キラキラ女子憧れの、“パーソナルスタイリスト”が語る、「月収数万円」の裏事情とは

キラキラ女子憧れの、“パーソナルスタイリスト”が語る、「月収数万円」の裏事情とは

女は、直感にしたがい、時として大胆にお金をつかう。

その瞬間、彼女たちが心に描くのは、とびきりの夢や幸せな未来。

この連載で紹介するのは、“ある物”にお金をつかったことで人生が変わった女たちの物語。

欲しい物にお金をつぎ込み、夢を見事に叶えた女や、それがキッカケで人生が好転した女もいれば、転落した女もいる。

これまで占いにはまる女、インスタの闇から抜け出したい女やワインスクールに通う女などを紹介した。

さて、今回登場するのは?



Vol.10 8万円で職業を変えた女


名前:飯島理子さん(仮名)
職業:パーソナルスタイリスト
年齢:34歳


「今日は、お客さんとお買い物同行に行く予定のお店を、下見してきた帰りなんです」

そう言ってグランドハイアット東京の『フィオレンティーナ』に現れたのは、今回インタビューに応じてくれたパーソナルスタイリストの理子さん(34歳)だ。

スラリと身長が高く華奢な体つきに、色白の肌に黒髪が良く似合っている。スタイリストだけあって、シンプルなスタイルに小物使いが効いておりセンスも抜群だ。

彼女は、5年前に自宅を拠点としてサロンを開設し、パーソナルスタイリストとして独立した。今では知る人ぞ知る、予約が取れないスタイリストとしての地位を確立している。

「もともとコンサル業界で働いていたんですけど、27歳のときに一着のワンピースを購入したことが、職業を変える大きなきっかけになりました」

パーソナルスタイリストのように、一見華やかで元手がなくても独立できると謳われている資格の“裏事情”を聞いてみた。


職業を変えるきっかけとなった運命の出会い

きっかけは、一着のワンピースとの出会い


理子さんは、大学まで札幌で過ごし、就職と共に東京に出てきた。コンサル時代に仕事で出会ったご主人と27歳の時に結婚。

もともとファッションが好きで、学生時代からコスメやファッションをネタにブログを書いていた。読みやすい文章と独自の視点が好評で、人気ブロガーでもあった。

ウィンドウショッピングをすることが趣味だった彼女は、ある日いつものように、代官山を闊歩していたところ、とあるセレクトショップのショーウィンドウにあった一着の服に運命的に惹かれたという。

「今まで見たことがないワンピースでした。インポート特有の柄と色の組み合わせで、生地もデザインも気に入って…。女性ならわかると思うんですけど、服が私を呼んでいるという感覚でした」

当時を思い出して興奮気味に語る理子さん。

値段は8万ほどで、当時のお給料からしたら即断できる額ではなかったが、強烈に惹かれるものがあり、即購入を決意した。

「しかも偶然、その服のデザイナーさんがショップにいたんです。それでデザイナーさんと服について思いっきり話し込みました。そんな素敵なエピソード付きで購入したワンピースが、私の運命を変えてくれました」

背伸びして手に入れたワンピースを着ると、女性としてワンランク上に上がった気がしたとのこと。

そして、こういう服をぽんぽん買うことができるくらいに、お金を稼ぎたい。ファッションに関わる仕事がしたいと考え始めるきっかけになったという。



そのショップを頻繁に訪れるようになり、スタッフやデザイナーさんたちと徐々に仲良くなっていく。

「ブログを書くために、メイクやファッションの勉強は独学でしていましたが、ファッション関係の人と仲良くなってさらに詳しくなってくると、ブログに書くだけじゃなくて、仕事としてやってみたい気持ちが強くなってきました」

そんな時に知ったのが、「パーソナルスタイリスト」という職業だった。


資格産業の裏事情


折しも副業や主婦の独立ブームが到来していた時期で、元手が少なくても簡単に独立できるというパーソナルスタイリストは、人気職業の一つとして注目を集めていた。

ファッションが好きだったことや結婚したタイミングということもあり、理子さんにとっても、手軽に独立できるパーソナルスタイリストは魅力ある職業だったという。

パーソナルスタイリストとして活躍するためには、必ずしも資格が必要というわけではないが、独立するためには何らかの肩書きがあった方が良いということで、カラー系資格や体型診断の資格を取得することにした。

コンサルの仕事を続けながら資格取得のためにスクールに通うことになった。ところが、“資格産業の裏事情”をそこでみたという。


誰もが簡単に独立できる、資格産業の裏側とは?

彼女は「今思い出しても笑っちゃう」と言いながら話す。

「…教えてくれる先生のセンスが最悪なんです。肩書きが欲しかったので通っていましたけど。正直、先生から学んだものは何もなかったですね。仲良くなったデザイナーさんやショップスタッフから学ぶことの方が多かったですよ」

実際この世界、名前が売れているスタイリストでも本当にセンスがある人は一握りだという。そんなセンスがない人でもスクール講師として成り立つのだから不思議だ。

あと、「当たり前と言えば当たり前なんですけど…」と前置きしてから続ける。

「“副業として手軽に独立”なんてうたっていますが、いざ独立しようと思ったら相当な準備や資金が必要です。ホームページ開設や顧客集め、収支の計算とか」

決して手軽とは言えない現実に、多くの人は挫折するという。

「綺麗な主婦やOLさんとかたくさんいましたけど、一緒のクラスだった人の中で独立して今も続いているのって私くらいですよ」

そして、たとえ独立したとしても、実際食べていけるほど稼げるレベルまでいくことは、なかなか難しいとのこと。

ほとんどの人が月収数万円という世界。準備するものも多く、その労力と費やす金額を考えると普通に会社員をしている方がずっと効率よく稼げるという現実がある。



理子さんの場合は、もともとコンサル業をしていたこともありビジネスプランを立てるのは得意だったこと、人気ブログに固定ファンがついていたため、比較的スムーズに独立することができた。しかし、ほとんどの人がそのハードルに躓くという。


あることがきっかけで、副業が本業一本に


「初めはいきなり独立するのは怖かったので、週末フリーランスという働き方から始めました。でも、土日しか動けないということになると、ビジネスの幅がかなり狭くなってしまうんですよね」

週末だけといっても、自宅のサロンで、カラー診断やメイクのレッスンを行ったり、お買いもの同行をしたり、お客さんのご自宅に出向いたりと大忙しだった。

しかし、スタイリスト一本で食べていく自信はまだなかった当時、強制的に副業を本業にせざるを得なくなった出来事があった。

「今だから言えますけど、会社が副業禁止だったので、当初は、スタイリストの仕事はこっそりやっていたんです。でも、ブログが会社にバレてしまって...」

上司に呼び出されて、真相を尋ねられた。その時に勢いで「仕事辞めます」って言ったことが最終的に一本にしぼるきっかけとなったとのこと。29歳の時だった。

当時は会社にバレたことが残念だったが、今となってはバレたことに感謝しているという。その時に覚悟を決めて一本で食べていくと決意できたから。今では会社員だったころの給与を遥かに上回る収入を手にした上に、自由な時間もある。

「最近はインスタなどSNSで顧客集めするスタイルが流行っていますけど、私は時代がちょっと前だったこともあり、地道にブログを更新したり、自分の仕事内容の記事を書いたメルマガを発行したりして顧客を集めてきました」

彼女のその地道な努力が実を結び、リピーターが増えていったという。

「もともとブログを読んでくれている人がたくさんいたので、その中から今お客さんになっている方も多いです。そして質の高いものを提供することで、リピーターと口コミで広がるようなシステムを作り上げましたね」

口コミは、悪い噂も広まると早いので、お客さんが満足いくサービスを提供できるように最善を尽くしているとのこと。

現在、理子さんは、スタイリストとしての仕事は続けながら、同じように独立したい人からの相談も舞い込んでいるという。もともとコンサル業界で働いていたこともあり起業コンサルとしての仕事も並行して行っている。

最後に、これから同じように女性向け資格で独立を目指す人にアドバイスがないか聞いてみた。

「特に最近は、スピード感が大事になってくると思うので、上手くいっている人のビジネスモデルを後追いではなく、自分が時代の先駆者になるつもりじゃないとやっていけないと思います」

また理子さんが何より大切にしていることがあると言う。

「最終的には地にしっかり足をつけてブレない信念と、地道な努力が必要ですね。誰でもできるようなレベルで独立したら、絶対に失敗すると思います」

そうきっぱり言い切る理子さんは、キャリアウーマンの顔をしていた。一見華やかに見える資格といっても、どの世界でも成功する人は自分のビジネスに真摯に向き合い、そして地道にコツコツ努力できる人なのだろう。


▶Next:9月19日 木曜更新予定
家を買うアラフォー独女が登場


▶明日9月13日(金)は、人気連載『呪われた家』

幸せな結婚生活を思い浮かべていた新妻。その儚い幻想が、見事に打ち砕かれたら?沙織(26)は、“家”を巡る恐怖の呪縛に追い詰められていく…。続きは、明日の連載をお楽しみに!



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索