「彼との強烈な2時間を思い出す」一度はお断りした男の誘いに、女が乗った理由

「彼との強烈な2時間を思い出す」一度はお断りした男の誘いに、女が乗った理由

「その10年が人生を決める」とも言われる、20代。

大半は自分の理想や夢を追い、自分の欲に素直になって、その10年を駆け抜けていく。

しかし中には事情を抱え、20代でそれは叶わず、30代を迎える者もいる。

この物語の主人公・藤沢千尋は病に倒れた母のため、都会に憧れつつも地元の愛媛に残り20代を過ごす。

しかし母が他界したことをきっかけに、30歳にして初上京。その後、同僚・茉莉の影響で婚活デビューを果たし、再会した高校時代の先輩・良太からアプローチを受けるも、彼が既婚者であることが発覚してしまう。

一時帰省を終え、31歳としての自分を見つめ直す中、密かに気になっていた弁護士・速水の恋愛話を聞き、千尋にある想いが生まれるのだった。



“幸せになってるのかな…”

初めて2人で飲んだ夜からずっと、速水のつぶやいた言葉が千尋の頭から離れなかった。

きっと速水の彼女になるくらいなのだから、性格はもとより、外見も相当な美人であることは間違いないだろう。過去の恋愛話を聞いたことで、逆に速水をより遠くに感じてしまう。

―彼女、長月栞って言ってたっけ…。珍しい名前だし、もしかしたら…。

千尋は身体を沈めていたソファーから起き上がり、スマホを手に取る。そして、大学時代の親友・明日葉にメッセージを送った。

『ねぇ、法学部の先輩だと思うんだけど、長月栞さんって知ってる?』

すると、すぐに既読がついた。

『ううん。知らない。その人が、どうかしたの??』

明日葉からのメッセージに、しばらく千尋は考えこむ。

―私、人の事情に足を踏み入れすぎ…?

迷いながら、LINEを返す。

『知り合いの、知り合いなんだけど…、上京後、突然地元の奈良に戻ったみたいで、どうしてるかなって気にしてたから』

『法学部ってこと以外に情報は?』

『たぶん、すごく綺麗な人』

了解、とだけ返事がきた。勘のいい明日葉のことだ。恋愛がらみだと気づかれたかもしれないなとふと思った。


婚活を休み、新たな目標を探そうとする千尋。勉強会で意外な人物と再会し…?

翌週末、千尋は職場で新しく導入された会計ソフトの勉強会に訪れていた。

最近は振られる仕事も増え、休日出勤することも多くなっている。

「勉強会、休日になってしまうけど、どうかな」

部長にそう言われたとき、不思議と嫌な気持ちはしなかった。むしろ選ばれたことに嬉しさを感じたくらいだ。

「ぜひ行かせてください」

二つ返事で答えた千尋に、部長が明るい表情で告げた。

「才能…というと大袈裟だけれど、経理の適性は確実にあるから、藤沢さんには。期待していますよ」

千尋の肩をポンと叩き、独り言のように重ねてつぶやく。

「速水先生の見る目には脱帽ですね。ずっとここにいてほしいけどなぁ…」

意味深な発言の真意を読み取ろうとしたが、部長はそそくさと会議へ出て行ってしまった。



勉強会の休憩時間、千尋は資格試験のパンフレットをパラパラとめくっていた。

―税理士が一番、気になってはいるけど…。

31歳から始めて、順調にいったとしてもなれるのは35〜36歳。記載されている勉強時間も信じられないくらいの長さだ。

資格試験の難しさ、30代の1年の重さ…。そう簡単に始められるものではない。

「あのー。藤沢さん…ですよね?」

頭を抱えていたら、突然名前を呼ばれて反射的に振り返る。

「わあっ」

そこに立っていたのは、速水の学生時代の友人で、癖の強すぎる弁護士・神田春樹だったのだ。

「神田正輝と2文字違い、村上春樹と同じ漢字の、神田春樹です…って婚活パーティーでは自己紹介してたんですけど…、覚えてますか?」

覚えてるも何も、あのあとお茶をして、千尋に『君ってハイスぺ狙いなの?』と言い放った男なのだ。忘れるはずがない。

「も、もちろんです…。どうしてここに?」

千尋は隠すようにパンフレットをバッグにしまう。

「独立も考えているので、それに備えて会計ソフトの勉強をと思って。あの、藤沢さん…、よかったらこの後どうですか?お茶でも」

装いも、雰囲気も、初めて会ったときからはだいぶ印象が変わっているが、あの強烈な2時間を思い返すと返事に迷いが生まれる。

「…あれからだいぶ、僕も変わりました。もうあのような失態はしません。約束します」

そんな春樹の殊勝な態度に心を動かされ、2人は勉強会後に近くのスタバへと向かったのだった。

隣に並ぶと、眼鏡を変えたせいもあるのか、目元の印象がだいぶ違う。そんなことを考えていると彼が先に口を開いた。



「なんか、雰囲気変わりましたね」

「えっ、私ですか?同じことを、神田さんに対して思ってたんですけど…」

「僕…あれから自己流で婚活続けたんですけど、既読スルーされてばかりで。これはもう、自分に非があると認めざるをえないと思って、結婚相談所に入会して仲介さんにアドバイスをいただいたんです。

そのとき仲介さんにバシッと、弁護士というスペックにあぐらをかくなと一喝されました。後で考えたら…、藤沢さんにもずいぶん失礼なことを口走ったなって。速水から、真面目なイイ子だと聞いてなおさら謝りたかったんです。あの折は、本当にすみません…」

千尋は首を振る。あの頃は千尋自身も失った20代に引っ張られすぎて、迷走していたのは間違いないのだ。


2回目はない、と切ったはずの春樹が千尋に大きな影響を与えることに…?

「…税理士、目指すんですか?」

どうやらパンフレットを春樹に見られてしまったらしい。

「昔、税理士事務所で働いていて、近くで見ていたから、ずっと興味はあったんです。でも、そのときは家のこともあったので、簿記2級とる程度で精一杯で。今さらできるのかなって不安もあったり…」

そう言って、カフェラテを一口含む。あの春樹に人生相談をしていることが不思議に感じた。

「まず、1級を目指してみるのもいいかもしれません。知識が増えると、知らないこともより明確になるじゃないですか?そうしたら漠然とした不安がはっきりするし、何より好奇心も増すかもしれない。

秘密にしておきたかったんですが僕、司法試験1回落ちてるし、学校の成績もそんなに良くなくて。本当は凡人なんです。自分にできるのか、って不安な気持ちとずっと戦ってました」

春樹の言葉がすっと胸にしみこむ。ふいに瞳が潤みそうになるのをぐっとこらえた。

「背中を押してもらえるなんて思わなかった…」

本音をもらすと、春樹が笑って言った。

「仲介さんに言われたんです、自分アピールばっかりじゃダメだよって。僕、大分変わりましたよね?あ…また自分アピールしちゃった」

その言葉に、思わず千尋は噴き出した。



翌週、久々に茉莉に誘われ、恵比寿の『マーサーブランチ』でランチをとることにした。



他愛のない話で盛り上がった後、急に茉莉は声のトーンを落とした。

「ちょっと相談があるんだけど、速水先生のことで」

跳ねるように心臓が鳴る。気持ちを表情に現わさないよう注意しながら、耳を傾けた。

「速水先生、事務所やめるみたい。親の事務所を継ぐらしくて。それで…、よかったら来ないかって先生に言われたの。国立の、その事務所に」

千尋は驚きを隠せなかった。

―それってほとんど、告白みたいなもの…。

茉莉は前の事務所から速水と共に働いていて、そのときは秘書でもあった。別の夢があって一旦は辞めたものの、過労で身体を壊してしまい、速水のいる今の事務所で受付として再び働きだしたという経緯だ。

「私、交際してたドクターとも別れたの。でもだからって、結婚するわけでもないのに国立って…どうなんだろう。あの人に恩はすごくあるけど」

珍しく不安そうな茉莉を見て、千尋は自分の気持ちを優先させることができなかった。

「……私、ずっとお似合いだなって思ってた。先生も茉莉のこと、すごく信頼してると思う。新しい環境で、傍にいてほしいんじゃないかな」

茉莉は初めて悩むような表情を見せた。

コンビニに寄ると言った茉莉と別れ、1人で事務所に戻る最中、明日葉からLINEが届いた。

『栞さんの件、ミスコン委員会に入ってた友だちが知ってた!何度か出ないかって誘ったんだって。結局出てくれなかったらしいけど。今はね、奈良で弁護士してるらしいよ。まさに才色兼備。結婚して、名前も変わったみたい』

安堵の気持ちが広がるのと同時に、千尋は素直に感動した。みんな、失敗しても、落ち込んでも、ちゃんと前に進んでいる。

―速水先生がこの事務所から去る前に、栞さんが夢を叶えたって事実を伝えたい…。

『今度、少しだけお時間もらえませんか?話したいことがあります』

そして、あの2人きりの夜、かろうじて聞き出せた速水の連絡先に千尋はそうメッセージを送ったのだった。


▶Next:9月26日 木曜更新予定
次週、最終回。千尋は新たな一歩を踏み出し、幸せへと向かうことができるのか?


▶明日9月20日(金)は、人気連載『呪われた家』

幸せな結婚生活を思い浮かべていた新妻。その儚い幻想が、見事に打ち砕かれたら?沙織(26)は、“家”を巡る恐怖の呪縛に追い詰められていく…。続きは、明日の連載をお楽しみに!



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索