知ってるようで、知らない!? あなたはワイキキを代表する3大ホテルをちゃんと答えられるか?

知ってるようで、知らない!?  あなたはワイキキを代表する3大ホテルをちゃんと答えられるか?

東京カレンダー最新号はハワイ特集!「ひとつ上のハワイ」と題して、ハワイ通でも楽しめる4泊6日の旅のプランを提案している。

ハワイの魅力は多数あるが、何よりも、温かくカラッとした気候が最高。

何度訪れても飽きることはない。

そんなハワイ旅だが、まず決めるべきはホテル。

今回紹介する3軒は歴史や成り立ちを踏まえても、必ず知っておくべき存在といえる。

ワイキキを代表するホテルを徹底解剖してみた。



美しいアーチが連なるアプローチ。ガーデンを眺めて、至福のひとときを
「The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort」

ワイキキのランドマーク的存在と言えるピンクの建物。1927年の創業以来「太平洋のピンクパレス」と呼ばれる歴史あるホテルだ。

建物もスタッフのユニフォームもすべてピンクで統一されている。可愛らしさと格式の高さは他にはなく、リピーターが多いことも頷ける。



海辺のホテルではあるのに、緑豊かで広いガーデンを有するのもこのホテルの特徴。中庭にはココナッツ・グローブがあり、ピンクと緑が織り成す景色が楽しめる。

ハワイではオーシャンビューの部屋が圧倒的に人気だが、ここではガーデンビューも同じくらい愛されているのだ。

週に2回のモーニングガーデンヨガは大地の鼓動をリアルに感じられると話題を呼び、ホテルゲスト以外にも多くのヨギーが訪れる人気ぶり。



また庭へ、海へと続く美しいアプローチはゆったりと設えられ、ホテル内を散策する人も多数。

各所に椅子やソファが配置され、のんびりとくつろげるのもポイントだ。

格式あるホテルらしくゲストに温かく接してくれる優しいスタッフばかり。



ダイニングやバーをみると、ホテル併設の『マイタイ バー』も好評。


さらに人気の朝食スポット『Surf Lanai』では女性人気抜群のピンクパレス・パンケーキも楽しめる。

ドリンクももちろんピンクで。フレッシュなグァバジュースが朝の身体に染み渡る。

ワイキキの中でも圧倒的な存在感を放つこのホテルには、必ずや夢中になるだろう。



■施設概要
住所:2259 Kalakaua Ave. Honolulu
TEL:808-931-7311
URL:www.royal-hawaiian.jp


パワースポットが目の前に……笑顔になれるワイキキの人気ホテルをご紹介!


“天国にふさわしい館”の名を持つエレガントなワイキキ最高峰ホテル
「Halekulani」

中心地からすぐという抜群のアクセス。にも関わらず、ホテルに一歩足を踏み入れると街の喧噪がまるで別世界のような静粛な空気に包まれる。

そして、広い庭やアプローチが心地よく、すれ違うスタッフはみな満面の笑みで「ALOHA」と声を掛けてくれる。数回滞在しただけでも顔や名前を覚えていてくれるほどだ。

「ハレクラニ」に一度泊まると、必ず戻ってきたくなると皆が口を揃える。その理由は至る所にちりばめられている。



部屋やプールなど、ハード面はどこも常に美しく保たれ、ラグジュアリーな設えだ。

チェックインを部屋で行ったり、ゲスト一人ひとりへのきめ細かなサービスなど、ソフト面も圧倒的。

ハワイ最高峰と誰もが納得できるプレシャスなステイが約束されるのだ。



ホテルの前に広がるグレイズ ビーチは、古くから癒しの水が湧き出ると言われている「カヴェヘヴェ」という名の知る人ぞ知るパワースポット。

ちょっと体調が優れなくても、この海に入ると元気になるという。癒しの場所の上に立つ、澄んだ気に満ちあふれた唯一無二のラグジュアリーホテルだ。



■施設概要
住所:2199 Kania Rd. Honolulu
TEL:808-923-2311
URL:www.halekulani.jp


最後はワイキキ最古にして、トップクラスの人気を誇るホテル!


ヴィクトリア調の建築が美しい、ワイキキ最古のホテル
「Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa」

創業は1901年。ワイキキ初の大型ホテルとしてオープン以来、ヴィクトリア調の威厳とエレガントさを備えた真っ白な建物から「ワイキキのファーストレディ(貴婦人)」と呼ばれている。

アメリカ合衆国の国家歴史登録財、ホノルル市の文化財に指定される歴史的建造物とだけあって、日本からのゲストも2世代、3世代で定宿としている人も多いという。

ホテル全体がクラシカルなフォトスポットとだけあって、結婚式や新婚旅行でも圧倒的な人気。



ゲストルームはタワー・ウィング、ダイアモンド・ウィング、バニヤン・ウィングの3つからなり、より歴史を体感したいならバニヤン・ウィングをリクエストしよう。



古き良き時代の雰囲気はそのまま、室内は最新の設備が揃えられている。

ベッドは全室、ウェスティングループが独自に開発した〝ヘブンリーベッド〞を採用。180〜250スレッドカウントの繊細でなめらかなベッドリネンが好評だ。

また、好評のブレックファストは海沿いのレストラン『The Veranda』で。

コンチネンタル風の朝食が自慢で、名物のエッグベネディクトはリピーターも多い。



アロハスピリットに溢れた温かいおもてなしは、最高級のホテルでありながらもアットホームな雰囲気。

世代を越えて愛される、また必ず訪れたいと強く思えるホテルだ。



■施設概要
住所:2365 Kalakaua Ave.,Honolulu
TEL:808-922-3111
URL:http://www.moanasurfrider.jp/



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索