口にしたのだ。

「だから、リカコはいつまで経っても夢を叶えられないんだわ!」


アンナからの厳しい一言をきっかけに、女同士の喧嘩が勃発する。

「…やめてよ。」

アンナの言うことは、正論だ。

チャンスを目の前にしても立ち止まってしまうし、ほんの些細なことで心は折れる。自信なんか生まれてこのかた、持ったこともない。

「いいよね、アンナは前向きで自信があって、チャンスだって全部自分で掴みに行けて。」

結局私は、アンナとは違うのだ。

「みんながみんな、アンナみたいに生きられるわけじゃないわ!」

立ち尽くす彼女に向かって、思わず大きな声を出してしまった。しかし、同時に涙も溢れだす。

出会った日のように、私たちの間には埋まらない溝が横たわり続けているのだ。目の前で、私の欲しかったもの全てを、彼女が奪い去っていったあの日から。



「ちょっと、何の騒ぎ?どうしたの?」

ぴんと張り詰めた空気を破ったのは、人事総務の美津子さんだった。

しかしアンナは、何も言わず黙ってその場を立ち去っていく。その背中を呆然と眺めていると、美津子さんが私の肩に手を置いて、もう一度「どうしたの?」と尋ねた。

その手のひらの暖かさに、涙が余計に止まらなくなってしまった。

「りか子ちゃん、…ちょっと出ようか。」

優しく聖母のような微笑みで、美津子さんは私のレザーバッグとコートを抱え、手を引いてエレベーターホールへと向かう。



「今日は編集長も戻ってこないし、飲んじゃおうか。定時もとっくに過ぎているんだし。」

美津子さんに連れ出され向かったのは、オフィスから少し離れた『ラ メゾン ダミ』だった。

カウンターに通されて席に着くと、美津子さんはいたずらに笑って、グラスシャンパンをオーダーする。

「すみません、お見苦しいところを…。」

冷静になって、恥ずかしさのあまり恐縮する私に、彼女は優しい声で何度も「大丈夫よ」と声をかけてくれた。

それから、「話してみない?」と穏やかに尋ねられ、私はここ数ヶ月の出来事を全て告げた。アンナのことも、編集部のいざこざも、五十嵐のことも。

そして、諦めきれない自分の夢もー。

「そっか、りか子ちゃん編集部へ行きたかったのね…。」

一通り話し終えると、美津子さんが口を開いた。

「編集長ったらね、正社員の話を保留にされたから、りか子ちゃんがSPERAREを辞めちゃうんじゃないかって、大騒ぎしてたのよ。」

「えっ?」

そう言って面白そうに笑顔を浮かべているが、私は驚きを隠せなかった。まさか、あの編集長が、そんなことを話していたなんて。

「でも、りか子ちゃんは秘書を続けるつもりはないのね?」

突然真剣な顔で美津子さんに見つめられ、私の心臓が跳ねる。そして、もう一度自分の心に問いかけたのだ。

—私の夢は…。

「はい、編集部へ異動を希望しています。」


りか子の決意を聞いた、美津子のアドバイスは…

「ダメでも良いから挑戦したいんです。だから…、秘書での正社員というオファーの返答は…まだ。」

しかし、そこまで口にしてハッと思い出すのは五十嵐の辛辣な言葉だった。こっちの仕事に首を突っ込むな、と冷たく言われたことを思うと、夢が叶う見込みなんか、ほんの少しもない気がしてしまう。

—それでも諦めたくはない。

しかし、美津子さんは何かを察したのか、そっと手のひらを私の肩に乗せて微笑む。

「大半の人はね、いろんな理由をつけて大事な夢や希望を諦めて生きていくの。でも、絶対に諦めたくない“何か”に出会えたなら、手放してはダメよ。」

そして彼女は、真剣な表情で言い切った。

「りか子ちゃんのこと、信頼している人も応援している人もちゃんといるからね。その事は絶対に忘れないで。」

否定されず、受け止めてもらえた嬉しさで、涙が溢れそうになる。私はそれを必死でこらえながら「ありがとうございます」と言って、少しだけ頭を下げたのだった。





翌朝、早めに出社すると、オフィスにアンナの姿はなかった。

昨日の事を謝ろうとしたのだが、タイミング悪く、彼女には終日外出の予定が入っているようだ。

何度も行ったり来たりしながらグズグズしている私を、元気づけてくれたのはアンナだ。

ファッションの楽しさを思い出させてくれて、編集者になりたいという夢を笑わずに応援してくれていたのはアンナだけ。いつまで経っても言い出せずにいた私のために、推薦すると言ってくれたのだ。

—私、何てこと言ってしまったんだろう。

その後悔だけがずっとついて回っていた。

美津子さんいわく、「編集部もWebも正社員は引き続き募集している」とのこと。

編集長には”秘書としてではなく、編集部の正社員として異動を希望している”と、きちんと伝えることを決意した。

チャンスは目の前にある。待っていても、夢は叶わない。やっとそう気付くことができたのは、アンナのおかげだ。だからこそ、きちんと謝罪とお礼をしたかった。

—明日なら、会えるかな…。

そう思って彼女の予定を確認するためにパソコンを開くと、カレンダーには見覚えのない私の予定が、13時から抑えられている。

タイトルのない不吉なスケジュールの詳細を確認すると、第2会議室と五十嵐の名前がハッキリと表示されていたのだった。

—うそでしょ…。

編集部に入るための一歩を踏み出したその瞬間に、私の前には最初の関門が立ちはだかっていたのだ。


▶Next:3月22日 金曜更新予定
無礼な発言を連発する男に、再び呼び出されたりか子。その真意とは…。


【東カレ読者アンケート実施中!】

割引チケットももらえる!今話題の『カスタマイズピッツァ専門店』の素敵なプレゼントをもらおう!
アンケートはコチラから!



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索