未来Diary〜優愛ver.〜:人生究極の“AorB”。1枚のカードが、29歳女の人生を変える

未来Diary〜優愛ver.〜:人生究極の“AorB”。1枚のカードが、29歳女の人生を変える

―30歳−

その節目で人生の決断を迫られたとき、東京に住む大概の女は思い悩む。

いまの手持ちの選択肢で、これからの人生を決めていいのだろうか…?

例えば、『AorB』という2つの選択肢があったとき、人はどうやって一方に決めるのだろうか。

外資系化粧品会社に勤める優愛(ゆあ・29歳)も、ある2つの選択肢で悩んでいた。

東京にいると、無数の選択肢があるようでそうじゃないのかもしれない。そう焦り始める女の、4話完結のショート・ストーリー。

優愛は、どうやって人生の『AorB』を決める?



日記の冒頭には、こう書かれてある。

“29歳で独身。仕事は、化粧品会社のPR。
恵比寿に一人暮らし。

仕事は忙しくても充実していて、
休日は気ままに起きて寝て、食べたいものを食べる。
女友達と海外旅行にだって好きに行くし、
好きなブランドの靴や鞄を、毎年買い足すことだってできる。

そう。いまの生活は、とても充実している。

でもそれだけじゃダメなのかな…?
最近、そう思うようになってきた。
私も早く、人生“ちゃんと”しなきゃ。

だから私は、決めた。
これからの5年後、35歳までの『未来日記』を記す。
『未来日記』にはAorBの2種類がある。

私はどちらかを選び、この未来日記通りに行動する。
それが例えいまの自分の意志と反していたとしても。

でもこれで、いちいち人生に悩むことは不要。
それは悩める29歳の女性にとって、
何て素晴らしいことなんだろうー”


優愛はそこまで書かれてあるAとBの日記を、いったん閉じた。そして予め買っておいた真っ白の2枚のカードに、黒いペンでA、Bとそれぞれ書いた。


優愛は来週、30歳の誕生日を迎える。

その直前になって、優愛の人生を大きく揺り動かす、ある大きな2つの話が舞い込んでいたのだ。


優愛の、人生にとって大きなAorBとは・・・?

その2つの話の1つ目は、勤めている化粧品会社でのマネージャーへの昇進話。この年齢でのマネージャーは、大抜擢人事だ。

もう1つは、友人の紹介で付き合いだした健吾との結婚話。健吾は日本で1番の国立大学院で博士課程を取ったあと、外資系証券会社に勤めている。

「お互い30歳になるし、そろそろ結婚しようか」

付き合って1年記念のハワイ旅行での、最終日のディナー。元々感情の起伏がなく現実主義の健吾は、「明日の夕食どうする?」と言うのと同じようなテンションで、淡々とそう切り出した。

“結婚か仕事か”なんて悩むのは時代錯誤だ、両方頑張ればいい。

ただ、現状ではまるでそう思えなかった。まず健吾が、なるべく家のことを優先してほしいと言っていること。そして優愛の勤める外資化粧品会社は激務で、上司たちはほとんどシングルか、結婚していても家庭崩壊しているか、バツイチである。

だから健吾にプロポーズされたとき、正直、ほっとする気持ちがなかったと言えば嘘になる。給料が下がっても他社に転職してマイペースにやればいい。そう思ったのだ。

だがその矢先、尊敬する上司・芙美子に昇進の話を持ち掛けられたのだった。

「優愛ちゃん、話があるの」



芙美子は、業界でも知らない人はいない伝説のPRウーマンだ。この業界には珍しく、”裏表がない”と、誰も彼女の悪い評判は聞いたことがなかった。

優愛も入社以来ずっとお世話になっており、尊敬している上司だ。芙美子も優愛を可愛がっており、仕事中は苗字で「倉木さん」と呼ぶが、このときは優愛の緊張を察したのか「優愛ちゃん」と切り出したのだった。

「あなたを、来期のマネージャーに推薦したいんだけど」

芙美子はそう言ってにっこりと微笑む。優愛の大好きな、ふわりと目をほころばせるいつもの笑い方だ。

「あ…ありがとうございます」

それを言われたとき、優愛は戸惑いを隠せなかった。嬉しくないわけではなかったが、つい先日受けた健吾からのプロポーズが頭をよぎる。芙美子はその様子をすぐ察し、今度お茶でもしながらゆっくり話しましょう、とだけ言ってその場は終わった。

30歳になる直前の1か月間に起きた、怒涛の2つの出来事。

この1か月間いくら悩んでも、答えは出なかった。そして自分の行く末に悩んだ優愛は、ある決心をしたのだった。これからの5年、35歳までの未来日記を書いてみよう、と。

未来日記に書かれていることは、自分の意志とは関係なく忠実に再現する。その発想は、小学生のときに見ていた大好きなバラエティ番組を模した。

その番組のテーマ曲となった人気バンドが歌う切ないラブソングは大ヒットして、その曲にうっとりと耳を傾けていたことを昨日のことのように思い出した。

何度も修正してようやく完成した2つの未来日記には、正反対の未来が書いてある。

<A>
・健吾と結婚して、幸せに暮らす。
・子供を2人作って、実家が近い田園都市線沿いで子育てをする。
・いまより給料は落ちても、それほど忙しくない会社に転職。
・家庭を中心とした、穏やかな日常を過ごす。

<B>
・マネージャーに昇進。
・ローンを組んで都内にマンションを買う。
・いまより何倍も忙しくなるが、きっと刺激的な日々。

究極のAorB。それぞれをまとめた内容を2枚のカードに転記し、優愛はそれをじっくりと眺める。

そして優愛は2枚のカードを目をつぶってシャッフルした。ドキドキしながら、2枚のカードの感触をじっくりと確かめ、大きく深呼吸をして1枚を引いた。

―…………。

目を開けてカードを見た瞬間、つまりそれは人生の大きな選択をした瞬間であるのに、特に何の感情も湧かなかった。

優愛は決めたカードをこっそり鞄にしまい、選ばなかったカードは、氷が溶け切って水滴がたっぷり含まれたグラスの下に、コースター代わりに忍ばせた。

会社近くの、裏道を1本入ったところにある小さなカフェ。芙美子との約束は、5分後に迫っていた。


優愛が引いたカードは、AorBのどちらだったのか・・・?

「優愛ちゃん?どうしたの、しかめっ面して」

約束時間きっかりに、芙美子が笑顔で近づいてきた。体のラインに綺麗にそった深い藍色のニットワンピースに、耳元の少しデザインがかったパールのピアスが、上品なコーディネートのアクセントになっている。

いつ見ても、美しい人だ。

芙美子は何事においてもセンスがよく、決断力もずば抜けている。入社当時から憧れの先輩で、仕事は抜群に優秀だが天真爛漫で可愛らしいところも好きだった。

だが一方とても慎重な性質で、滅多に人に心を許さない。プライベートにそこまで踏み込んだことはないが、決断力のある賢い芙美子は、こんな風に悩んだりはしないように思えた。

それとは対照的に、優愛は、20代後半からずっとこう感じていた。

―人生が、生きづらい。

本当にやりたいこと、したいこと、は潜在的にあるはずなのに。そしてその欲求は誰よりも強いはずなのに。

それと同時に、社会のレールから、世間から外れたくないという思いが人一倍強いのだ。この年齢になって、それはまるで強迫観念のようになって、優愛を苦しめているのだった。

きっとこんな気持ち、芙美子は抱いたことがないだろう。漠然とそんな風に感じていた。

芙美子が着いて世間話や仕事の話を軽くしたあと、優愛は思い切って切り出した。



「……芙美子さん、ごめんなさい。私やっぱり、マネージャーにはなれないかもしれません。彼にプロポーズされて…この仕事自体も続けられるか、悩んでいるから」

芙美子は、優愛の瞳をじっと見つめた。

「そっか」

そっか、と言ったあと、芙美子はアイスコーヒーを飲みながら、何かをじっと考えているように見えた。

「…残念だけど。それが、優愛ちゃんの出した答えなのよね」

そこまで言って、ふっと息を吐く。

大好きな先輩を、失望させたかもしれない。そう思うと心苦しかった。

「私を信頼して推薦してくれようとしてくださったのに、本当にごめんなさい」

そう言って優愛は、深々と頭を下げた。

「…ううん」

3年間お世話になった先輩はそう言って、優愛の言葉を受け止めた。それがあまりにあっさりしているように思えて、優愛は自分勝手ながらも、少しの寂しさを感じてしまうのであった。



芙美子は、次の約束まで時間があるからカフェに残る、と言った。優愛はもう1回深く頭を下げて、その場を去った。

―もう、後戻りはできない。

優愛のその後の行動は早かった。会社に退職の意思を伝え、健吾のプロポーズに“YES”の返事をしたのだった。

優愛はこのとき、選ばなかった一方のカード“B”をコースター代わりに置き去っていたことなんて、すっかり忘れていた。


▶Next:週2回配信!次回は、9月20日(金)更新予定
悩んでいるのは、優愛だけじゃなかった。芙美子のAorBとは?



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索