「彼女のことを懲らしめないと・・・」男を略奪された女が、思わず取った行動とは

「彼女のことを懲らしめないと・・・」男を略奪された女が、思わず取った行動とは

女にとって、人生で最も幸せなときと言っても過言ではない、“プロポーズから結婚まで”の日々。

そんな最高潮のときに婚約者から「別れ」を切り出された女がいる。

澤村麻友、29歳。

ーさっさと忘れて先に進む?それとも、とことん相手を懲らしめる?

絶望のどん底で、果たして麻友はどちらの選択をするのか?

◆これまでのあらすじ

弁護士の吉岡を通しての両家の話し合いも進み、正社員復帰への道も拓かれ、新たな社内プロジェクトにも責任ある立場で参加することになった麻友。

その企画は、元婚約者の良輔の実家であるお茶問屋の危機を救うものでもあった。

婚約破棄から数ヶ月。弁護士の吉岡、上司の笠井、二人の男性の間で揺れる麻友だが…?



月末になり、部署で愛の送別会が行われることになった。

舞台は復職した麻友の歓迎会と同じレストラン。同じ部署なので参加メンバーもまるで変わらない。

「こうなったら、吉岡さんも呼ぶか。また澤村が泥酔するかもしれないしな」

悪ノリしてそんな冗談を言っていたのは笠井だ。

「絶対に来ないと思いますよ。吉岡さん、愛にロックオンされてますし」

「吉岡さん、三原に慰謝料請求の対象だって釘を刺しているんだろう?その状況で色仕掛けってすごい神経だな…」

「笠井さんも気を付けてくださいね」

「怖いこと言うなよ。まあ、でもあいつは俺のことなんて、口うるさいおっさんだとしか思ってないはずだから安心か」

笠井はそう言っておどけるも、今、愛のターゲットは“ハイスペック”で“麻友と親しい人物”が対象なので、確実に狙われるポジションだろう。

―ま、これで愛との関わりもなくなるから…。

麻友は不参加も考えたが、周りからいろいろ勘繰られるのも、また例の怪文書のような根も葉もないことを吹聴されるのも嫌なので、けん制の意味も込めて送別会に参加することにした。


送別会で愛が匂わす新しい男の気配。まったく懲りていない様子に周囲の反応は?

送別会で愛は、ずっとハイテンションだった。これからはジュエリーブランドのプレスとして働くのだと嬉しそうに語っている。自ら表舞台に立ち、広告塔になるのだそうだ。

「私、デパートっていう柄でもないじゃないですか。実はやりがいを感じてなくて!世代の違うお客さんを立てるっていうより、同世代のシンボル的存在みたいな方が私には合ってると思うんです」

愛は今までやってきた仕事そのものを否定するようなことを熱弁し、周りを閉口させていた。

これまではただの空気の読めないタイプなのだと思っていたけれど、そうではないのだ。愛はすべて計算づくでやっている。何かの腹いせに、後ろ足で砂をかけて去ろうとしているのだ。

そして、ジュエリー関係の知り合いが…などと、いかにも新しい男性を匂わせている。珍しく大ぶりなピアスをして、髪の毛をまとめて目立たせているのも、その業界の彼氏がいるという自慢のつもりなのだろう。



「麻友さん、本当にお世話になりましたぁ」

お開きの前に、酔っぱらった愛が絡みつくように麻友に懐いてくる。

「ああ。うん。これからも頑張ってね」

愛と違ってお酒が進まない麻友は、素面の状態で適当にあしらった。

「あのぉ。麻友さん何か勘違いしているみたいだなと思って、最後に一応伝えたかったんですけど…」

この場の雰囲気で、略奪について弁解しようとしているのだろう。その魂胆が見え見えで、つくづくうんざりする。

愛はうるんだ目で麻友のことを見つめてきた。

「良輔さんとのことなんですけど、麻友さんが思っているような関係じゃないんです。たぶん彼は寂しかっただけでちょっと気の迷いっていうか…。私は全然その気はなくて、むしろ迷惑してたんです。だって麻友さんの彼氏ですよ」

―この子は一体、なにを言っているのだろう。

浮気現場に乗り込んだ麻友に宣戦布告してきたのは、愛の方だ。麻友が言葉を失っていると、愛はさらに甘えるような口調で続ける。

「男ってさみしがり屋だから、わざとほかの子にちょっかい出してやきもち焼かせようとするんですよ。麻友さんまじめだからそういう経験ないと思いますけど、男ってそんなのばっかりですよ。私、やきもち焼かされるために口説かれてたって思うと、なんかみじめですよね〜」

沸きあがる感情は、怒りよりも困惑だった。バカにして挑発しているのだろうか。それとも慰謝料請求が怖くて、保身しているのか。

「というわけで、良輔さんのことはLINEブロックして赤の他人ですので、ご安心を。麻友さん、許してあげてくださいね」

近くで見ていた笠井が、さすがにたしなめる。

「三原、飲みすぎだぞ。お世話になった先輩に変な絡み方するな。立つ鳥跡を濁さずって言うだろう」

愛が「笠井さん、ひどーい」と露骨に甘えた態度を取り始めたのでまずいと思ったのか、笠井はその場をしきるとお開きの挨拶をした。

時間も時間、その場の同僚達もうんざりしていたので、そそくさと帰る準備を始める。愛は「もう一軒行こう」などと一人で盛り上がっているが、周りの反応は冷たいものだった。

しかし、問題が起きたのはこの後だ。

麻友が心底うんざりしながら店を出ると、そこには目を疑う光景があった。

「吉岡さん、迎えに来てくれてありがとうございます!!」

店の外で待っていた様子の吉岡に、愛が抱きついたのだ。

悟られたくないが、麻友は明らかに動揺した。

―どうして吉岡さんが愛と…?


愛と吉岡が接近…?目の当たりにした麻友の取った行動は意外なものだった。

目の前の光景は、麻友は混乱させた。

「全てが落ち着いたらデートに誘いたい」「三原さんのようなタイプは苦手」

かつて吉岡は、そう言っていたはずだった。

―でも、送別会にわざわざ彼女を迎えにくるなんて…。

愛と良輔がソファーで絡み合うように寄り添っていたクラブでの姿が、フラッシュバックする。

吉岡までも、愛が奪い去っていくのだろうか。あの日の痛みが蘇り、心をかき乱していく。

ーでも、そもそも私と吉岡さんはそういう関係じゃないから…

必死にそう自分に言い聞かせた。そして目をそらすと同時に、麻友はその場を離れようときびすを返す。

「あ! 麻友さん、帰っちゃうんですか?」

わざとらしく声を張って、愛が麻友の後ろ姿に向かって呼びかける。

「澤村!」と呼び止める笠井の声も聞こえた。

―私はまた逃げるの?

一瞬、思考が停止する。

良輔との婚約破棄以来、全てとしっかり向き合わず、逃げてばかりの自分に嫌気がさしていた。

「そういうところだよ」と誰からも指摘される馬鹿正直で真面目すぎるところも、「自分が悪いのだから」と押し黙ってしまう性格も、変えたいと明確に思うようになった。

自分以外の男女の関係が深まるのは、麻友が口を出す問題ではないけれど、同じ女性から度重なる悪意を向けられ、挑発を受け、すごすごと尻尾を巻いて立ち去るだけではいけないのだ。

婚約破棄という悪夢のような出来事をきっかけに、違う自分になろうと、そう決意したはずだ。

麻友は足を止め、そして再び振り返る。

目が合った愛が、一瞬驚いたような顔を見せた。吉岡は、愛の肩を掴み、そっと自分から引き剥がした。

「三原さん。困ります。…というか、迷惑なのでやめてください」

「人前だと恥ずかしいですか?」

吉岡は深いため息を吐く。そして麻友の顔を見据え何か言おうとしたが、麻友はそれを遮った。

「愛、あなたからしっかり慰謝料を取ったら、吉岡さんのことをデートに誘おうと思うの。だから、やめてくれる?」

愛の表情には明らかに動揺が漂っていた。麻友の性格から察して、自分への慰謝料請求はないと思っていたのだろう。

麻友だって、そのつもりだった。愛から慰謝料を取るための証拠集めの手間や、代理人を通してのやり取りは煩わしいし、“そこまでしなくても…”という思いがあった。

ただ、この子のことは懲らしめないといけない。単純にそう思うのだ。

さすがに痛い目に遭わないとまた被害者が増えるだけだろう。愛本人が支払うのか、良輔が肩代わりするのか、周りの男性に泣きつくのかは好きにすれば良いが、ことの重大さは受け止めるべきだ。

愛は半ばパニックになって、吉岡に「私の弁護をしてください」と訴えている。

さすがに周囲も呆れかえって、愛は吉岡から引き剥がされ、同僚が麻友たちに目配せし、愛を連れてその場を去った。



吉岡と笠井、そして麻友は三人になった。

夜の街の道端であまりにもおかしな状況に、思わずみんなで顔を見合わせてしまう。

「吉岡さんも大変そうですね」と、声をかけたのは笠井だ。そして「うちの部下たちがご迷惑ばかりおかけして」と言って、みんなで苦笑いする。

「愛に呼ばれて来たのですか?」

そう麻友が聞くと、吉岡は、まっすぐに麻友を見つめて言った。

「三原さんからは散々声をかけられていましたが、送別会に出るつもりはもともとありませんでした。ただ、澤村さんが泥酔してないか心配だったから待ち伏せするつもりでした」

それを聞いていた笠井は、肩をすくめ、再び苦笑する。

「おいおい。俺、邪魔者かよ。なるほど、さっさと身を引いた方が良さそうだな」

想像もしなかった方向に進むのが人生。こんな風にこの三人で笑い合うなんて、一体誰が想像しただろうか。

「よかったら軽く、飲みに行きましょう。笠井さん。澤村さん」

吉岡が、二人に笑顔で声をかける。

だんだん、自然な笑顔を見る機会が増えて来たことを、麻友は素直に嬉しく感じていた。

「どういう趣旨の飲み会だよ」

笠井はそう言うも嬉しそうだ。

「三原愛、被害者の会…ですかね」

麻友のブラックジョークを三人で笑い、吉岡に促されながら連れ立って歩き出した。


▶NEXT:10月23日 水曜更新予定
ようやく明るい未来に向かって歩き出した麻友の前に、裏切り男・良輔がふたたび姿を現わす。彼の狙いとは…?













東レデート
詳細はこちら >



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る