「私、男運がなくて…」。いつまでたっても幸せになれない女の嘆き

「私、男運がなくて…」。いつまでたっても幸せになれない女の嘆き

日々、新しいショップやレストランがオープンし、アップデートを繰り返す街・東京。

東京で、そのすべてを楽しみつくそうとする女を、時として人は「ミーハー女」と呼ぶ。

ミーハー女で何が悪い?

そう開き直れる女こそ、東京という街を楽しめるのだ。

PR会社に勤務するミハル(27歳)も、最新のものをこよなく愛する「ミーハー女」である。

ただミハルの場合は、恋愛においてもミーハーであり、それが人生を少しだけハードモードにしていたのだ。

◆これまでのあらすじ

商社マンからデートをドタキャンされたミハルの前に現れた匠。匠から、女としてのダメ出しをされて落ち込むミハルは、彼に連れられるまま、ある場所を訪れる。



夕暮れ時、煌びやかな銀座の街を、匠とミハルは歩いていた。

ブランドの路面店に立つ、モデルのような佇まいのドアマン。ピカピカに磨かれたショーウィンドウに並ぶ、新作のコレクション。

銀座という街は、東京のどこよりも、イイ女になった気にさせてくれる。

ミハルがショーウィンドウの前で思わず立ち止まると、匠がミハルに話しかけた。

「ねぇ。ミハルさんってさブランド物、好きでしょ。しかも、誰が見ても、あのブランドのだ!ってわかるデザインのやつ」

ー出た。また、この表情。

映画館で、商社マンにデートをドタキャンされたことを聞かれた時と同じ。

少し意地悪そうに笑みを浮かべながら質問をする匠に、なんだか全て見透かされている気がして、ミハルは恥ずかしくなった。

「そうですけど。ダメですかね?」

恥ずかしさを隠そうとして平静を装って質問に答えるミハルに、匠は相変わらず意地悪そうな笑顔で話を続ける。

「俺調べでしかないんだけどね、わかりやすいブランド物が好きな人って、デートする相手とか付き合う相手にもステータスを求める人が多い気がするんだよね」

「そんなことないですけど」

ミハルは焦って咄嗟に言い返したものの、心の中では否定できなかった。

「あ、そう?じゃあ、さっき何でデート相手のこと“商社マン”ってわざわざ言ったの?“友達”って言えばよかったじゃん」

「別になんの意図もないです」

「ふーん。本当のこと言われて、言い返せないだけに見えるけど」

ーそんなこと…。

言い返そうと思ったものの、たしかに匠の言う通りだった。

ステータスの高い男たちは、高級で美味しい店に連れて行ってくれるし、女性の扱いがスマートなため自分のことをとびっきりに褒めてくれる。

そんな男たちといる時の自分は、まるで高級ホテルに行ったり、ハイブランドを身につけている時のように、自己肯定感がこの上なく高まるのだ。

ーでも…、自分のためにもなるのに、男をステータスで選んで、何が悪いの?


ミーハー女・ミハルが言い放った衝撃の一言に匠は?

「じゃあ、正直に言います。ステータスのない男なんて、あり得ないです」

匠の反応が気になりミハルが横を見ると、匠は少し寂しそうな顔をしながら地面を見つめていた。

ーいつもはすぐ言い返してくるくせに、何よ、そのしおらしい態度は…。

ミハルは戸惑いながら、自分への言い訳のように言葉を続けた。

「ステータスのある男の人といると、自分のレベルが上がる気がするんです。慶應出身、かっこよくて背も高くて、業界ナンバー1の広告代理店のクリエイター。環境にも恵まれて才能もある匠さんみたいな人には、この気持ちわからないと思います」

ミハルの言い分をじっくり聞いていた匠は、わざともったいぶるように一呼吸おいた後、ようやく言葉を発した。

「男にも、CAとか女子アナとかモデルとか、ステータスばっかりこだわる奴いるけど、そういう“すごい友達といる自分すごい”って勘違いしてる人、ものすごくダサいと思うんだよね」

「何がいけないんですか?ステータスのある人の方が、自分じゃ行けないところに連れてってくれたり、世界を広げてくれるからいいじゃないですか」



ミハルは、当然のことのように言うが、匠は特に反応もせず淡々と続けた。

「フェスでVVIPに入れてもらったとか、高級な鮨屋に連れてってもらったとか、写真撮ってSNSにあげることが、世界を広げてくれる経験なのかな。ただ友達に羨ましがられたいとか、マウント取りたいだけじゃない?」

匠から溢れでる言葉が痛いほど、全て自分に当てはまる気がして、ミハルは何も言い返せず、ただ遠くを見つめた。

「しかも、だいたいステータスで男選びする子って、相手がちょっと面倒なこと言ったり振られたりすると、“男運がない”って相手のせいにし始めるんだよね。自分の男選びの基準が悪いのに、そこは全く直す気なくてさ、都合いいよね」

ー男運がないって…。

匠から痛いところを突かれたミハルは、思わず立ち止まり匠を睨みつけた。

「もう!そうやって人のこと煽るのやめてもらえますか?私の人付き合いは私が決めるんです。匠さんの価値観の押し付け、正直鬱陶しいです」

ミハルの語気の強さに驚いたのか、匠は少しバツが悪そうに見えた。

「ごめん…」

強く言い返しすぎたと思いながら、ミハルも返す言葉が見つからず、2人は無言のまま銀座の街を歩き続けた。

「着いたよ」

しばらく無言のまま歩いていると、不意に匠が言葉を発した。

そこは、ミハルも見慣れた風景の場所だった。


ミハルと匠が歩き続けた先で、匠の伝えたかったことが明らかに。


ミハルが見上げた先にあったのは、『阪急メンズ東京』だった。

「俺ね、『阪急メンズ東京』好きなのよ。いろんなものが集まってて、自分の好きなもの探したり、普段とは全く違うテイストのものに挑戦したりしてるうちに、自分がどんどん磨かれてる気になるんだ」

少し恥ずかしそうに話す匠の目は、いつもよりもどこかキラキラしていた。

明るく照らされた店舗の中には、数々のハイブランドと、メンズコスメのカウンターがひしめいている。

真剣に、でもどこか少年のような表情を浮かべながらジャケットを試着する紳士を眺めながら、ミハルは思わずポツリと呟いた。

「なんだか、羨ましいなぁ」

エスカレーターでフロアを移動しながら、ミハルは匠の映画館での一言を思い出した。

「そういえばさっき、『ミハルさんみたいな人にぴったりだから連れて行きたい』って言ってたの、あれってどういうことですか?」

ミハルが聞くと、匠は店内をぐるりと見まわした後、ミハルの顔を正面から見つめて口を開いた。

「一緒にやってた案件の定例で、いつもPR施策のアイデア出ししてたの、覚えてる?」

「覚えてます。いつも私が案出す時、匠さんの顔がちょっと険しかったので…」

「実はね、ミハルさんの出す案、自分にはない新鮮な視点ばっかりで、正直あの時すごい悔しかったんだよね。だからこそ、普段、どんな風に物事を見てるのか知りたくなっちゃって。あと…」

そう言って軽く唇を噛みながら、少し言いにくそうにしながら匠は続けた。

「そんな素敵な視点を持ってる人が、ステータスだけで男の人を選んでるの、ちょっとショックだったんだ」

ーショック?あ、だからさっき、私がステータスで人を見てるって言ったらあんな顔してたってこと…?

「そうだったんだ…。さっき、価値観の押し付けとか、怒ってごめんなさい」

匠の想いを聞いて自分の言動が恥ずかしくなったミハルは、少し小声で匠に謝った。

「あはは、本当だよ!ちゃんとさ、その人がどんな人なのかなって、知りたくなったり興味がもてる人と一緒に過ごしたほうがいいよ。俺がミハルさんに思ったみたいにね」

匠の真っ直ぐな目に吸い込まれそうになったミハルは、思わず目を逸らした。





「せっかくだから夜ご飯一緒に食べられたらって思ったけど、明日朝イチで得意先提案でさ。帰って資料最終チェックしなきゃいけなくて」

駅に向かって歩く中、匠が少し寂しそうに、ミハルに話しかけた。

「大丈夫です。なんか、ありがとうございました」

「こちらこそ、ありがとう。あ、あの商社マンと違って、俺は本当に仕事だからね」

いつもとは少し違う意地悪そうな笑顔で見送る匠に、ミハルは少しドキッとし、匠に急いで別れを告げ、改札に入った。

ミハルが何気なく振り返ると、遠くでは匠が手を振っていた。

笑顔になって手を振り返したミハルは、いつもより足取り軽くホームに向かった。


▶︎NEXT:10月20日 日曜更新予定
「友達は顔で選ぶ」。新たなミーハー女が語る、女の友情。


▶明日10月14日(月)は、人気連載『立場逆転』

〜高校卒業後15年。再会した2人の人生は180度違うものとなっていた…。女のプライドをかけた因縁のバトル、続きは明日の連載をお楽しみに!













東レデート
詳細はこちら >



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る