病める時も、ふくよかなる時も:結婚後に8キロ増。女を怠けていた妻に、夫が放った残酷な一言

病める時も、ふくよかなる時も:結婚後に8キロ増。女を怠けていた妻に、夫が放った残酷な一言


ー病める時も、健やかなる時も。これを愛し、これを敬い、その命ある限り真心を尽くすことを誓いますか?ー

かつて揺るぎない言葉で永遠の愛を誓い、夫婦となった男女。

しかし...妻が“女”を怠けてしまった場合でも、そこに注がれる愛はあるのだろうか?


料理を作ることも食べることも大好きな栗山美月は、結婚後、なんと8kgも太ってしまった。

太っていたって、愛されている。そう信じていた美月だったが...。

これは、ふくよかな体型となった主婦を襲った、絶望と再起の物語。



―誠司さんに抱かれなくなって、何年経つだろう?

午後3時の日比谷線に揺られながら、栗山美月(くりやま・みづき)はぼんやり考えた。

29歳で結婚して5年。最初の2年くらいは、ごく一般的な新婚夫婦なりのペースで”あった”ように思う。

けれど、35歳を目前に控えた今。7歳年上の夫・誠司との間には、そんなムードはすっかりなくなってしまっていた。

―あれ…?もしかして、もう3年くらいしてない…?

夫婦生活が途絶えてから想像以上に長い時間が過ぎていたことに気がついた美月は、思わず愕然とする。

「寝る時は1人がいい」と言う誠司の主張で、寝室を分けていることも一因なのかもしれない。

そこまで考え込んでから美月は、邪念を振り落とすようにブルブルと小さく頭を振った。

公共の場で、真昼のうちからこんなことを考えてしまったのは、目の前にぶら下がっている週刊誌の中吊り広告のせいだろう。

『セックスレスが夫婦を破壊する』

どぎつい紫色の活字が空調の風に煽られ、美月を挑発するようにハタハタとひらめく。

その挑発にまんまと嵌まり、食い入るように活字に見入っていた美月は、低い車内アナウンスの声で気持ちを切り替えた。

「中目黒、中目黒でございます−」

食材を詰め込んだナショナル麻布のエコバッグを肩にかけ直すと、美月は中吊り広告を目で睨むように一瞥する。そして、プーマのスニーカーでホームへと一歩を踏み出しながら、こう自分に言い聞かせるのだった。

―まさか。誠司さんと私の結婚が壊れるわけないじゃない。セックスなんてなくたって、私たちは仲良しなんだから…。


結婚して5年。子供ナシ。夫婦生活、ナシ。穏やかな結婚生活に広がり始める、小さな波紋...

「わぁ〜、いいにおい〜!」

GAGGENAU(ガゲナウ)のビルトインオーブンから取り出したばかりの焼きたてパンを見て、3人の幼稚園児が瞳を輝かせた。

美月は、いつの間にか緩んでしまった長い栗色の髪を、もう一度頭の高いところでお団子に結び直すと、パチンと大きな音を立てて胸の前で両手を合わせた。

「みんな、すっごく上手に作れたね〜!パンが少し冷めたら、かわいく飾り付けしようね」

子供達を相手に笑顔で話す美月に、参加している園児の母親の1人である山田さんが微笑みながら声をかける。

「美月先生、子供相手は自信ないなんておっしゃってたけど、慣れたものじゃないですかぁ。美月先生のレッスンって、なんだかゆる〜い空気が流れてて、安心感があるんですよねぇ。やっぱり子供もそういうのが分かるのかなぁ?」

「あはは、そうですか?そう言っていただけると嬉しいなぁ」

安心感とくすぐったいような誇らしさが、じんわりと美月の胸を満たしていく。

山田さんの言う通り、幼児向けのパンとお菓子のレッスンは、あれほど心配だったのが笑えるほどスムーズに進んでいた。

美月の仕事は、料理教室の講師だ。

といっても、調理の学校を出たわけでもなければ、料理に関する資格も何一つ持っていない。

子供のいない専業主婦としての退屈をしのぐため、趣味である料理のスキルを活かして、中目黒の自宅マンションのリビングでプライベートな料理教室を開催しているのだ。

”料理研究家”と名乗るには心許ない経歴の美月にとって、生徒さんたちからの賞賛の言葉は何よりも嬉しいもの。寄せられる期待には、なるべく応えたいと考えている。

そんな中で今日は、小さな子供を持つ常連の生徒さんからの強い要望を受けて、美月にとって初となる幼児向けのレッスンを開催しているのだった。



「うちはまだ子供がいないから、お子さん向けのレッスンの難易度とかが分からなくて。でも、みんな楽しんでくれてるみたいでよかったです!」

照れながらそう話す美月を見て、おそらく美月より少し年上のアラフォーママ・山田さんは、笑顔を浮かべたまま小首を傾げた。

「美月先生だったら今すぐにでも素敵なお母さんになれそうですよねぇ。ね、先生。もしお子さんができても、絶対絶対!お料理教室続けてくださいね!」

そうけしかける山田さんの後ろから、同じく子供の母親である小野さんが口を挟む。

「あら、山田さん。知らないんですか?美月先生はまだまだお子さん持つ予定無いんですよ。ね?先生?」


料理教室の生徒から浴びせられる悪気のない言葉。結婚して5年。美月夫妻に子供がいない理由とは

まだ20代の若いママ・小野さんは、リビング奥のサイドボードにズラリと並べられた写真立ての一群を指差して言った。

「美月先生のご主人、先生のことを独り占めしたいから子供はまだまだいらない!2人でいたい!って言ってるんですって。本当、仲良しで羨ましいですよね」

飾られている写真立ての中身は、全てが夫婦の2ショットだ。

付き合っている頃に撮った自撮り写真や結婚式の写真、去年の美月の誕生日ディナーでレストランで撮ってもらった写真まで、全て夫の誠司が自ら選別して飾っている。

「あはは、お恥ずかしいです」

照れ臭い事実に美月がペコリと頭を下げると、山田さんが「ええー!」と小さく叫びながらサイドボードへと駆け寄って行った。

そして、並べられた写真立てを一つ一つ手に取りながらため息を吐く。

「ご主人、イケメン!たしか、やり手の歯医者さんなんですよね?いいなぁ。イケメンで、お金持ちで、こんな広いお家があって、その上奥さんのこと大好きな旦那様なんて…。美月先生、幸せですねぇ」

だが次の瞬間、まじまじと写真を見つめていた山田さんから、思いもしない言葉が投げかけられた。

「ていうか、若い頃の美月先生…めちゃくちゃ痩せてて可愛い!今と全然違いますね!」

「ちょ、ちょっと山田さん…」

気まずそうにする小野さんを見て、山田さんもハッと表情を変える。

しかし美月は、微妙な空気を吹き飛ばすように大きな笑い声をあげた。

「本当、もはや別人ですよね!お料理教室はじめてから食べ過ぎちゃって、すごく太っちゃったんですよ〜」

美月が笑っているのを見てホッとしたのか、小野さんと山田さんも顔を見合わせて笑った。



事実、美月は、結婚してから太ってしまったことなど全く気にしていなかった。

だいたい、年の初めに計った時の体重は54キロ。158センチで54キロなんて、“太っている”のうちにも入らないだろう。結婚前に46キロだったのが痩せ過ぎだっただけ、とも言えるのではないだろうか。

それに、色白でアゴが小さく瞳の大きい美月は、多少ぽっちゃりしたところで顔つきが大きく変わるようなタイプでもない。

誠司だっていつも、柔らかく肉を湛えた美月の二の腕を「美月は本当に可愛いね」と言いながら優しく撫でてくれるのだ。

体型の変化は、仕方のないこと。

大らかな考え方は、自分の長所。

美月は、心の底からそう考えていた。

「皆さんも他人事みたいに言ってるけど、もしかしたら今日のパンが美味しすぎて太っちゃうかもしれませんよ〜?さぁ、そろそろ粗熱も取れたので、飾り付けしましょうか!」

待ちきれなくなった子供達に応えるように、美月は冗談を言いながらレッスンを再開させる。

ほのかに温かいパンを子供達と一緒につまみ食いしながら、美月はのんびりと思う。

―見た目が多少変わったところで、私は私だもん。誠司さんが可愛いって言ってくれる間は、な〜んにも気にならないなぁ。


愛する夫とのラブラブな結婚生活。しかし幸福の影に、気づかぬ闇が隠れていた。

レッスンが無事に終了し、後片付けと夕食作りを終えた頃には、午後の8時を少し回っていた。

―誠司さんが帰ってくるまでに、先にさっぱりしておこうかな!

そう思い立った美月が向かった先は、バスルームだ。

手早くシャワーを浴びて汗と化粧を落とすと、オールインワンジェルを簡単に頬に塗り込む。

長い髪をヘアクリップを使って頭のてっぺんでざっくりとまとめ上げ、コンタクトも外してメガネをかける。

体に巻きつけていたバスタオルを解き、部屋着兼パジャマとして愛用しているレギンスとTシャツに袖を通す…。

背中に大きく「HONEST DENTAL CLINIC」と書かれたメンズサイズのTシャツは、誠司が経営する歯科のスタッフ用に作られたものの余りだ。

お世辞にも色気のあるデザインとは言えないが、着心地の良さから美月も頻繁に家で着用している。

くつろぐための支度を一通り終えた美月は、ふぅ、と小さくため息をつくと、再び時計に目をやった。

午後9時。間もなく誠司が帰宅する頃だ。

都内4箇所で審美歯科を経営する凄腕歯科医の誠司は、どれほど多忙な時でも必ず9時に帰ってきて、美月と夕食を共にする。

それが、新婚当初からの夫婦のルールなのだった。

「そろそろかな…」

そう美月が声に出してみたその瞬間、玄関のドアが開く鈍い音が部屋に響いた。

「やっぱり!」

美月は弾かれたようにリビングから飛び出すと、玄関の方へと小走りで向かう。

「誠司さん、おかえりなさい!」

玄関には、背が高く優しい目をした誠司がいつものように美月の出迎えを待って佇んでいた。

「みいちゃん、ただいま」

食べても食べても太ることができないと言うスマートな体を、白いTシャツとジーンズに包んだ誠司は、美月を抱きしめその唇に軽いキスをする。

「今日もすごくいい匂いがする。夕食は何?」

「今日はね、誠司さんの大好きなコッテリ味のビーフストロガノフだよ!」

誠司はもう一度美月をぎゅっと抱きしめると、再び美月に小鳥のように軽いキスをした。

夕食のメニューを報告して、小さなキスを貰う。これも、結婚してからずっと続いている、仲睦まじい2人の習慣なのだった。



たっぷりとサワークリームを乗せたビーフストロガノフ。砕いたタコスとフライドオニオンをこれでもかと振りかけたコブサラダに、根菜を山ほど入れたチキンヌードルスープ。

「すごく美味しい。やっぱり、みいちゃんのご飯は最高だね。いつもありがとう」

自分の作った料理を、誠司は毎日心から美味しそうに食べてくれる。そして、そんな誠司の笑顔を見るたび、美月は言いしれない幸福を感じるのだった。

―この人と結婚できて、本当に幸せ…。

そんな感謝の思いが、結婚して5年がたった今でも美月の胸を満たしている。

いつも欠かさず感謝の気持ち表現してくれる誠司の愛を、美月はこれまで一度も疑ったことが無かった。...たとえ、夫婦にとって大切な営みが、3年間も途絶えていても。


幸せな夫婦の夜。変わらぬ愛に満たされた関係。この穏やかな日常に、美月は5年の間、1ミリの疑問を持つこともなかった。

だが今夜、美月の胸はどういうわけかザワザワと波立つ。

ーセックスレスが夫婦を破壊するー

ー美月先生はまだまだお子さん持つ予定無いんですよー

昼間目にしたどぎつい中吊りの文字や、料理教室の生徒さんが放った悪気のない言葉のせいかもしれない。

美月夫婦に、子どもを作る予定がなかったのは事実だ。まだ夫婦生活があった新婚当初も、誠司はこう言っていた。

「子供はしばらくいらないよね。何にも邪魔されない、みいちゃんと2人だけの生活を楽しみたいんだ」

しかし…。

「しばらく」はいつまで続くのだろう?そうこうしているうち、いつのまにか長い月日が過ぎ、今ではベッドを共にする習慣すらなくなってしまった。

ビーフストロガノフを完食した美月は、スプーンを皿に置く。そしてさりげなく、目の前でニコニコと微笑んでいる誠司に問いかけてみた。

「誠司さん。今夜ね、久しぶりにそっちの部屋で一緒に寝てもいい...?」

美月としては、本当に何気なく言った言葉だった。しかしこの一言が、穏やかで幸福だったはずの結婚生活を一変させてしまうなんて…。それがわかっていたならば、絶対に口になどしなかったのに。

美月の言葉を聞いた誠司は、穏やかな表情を崩さぬまま静かにスプーンを置いた。

そして、美月の瞳を愛おしそうに見つめながら言ったのだ。

「みいちゃん…」

美月に愛の言葉をささやくのと同じ、柔らかな声色で。

「それ…冗談だよね?」


▶NEXT:9月30日 月曜更新予定
愛されていると信じていたのに。優しい夫が、女のプライドをズタズタに切り裂く...


▶明日9月24日(火)は、人気連載『夫の反乱』

夫から溺愛され、好き放題にやってきた美人妻・めぐみ。最近夫の様子がおかしいことに気づき…。夫を大切にすることを忘れた妻の行く末は?続きは、明日の連載をお楽しみに!



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索