「苦労知らずのお嬢様」可愛いだけで生きてきた、元ミスコン優勝者の就活事情とは

「苦労知らずのお嬢様」可愛いだけで生きてきた、元ミスコン優勝者の就活事情とは

男女平等社会と言われて久しいこのご時世に、大学時代の最終章ともいえるのは4年時の「就職活動」。

この時の選択は、その後の人生を大きく変えるGATE(入口)だ。

これは、若さと美貌、また裕福な実家というバックグラウンドを兼ね備えた女子大生たちの、22歳(就職内定時)・23歳(社会人1年目)・27歳(社会人5年目)時点の人生を描いたものである。

果たして22歳時の選択は、その後の人生にどう影響をもたらすのだろうかー?

これまで紹介してきた女性たちは、「就活は婚活」と言い切り、CAとして華々しい生活を送るものの、結婚後「他人から与えられる幸せは長続きしない」ということに気づいた英理佳。

「自立したバリキャリOL」を最終目標に置きながら、一般職として総合商社に内定し、仕事に励んだ結果、職種転換制度にて総合職になり、5年目には自ら海外駐在員となった葵の2人を紹介した。

さて今週は、そんな2人と親友である沙耶の、大学4年時の就職活動をのぞいてみよう。



「葵〜この問題どうやって解くの〜。明日テストセンターなの。お願い、教えて〜。」

4月中旬のある日、沙耶は大学近くのカフェにて、いつも通り親友の英理佳と葵と集まっていた。

ただ1つ、3年生の時までと大きく違うのは、話の内容が就職活動一色であることだ。

今日も英理佳が、3人の中では1番のしっかり者の葵に、就活選考フローで必須となっている「筆記試験」の相談をしている。

就職活動は、面接試験が注目されがちだが、そこにいくまでには書類選考があり、さらにはほぼ同じ段階で、受験者の学力レベルを計る筆記試験があるのだ。

「英理佳、どこの会社のテストセンターを受けようとしているの?」

自身の筆記試験対策に忙しいであろう葵が、ノートから目を離さずに、英理佳に尋ねる。

「航空会社だよ!って言っても、私は総合職じゃなくてCAだから、そんなに高得点じゃなくてもいいんだけどね。エアラインスクールに通っている友達に聞いたら、数学は3割超えればいいって。多分いけるよね。」

そう答える英理佳に反応したのは、沙耶である。

「英理佳も、CA受けてるんだ!実は私もなの。エアラインスクールに通っているお友達がいるのね。みんなしっかり準備しているのねぇ・・・。」

同じく就活生である周りの様子を伺うと、沙耶は少し焦ってしまう。

もちろんこれまでにも、就職活動に関する周りの様子を見て何も感じなかったわけではない。

しかし元々の性格がおっとりしており、さらにこれまでなんにも苦労をしてこなかった沙耶にとって、就職活動は、どこか他人事にすら感じられるものであったのだ。


欲しいものは努力しなくても、手に入れられてきたのに・・・。元ミスキャンパスの悩みとは

沙耶が初めて、「将来」や「なりたいもの」を意識したのは、大学3年次の5月のことだった。

ある日、授業終わりにキャンパスを歩いていると、突然「広告研究会」に所属しているという学生が、沙耶に声をかけてきたのである。

「突然、すみません。私達、ミスコンテストを企画している団体のものでして、もしよろしければぜひ出場してほしいなと思いまして、、、」

声をかけられて、沙耶は「またか」という気持ちが胸に広がった。

というのも大学に入学して以来、毎年この時期になるとミスコン参加へのお誘いを受けてきたのだ。

おっとりした沙耶にとって、ミスコンに出るというのは考えてもみなかったことである。

近年ではSNSの発達によって、自分自身の写真や情報が、大学内どころか世間へと広まり、注目を集めているという。

さらに、「ミスコン出場はアナウンサーへの登竜門」と言われているくらいで、内面はしたたかで強そうな女の子ばかりが集まっていそうだと、沙耶はひたすらに出場を断ってきたのである。

声をかけられた瞬間は、ミスコン出場を断ったものの、英理佳と葵にLINEでそのことを伝えると、

「やっぱり沙耶、今年もなのね(笑)」と反応されながら、ふと葵がこう言った。

「でもさ、きっとこれが最後だよね。来年は、就活でそれどころじゃないだろうし。女子大生でミスコンに出れるのなら、やってみてもいいんじゃない?」

するとそれに呼応するかのように英理佳も、こう言った。

「そうだよ!沙耶がもし大丈夫なら、いつかミスコン出て欲しいよねって私達去年も話してたんだよ(笑)やってみたら〜?」

沙耶にとって親友である2人が、このように考えを伝えてきたのは意外であった。同時に、沙耶の中でミスコンに対する考えが少し変わった。

「2人が言うように、いつまでも出来ることじゃないし、最後だと思ってやってみてもいいのかな。」



7月の初週、沙耶は「ミスコンテストのエントリー者お披露目会」の場にて、緊張しながらも立っていた。

最後は自分で決断したが、親友2人に背中を押され、ミスコンテスト出場を決めたのである。

11月末に行われる大学の文化祭にて、最終結果が発表される。それまでの凡そ5カ月間、沙耶は他のエントリー者たちと共に、様々な活動をしていくことになった。

ミスコン活動は多岐にわたっていた。最初に沙耶を悩ませたのは、インターネット上に出回る各エントリー者の個人情報である。

エントリー発表から1カ月ほど、こんな情報が拡散されたのである。

「エントリーNO.2ミス候補者、父親は外銀日本支社役員のお嬢様?!母親は元CAで美貌は母譲りか」

これはほぼ正しい情報であり、沙耶は「人から注目されること」の怖さを痛感した。

他の候補者たちの様子を見ていても、インターネット上に顔写真が出回っていることから様々な批判をあびたり、毎日行われる人気投票の結果を確認することに精神をすり減らしているようだった。

8月の終わり頃、各大学のミスコン候補者同士が集まって、とあるキー局の夏のイベントに参加した際の事、沙耶は、同じく有名私大のミスコン候補者である遥と仲良くなった。



たまたま隣に立っていた遥と話しているうちに、彼女が地方出身であることや、ミスコンへの思いなど、自分とは全く異なっていることに興味を持ったからである。

遥は、沙耶より1つ下の大学2年生でミスコンに出場している。その理由は、「キー局のアナウンサーになりたい。」からだという。

彼女はミスコン活動を行いながら、キー局の「イベントコンパニオン」にも選ばれ、そちらでも活動している。全ては、就職活動時のアナウンサー内定を有利に進めるためだという。

大学2年の遥が将来の目標を語る一方、沙耶は自分自身の将来の目標が何もないことをぼんやりと考えていた。


ミスコン出場の結果はいかに!?沙耶の将来像は決まるのか?

ーミスコンに出たものの、ここから何になりたいかなんて全く考えていなかったわ。私、将来何をしたいんだろう…?

そんなことを思い悩みながら、寒さがだんだんと強まった11月末。沙耶は「ミスキャンパス」のタイトルをあっさりと獲得した。



身長158cm、細身でアイドルのように愛くるしい顔立ち。また他の候補者と比べても特別オーラを放つ沙耶がミスに選ばれることは、想像の範囲内であった。

ただ1人、この結果を手放しに喜べない人物がいた。それは沙耶自身であった。

「ミスは嬉しいけど、私なんかが貰っても、何の意味もないわ。アナウンサーになるわけでもないし…。」



「沙耶さん、ミスコン優勝おめでとうございます」

今日は久々に遥と会い、お互いのお疲れ様会を行っていた。

「遥ちゃんも、準ミス本当におめでとう。ハイレベルな美女揃いの大学で準だなんて、やっぱり遥ちゃんはすごいわ。」

そう遥を褒めると、遥はこう言った。

「ありがとうございます。ミスをとれなかったことは悔しいですが、準ミスでも箔を付けれたかなとは思うので(笑)アナウンサー試験を頑張ります。」

ここで、沙耶はふと尋ねてみる。

「ねぇ、遥ちゃん。アナウンサーってその、私でも目指せるものなの…?今から。」

その言葉を受けて、遥が驚いたように答える。

「沙耶さんの代のキー局アナウンサーは、ほとんど既に決まっていると思いますよ。噂ですが、昨年のうちのミスコン優勝者が、私がイベントコンパニオンやっているキー局に内定したとか。」

葵からの言葉を聞いて、沙耶は驚く。と同時に自身の考えの浅はかさに少しだけ恥ずかしさを覚える。

そんな様子の沙耶を察してか、遥が続ける。

「キー局落ちたアナウンサー志望の子たちは、テレビ局試験を受け続けて全国行脚するか、他業界を受けるかです。CAに流れる人が最も多いんじゃないですかね〜。」

「そっか、CAね、なるほど。」

特に何か目標があるわけでもなく、オフィスで事務職をしている自分も想像できない。

CAの仕事はイメージがしやすかったし、何より母親が、若い頃日系航空会社のCAであったために、両親への印象も良いのではないかと考えた。


こうして3年の12月頃に、沙耶は「なんとなく」CAを志望することにしたのである。


4月、5月と書類審査、グループ面接、個人面接を経て、沙耶は日系大手航空会社の2社共にCAとして内定をもらった。

ミスコン活動を通じて、自身のプレゼン力は必然的に磨かれ、そこに沙耶の美貌が加われば、当然ともいった結果である。

両親と相談した結果、母親も勤めていた航空会社を選んで、沙耶の就職活動は、表向きには決着した。

しかしこの頃からである。

「私、これでよかったのかなぁ…?」

沙耶の胸には、このような感情が徐々に大きくなっていったのである。


▶Next:9月2日 月曜更新予定
「やりがいって何だろう?」「働くことの意義は?」悩みながらも、「花形職=CA」としてデビューした社会人1年目の沙耶


▶明日8月27日(火)は、人気連載『もう1人の私』

〜自分でも戸惑うような意外な一面を、誰しもが持っている。既婚の男を夢中にさせる絵里香(26歳)の“もう1人の自分”とは…?続きは、明日の連載をお楽しみに!



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索