泉里香を超人気ラーメン店に誘ったら、セクシーが過ぎてラーメンどころじゃなかった!

泉里香を超人気ラーメン店に誘ったら、セクシーが過ぎてラーメンどころじゃなかった!

多数の女性誌でレギュラーモデルを務める泉さん。そのスタイルを保つ努力は相当なものと推察する。

だが、「今日だけは、全てを忘れてください!」と、“ラーメンデート”にお誘いしてみた。

銀座の絶品中華そばに彼女が見せた恍惚の表情とは?



泉さんが無性にしたい事って何ですか?

「もう1年以上も前なんですね! なんだか懐かしい(笑)」

メーク中、自身が表紙を務めた2018年6月号の本誌を手に取り、驚きの声を上げた泉さん。CMやドラマ、バラエティに引っ張りだこの1年。

渦中に身を置いている人間にとって、時間は驚くほどあっという間なのだろう。



「確かにこの1年は、めまぐるしすぎて何が何だか(笑)。最近ようやく自分のペースが掴めるようになってきたかもしれません」

今年の春は、約2年ぶりの休暇をとり、8日間のロンドンひとり旅も経験したという。



「人生初めてのひとり旅は、度胸をつけてくれた気がしますね。でも、食事の時間の寂しさは痛いほど身に染みました……。

パブでひとり、ビールとミートパイを食べるなんて経験、めったにないことなので、いい思い出にもなったけれど、やはり好きな人が身近にいる日本で暮らすことは、すごく幸せなことなんだと。そんな当たり前のことに気づかされました」



現地で無性に食べたくなったものは何でしたか?という質問には、「お米!」と即答。

「どうにも恋しくなって、韓国料理店に駆け込んでチゲとご飯をオーダーした日も(笑)。帰国して最初に食べたのも、ごはん、塩鮭、お味噌汁の3点セットでした」

それほどまでに欲する理由をたずねてみると……。

「やはり、体を絞るとなると我慢するのって、炭水化物なんですよね。だから、この仕事を続けている上では、お米への渇望は常にあるのかもしれません」


久しぶりのラーメンに見せた悶絶の表情とは?


そう言いながら、差し入れのおいなりさんを愛おしそうに眺める。

「炭水化物という点では、ラーメンもそうです。頻度高くは食べられないですが、地方出張のときや現場と現場の間に、パパッとひとりで立ち寄ることもたまには」



ちなみに、泉さんのラーメン屋での流儀は、熱いうちに一気に食べること。

「火傷するくらいのスピードですすりたいんです。だから髪もひとつに結んで、真剣に向き合っちゃう。デートだったら、ひかれちゃうかもしれない(笑)」

キュートなルックスで、男前ともいえる食べ方。さらにこってり系の食べ物を摂ったならば、「その分、きちんと身体と向き合うのみ」と言い切る潔さ。彼女が同性から支持を集めるのもうなずける。



「食べたことをなかったことにはできないし、食べたいのを我慢するのって、つらい(苦笑)。だから考えるべきは食べる時間。いつも夕食は午後6時ごろからですね。

寝るまでは少なくとも3時間は空けるようにしています。夕食の時間が遅くなったり、食べすぎた日は、軽めのトレーニングを。とにかく翌日まで持ち越さないのが大事なんです!」



ちなみに、無性にしたくなる〝こと〞はありますか?という質問にはこう答えてくれた。

「寝たい! 寝るのがもう、大好き(笑)。1日最高16時間も寝続けたことがあるくらい!」

いつだって、すがすがしいほどに直球ストレート。彼女が人を笑顔にする魅力は、きっとそこだ。


話題の店『中華そば 八五』って?


泉さんが訪れたのは…『中華そば 銀座八五』

店主は長年、京都のホテルで総料理長を務めた松村康史氏。

「ラーメン1杯にはフルコースのすべて詰まっている」と、自身の経験をフルに活かした手法で生み出す上質なラーメンが話題。店名の『八五』は、店の坪数に由来しているとか。



中華の上湯スープに欠かせない金華ハムにヒントを得て採用。具材としてではなく、スープを生み出す素材として生ハムを使っているという。

4時間かけて仕込んだベースに、投入して2時間。塩味が溶け出したところで完成。



泉さんが選んだのは『味玉中華そば』¥950。

透き通った黄金色のスープに、チャーシュー、メンマ、味玉、九条ねぎとシンプルな具材が美しく映える。客の3割が女性客というのもうなずけるほど、雑味のないクリアな味わいに目を見張る。


■プロフィール
泉 里香 1988年京都府生まれ。『Oggi』専属モデルほか、多数の女性ファッション誌でレギュラーモデルを務め、ドラマでも大活躍。おなじみの「indeed」をはじめ、「リアルゴールド」や「おとなの自動車保険」など、CMでも活躍。その好感度の高さは、同世代の女性タレントの中でも群を抜いている。

■衣装
【泉さん】ノースリーブニット¥14,000、カーディガン¥18,000〈ともにデミルクス ビームス/デミルクス ビームス 新宿 TEL:03-5775-1623〉、スカート¥68,000〈バリシスゾウリアリ/ビームス 六本木ヒルズ TEL:03-5339-9070〉、バッグ¥46,000〈メヘリー ムー/インターナショナルギャラリー ビームス TEL:03-3470-3948〉、シューズ¥192,000〈サントーニ/リエート TEL:03-5413-5333〉、右耳イヤリング¥16,000、左耳イヤカフ¥15,000、バングル¥16,000〈すべてマユ/ストローラーPR TEL:03-3499-5377〉、リング¥16,000〈マリア ブラック/デミルクス ビームス 新宿〉
【男性】Tシャツ¥16,000〈ティー/にしのや TEL:03-6434-0983〉、パンツ¥37,000〈ピーティーゼロウーノ フォワード/ピーティージャパン TEL:03-5485-0058〉、スニーカー¥59,000〈サントーニ/リエート〉、時計¥570,000〈ブライトリング/ブライトリング・ジャパン TEL:03-3436-0011〉、レザーブレス¥69,000〈ジャック・ウォーカー/S.O.S fp 恵比寿本店 TEL:03-3461-4875〉、サングラス¥39,000〈エルダー アラオカガンキョウ/ブリンク外苑前 TEL:03-5775-7525〉



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索