「どうしても勝てない…」慶應卒のエリート商社マンが、唯一コンプレックスを抱く相手

「どうしても勝てない…」慶應卒のエリート商社マンが、唯一コンプレックスを抱く相手

−女なんて、どうせ金を持ってる男が好きなんだろ−

そんな風に思うようになったのは、いつからだっただろう。

これは、東京を舞台に、金と仕事と女に奮闘しながら年齢を重ね上り詰めていったある東京男子の、リアルな回想録である。

慶應義塾大学入学とともに東京に住み始めた翔太は、晴れて慶應ボーイとなるも、セレブと庶民の壁に撃沈。

1歳年上の女子大生・花純と付き合うが、彼女はいわゆる、お金持ちのおじさんに群がる“ビッチ”だったことが判明。

悔しさをバネにして就職活動に励んだ翔太は、大手総合商社の内定を勝ち取る。



22歳。慶応卒・商社マンの肩書きを手に入れた男の優越


学生時代に花純のような…つまりビッチ系の女と付き合ったことは、僕にとってむしろ幸運だったかもしれません。

僕がもし自分と同じように田舎から出てきた、頭も顔立ちも悪くないが拭えない芋っぽさの残る外部生の女の子と、罷り間違って素朴な恋に落ちていたとしたら…今、ここに立っていることはなかったでしょう。

申し遅れましたね。僕はこの春、大手総合商社に入社しました。

20代後半で1,000万円の大台を超えるエリート街道を掴み取ったのです。

僕はもともと本を読んだり文章を書いたりすることが好きだったから、なんとなくぼんやり出版社とかいいな…なんて思っていたんですよ、最初は。

危なかったです。出版業界なんて、編集者にでもなって深夜残業で身を削らない限り、大手でも30代後半でようやく年収700〜800万。1,000万を超えるのは50歳を超えてからという場合もある。

そんなんじゃ全然ダメ。花純を…拝金主義の女たちを跪かせることなどできやしない。

年収の差って別に能力の差じゃないですからね。選ぶ業界の差。それだけ。だったらどう考えたって、給与ベースの高い業界に身を置くべきです。

それに気がつき、早々に商社に的を絞った僕の選択は正しかったと思います。

慶應卒のエリート商社マン。なんと輝かしい響きでしょうか。

今の僕なら、丸の内OLはもちろん、CAやモデル、うまくいけばアナウンサーとだって付き合えるかもしれない。…あ、ちょっと調子に乗りすぎましたかね。

そうそう、例の花純はというと、女子大を卒業したあと二流のアパレルブランドかなんかで働いているそうですよ。

まあせいぜい頑張って、偽りの純情キャラで男を狩ってくださいって感じです。

散々甘い蜜を吸ってきた女が、いつまでも安月給になんか耐えられないでしょうから。


慶應卒・商社マンの肩書きを手に入れ絶好調の翔太。しかし唯一、コンプレックスを感じてしまう相手がいた

慶應卒の商社マン。その肩書きに胸を張っている僕ではありますが、実は唯一…苦々しい思いを抱いてしまう相手がいます。

ええ、外資系金融の人間です。

きっと疑問に思っていた方もいるでしょう。そんなにも年収にこだわるなら、なぜ外資系金融を目指さなかったのかって。

外資系投資銀行は、初任給で1,000万を超えるらしいですからね。

それに対する答えは簡単です。僕の英語がネイティブと程遠いから。以上。

当然、学科としての英語なら得意ですよ。試験だっていつも高得点だった。しかし喋ることはもちろん、聞きとりも危うい。

日本の英語教育レベルがいかに低いかって話です。まあ、現在は少しずつ変わってきているのかもしれませんが。

そんな僕が外資系金融に入れるわけないじゃないですか。


あれは忘れもしない、社会人生活にもようやく慣れた、1年目の夏の出来事です。

学生時代にノリで入っていた、テニスサークルの集まりに誘われたんです。たまに飲み会に顔を出すだけの幽霊部員でしたが、久しぶりに会いに行くことにしました。

もちろん、気まぐれなんかじゃないですよ。商社マンとなった自分で、皆に再会したかったからです。

確か麻布十番の、壁一面が水槽になっている店だったと思います。

「チェーンの居酒屋から、俺たちも出世したよなぁ」なんて、ドヤ顔で飲んだのが懐かしい。今思えば、全然大した店じゃないんですけどね(笑)


「翔太、久しぶりだねー!」

新調したばかりのお気に入りのスーツで、少し遅れて到着した僕に、一番に気づいて声をかけてくれたのは小百合でした。



小百合は僕と似た境遇で、埼玉の県立高校出身の外部生。学部も語学のクラスも一緒だった彼女とは、実は学生時代になんとなくいい雰囲気になりかけたこともあったんです。

しかしこの時、たった数ヶ月ぶりに再会した小百合は、まるで別人のように見えました。

−そうだ。小百合は外資系投資銀行に入ったんだっけ…。

彼女が米国資本のバンクに内定を決めたと、初めて聞いたときの衝撃が蘇ります。

外銀に内定を決める学生というのは、ほとんどが帰国子女。そうでなくても幼い頃から豊富な留学経験を与えられてきた、富裕層のお坊ちゃん&お嬢様ばかりです。

しかし小百合はそうではなかった。僕と何も変わらない、普通のサラリーマン家庭の出身です。

彼女はなんと、独学でネイティブ並みの英語をマスターし、外銀エリートへの切符を手にしたのです。

その努力たるや当然、僕が経験した比ではない。男尊女卑をするつもりはありませんが、しかも彼女は女。

“完敗”の二文字が頭に浮かび、ほのかに抱いていた下心も呆気なく消えました。


さらにこの後、外銀女子・小百合の発した一言が翔太のプライドをへし折る。

「翔太は今どこに住んでるの?」

会社の様子など近況を一通り話したあとで、隣に座った小百合が、思い出したように尋ねました。

おそらく彼女にとっては他意のない、無邪気な問いかけなのでしょう。

しかし僕にはマウンティングに聞こえてしまった。彼女が六本木で一人暮らしを始めたことを知っていたからです。

さりげなく髪をかきあげた小百合の腕には、見たことのないカルティエが巻かれていました。



「…俺さ、今寮暮らしなんだよね」

仕方なく答えます。それ以上聞かないでくれ、と祈りながら。しかしもちろん彼女はそこで終わってくれません。

「そうなんだ。寮って、どこにあるんだっけ?」
「…高井戸」

言いたくない。そのせいで、呟いた声は驚くほど小さくなっていました。

「高井戸って…どこだっけ。東京?(笑)」

無遠慮な小百合に、「うるせえな」と思わず出かけた言葉をどうにか飲み込みました。

僕だって好きで寮暮らしなんかしてるわけじゃない。高井戸なんて辺鄙な場所から通勤するのも疲れる。

しかし僕にはマンションを与えてくれたり金銭援助をしてくれる親もいないし、初任給25万そこそこの身で一人暮らしなどできやしない。

商社マンになったとはいえ、所詮は下っ端。研修を終えて配属になったエネルギー資源部門での仕事も、ほとんどが雑用レベルのもの。

入社前に思い描いていたような社会人ライフには程遠いのが現実だったのです。

後から冷静に考えてみれば、この当時の小百合にだって、彼女なりに悩みも葛藤もあったに違いありません。

しかし僕の目に彼女は一足飛びに成功を手にし、“商社マンごとき”を小馬鹿にしているように見えました。

年収1,000万どころじゃない、大して歳の変わらない男がその2倍も3倍も稼いでいるのを目の当たりにしている彼女には、“商社マン”の僕なんてエリートでもなんでもないのですから。

−これだから外銀の奴らはいけ好かない。

僕の中に“外銀コンプレックス”が深く刻まれた瞬間でした。

同級生の中には学生時代に起業した奴もいるし、在学中に司法試験に受かった優秀な友人ももちろんいます。

しかし彼らはサラリーマンじゃない。また別のカテゴリーだから、そこには特に何の感情も湧かなかったんです。

だが外資系金融は、サラリーマンの最高峰。それゆえどうしても意識してしまう。

…彼らに対するコンプレックスは、結局長年に渡り消えることはなかったですね。


▶NEXT:9月28日 土曜更新予定
25歳。社会人3年目で、商社マンの栄華がついに花開く。


▶明日9月22日(日)は、人気連載『オトナの恋愛塾〜解説編〜』

〜この恋がうまくいかなかった理由、あなたは答えられるだろうか?「男女の関係は今もあるのに…」同棲2年目。29歳の女が、男から結婚してもらえないワケ。解説は、明日の連載で!



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索