「本気で、子ども欲しい…?」子ナシ人生と、育児の苦悩を天秤にかけた妻。37歳の女が下した決断とは

「本気で、子ども欲しい…?」子ナシ人生と、育児の苦悩を天秤にかけた妻。37歳の女が下した決断とは

20代、30代の頃とは比べ物にならないほどの悩みを抱える、東京のアラフォー妻たち。

肌や髪の衰えだけではない。夫との関係、子育ての苦悩、女としての様々な葛藤…。

だが、彼女たちには、強さがある。若い時期を貪欲に生き、濃厚な時間を過ごしてきたからこそ、小さなことではくじけないのだ。

華やかな世界の裏で繰り広げられる、アラフォー妻たちのリアルな日常を、少しだけ覗いてみようー。

美しさもキャリアも兼ね備えた37歳のアラフォー妻・明子。

イタリア人の夫に愛され、自由で幸福な結婚生活を享受していたが、「子供を産むか・産まないか」について真剣に悩み始め…。



アラフォー妻・明子が失いたくないもの


私が仕事を終えて帰宅するのは、早くても19時過ぎです。

シェフである夫のグレゴリオの帰りは深夜になるのが常ですから、平日はほぼすれ違いの日々を過ごしていると言って良いでしょう。

寂しいけれどそのおかげで、疲弊した体に鞭を打つようにして、彼の夕食を用意する必要はありません。

それどころかグレゴリオは、出勤前に、私のためにと簡単な夕食を用意してくれることさえあるのです。

私は、2人で選んだカッシーナのソファに深く腰を落ち着け、お気に入りのヒーリングミュージックをかけました。こうしているだけで、膨大なタスク処理でパンパンになった頭の中がほぐれてゆくのです。

しばらくの間一人の時間を過ごし、気が向いたらシャワーを浴びる。自分のタイミングで食べるものを用意し、ワインを片手にほろ酔いになれるこの幸せな時間は、やはり何物にも代えられません。

私がもし今後も働き続けるとしたら…こうしたリセットの時間は不可欠です。

こんな私に、働く母はとうてい務まらないでしょう。

けれど…。

私には、もう「母親、向いてないかも?」と「子供、欲しい?」という2つの問いのあいだを行ったり来たりする時間はありません。

今こそ、真剣に考えると決めたのですから。

キャビネットの上には「子供を持つこと」について調べるために購入した書籍たちが積まれています。

読もう読もうと思って、買い溜めていた本達です。

私は深呼吸をして、一番上の本を手に取り、ページをめくりました。


ようやく真剣に自分の気持ちと向き合い出した明子に、答えは出るのか?

年上の女友達の言葉


「明子ちゃん、こっちよ」

大きな声でこちらを呼ぶのは、インテリア雑誌の副編集長である妙子さん。

妙子さんとは、友人を介して我が家のインテリアを取材してくれた縁で知り合いました。それ以来不思議と気が合って、時々こうして飲みに行くのです。

ザ・ペニンシュラ東京の『ピーター バー』のソファ席で自慢の脚を組む妙子さんは、相も変わらず39歳とは思えぬ若さでした。



「それで明子ちゃんは最近仕事はどうなの。ご主人とは順調?」

妙子さんの大ぶりのアクセサリーが耳元で揺れています。「男にはなびきません」とでも言いたげなハンサムボブを引き立たせる、カラフルな石が沢山使われたイヤリングは、妙子さんにとてもよく似合っていました。

「グレゴリオとの仲は、順調なんですけど…」

「…けど?」

妙子さんは、39歳で独身です。

プロポーズされたことも何度かあったようですが、その都度しっかり考えて自分の意思でシングルを貫いているのです。

自分自身を深く理解し、自信に溢れた妙子さんがとても眩しく見えました。

私はワインの勢いを借りて打ち明けます。

「私、自分の気持ちが…自分が子供が欲しいかどうかがわからないんです」

妙子さんは、黙って聞いてくれました。

「37歳にもなって自分の気持ちがわからないなんて、呆れちゃいますよね。夫は君の好きにしたらいい、いつでも協力するって言ってくれてるんですが、このご時世、日本で母親になるのってすごく大変そうじゃないですか」

溜まっていた不安な気持ちが止めどなく溢れます。

「もちろん2人で子供を育てる未来だって悪くないとは思います。でも、どうも決断できないんです…」

私は最近悩んでいたことを一通り言い終え、大きなため息をもらしました。

本を読んでも、友人の話を聞いても。情報だけは増えてゆくのに、自分が結局どうしたいかだけが、いつまでも宙ぶらりんなのです。

「そうよね、明子ちゃんの年って色々悩む時よね…」

妙子さんは続けます。

「私ね、最近になって、子供を持たない人生もありかもって、いい意味で開き直ったの。もちろん、この年で産む人だってたくさんまわりにいるわよ。けど私の場合は、たぶんこの先もひとりだろうから、産むか産まないかっていう選択肢からは、半ば自動的に降りてしまったっていうか」

そう語る妙子さんの目尻に、私はほんの少しだけ年齢を感じさせる小じわを見つけました。

「明子ちゃんって、地元の進学校をでて、一流大学卒業して、結構な会社に勤めてさ。いわゆる、ずっと世間で言うところの、優等生街道まっしぐらな人生よね。イケメンで優しい旦那様もいて。

だからなんじゃないのかな。ここまで完璧にやってきたんだから、子供も産まなきゃ、母親っていうアイデンティティも手に入れないといけないって、半分はそういう気持ちもあるんじゃないかなぁって少しだけ思う」

酔っ払っているのか、妙子さんは少しだけ大げさな調子で言いました。

「まぁ、仕事だけが取り柄のアラフォー女の一つの意見だから、あんまり深く考えないでちょうだい」

これはいつもの妙子さんの口癖です。

ですがこの一言が、私が自分の本当の気持ちに気がつく大きなきっかけとなったのです。


年上の女友達の言葉に気づきを得た明子。そして向かった先は…?

本当の自分探し


地元・高知県の空港に到着したのは、18:00過ぎのことでした。

お正月に訪れて以来ですから、特段変わったところはありません。迎えの車は夕食時なので遠慮し、空港から市内の実家まではタクシーで向かうことにしました。

家までの道のりを車から眺めつつ、私はふと大学受験のために東京へ行った時のことを思い出していました。

父は進んで送迎をしてくれ、大学に合格した時も、今の会社に内定を貰った時も、それはそれは喜んでくれたのです…。

いつでも優しい母と、頑固で厳しい父。

だけどそんな父も、私が学校で良い成績を取ると、上機嫌で私を膝の上に乗せてくれ、100点のテストを家族中に見せびらかしていました。

ー明子はすごい。明子はいい子だな。さすが俺の子だ…

いつもは厳しい父に褒められる瞬間が、私にはもの凄く幸せだったのです。



明子さんに言われた、「優等生街道まっしぐらな人生」という言葉がヒントとなり…。

何故こんなにも長い間、自分の本当の気持ちが分からないのか、私はやっと気がつきました。

私を迷わせていたのは、父への想いです。

思い返せば30歳を過ぎたあたりから、「まだ結婚しないのか」とプレッシャーをかけてくる父とは、徐々に関係が悪くなっていました。

父親の意見など無視し、仕事に趣味にと充実した日々を送っていても、心のどこかでは、幼い頃のように父に褒められたいと望んでいたことに気がつきました。

父のことを「頑固な田舎のおじいさん」と客観視することでなんとか自分を保っていましたが、本当は無理をしていたのです。

帰省するたびにどんどん小さくなる父の背中を見るたびに。

70歳を過ぎ、本当におじいさんになってゆき、近い将来私の前からいなくなってしまう父を見て、私は焦ったのでしょう。

もう一度お父さんの良い子でいたい。
お父さんがいなくなる前に。

その気持ちを認めてみたら、ようやく気がつくことができたのです。

私個人の人生には、子供は必要ないということに。

愛するグレゴリオと、気の合う友人との時間、そして誇りを持って打ち込める仕事。それさえあれば、私の人生は、私にとって完璧なのです。

そして、父が本当に私の前からいなくなってしまう前に、そんな私の生き方を認めてもらいたい。

もちろん、認めてもらえなくても仕方ありません。

ただ私は、父に自分の想いを伝えたいのです。

そうすることで、やっと心から「子供のいない人生を自分で選んだ」と胸を張れるようになるのかもしれません。

私を含め、アラフォーと言われる年代の女性たちにとって「子供を産むか産まないか」というのは非常にデリケートな問題です。

けれども、どんな時でも、自分の意思を一番に大切にすること。そうすれば、きっと後悔のない人生が送れるのではないかと、私は思うのです。

タクシーが実家の前に着きました。父の大好きなお酒と母へのお土産を持って、私はやはり、少し緊張してしまいます。

でも、そんな私の様子を見て、グレゴリオがそっと手を繋いでくれました。

私の全てを受け入れ、認めてくれる夫。

彼と一緒なら、きっと上手に自分の想いを伝えられるでしょう。

Fin.



関連ニュースをもっと見る

関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索