狂気的なカノジョ:「誰とゴハン食べてきたの?」プロポーズされ幸せ絶頂の32歳女が、彼に違和感を覚えた夜

狂気的なカノジョ:「誰とゴハン食べてきたの?」プロポーズされ幸せ絶頂の32歳女が、彼に違和感を覚えた夜

―愛情か、それとも執着か?

幼い頃から、聖母マリアのような妻になりたいと願っていた、秋吉紗奈32歳。

しかし、彼女の運命の歯車は、航平からプロポーズを受け取ったときから狂いはじめる。

少しずつ蝕まれていく彼女の心。愛は時に凶器となり得る。

繰り返される心理戦、前代未聞の惨劇が今、はじまる。



「紗奈は俺にとって大切なマリア様みたいな存在なんだよ。だから、ずっと俺のそばに居てほしい。結婚しよう」

それが東航平のプロポーズの言葉だった。

ザ・リッツ・カールトン東京45階の『タワーズ』で食事をしたあと、航平が取っておいてくれた部屋に入ると、お洒落な丸テーブルの上に赤い薔薇の花束とシャンパンが用意されていた。

ホテルの部屋から見えるハロウィンムードの賑やかな雰囲気の夜景が、秋吉紗奈の特別な日を祝福していた。

仕事帰りの金曜の夜。

今日は、紗奈の32歳の誕生日と付き合いはじめて1年記念のお祝いのはずだったのに、こんなサプライズが待っているなんて。

会社の後輩で3つ年下の航平との結婚を夢見ながらも、まさか現実になるとは思っていなかった紗奈は、この光景が信じられない心境だった。

航平はポケットからカルティエのリングケースを取り出すと、驚きのあまり固まっている紗奈の指に優しく指輪をはめた。

―航平、本当にこんな私でいいの・・・?

紗奈の平凡だった人生が、彼と付き合ってからはめくるめく華やかな世界へ導かれていった。

名の知れたレストランで食事をしたり、花束をプレゼントしたりするような男性とは付き合ったことのなかった紗奈は、その奇跡のような日々に翻弄されながらも、航平の愛を受け入れる以外の選択肢は考えられなかった。


幸せいっぱいの紗奈に待ち受ける運命とは。すべてはここからはじまった

「おめでとうございます!東先輩とご結婚されるんですね。羨ましいです」

夢のようなプロポーズから1ヵ月が経ったある日、紗奈は会社の後輩である今井美雪からランチに誘われた。

そこで半ば美雪に促されるようにして、プロポーズされた話や来年5月に控えている結婚式の予定について話した。

「ありがとう!実は、プロポーズされてからすぐに式場の見学に航平が行こうって誘ってくれて...。1軒目に行ったお台場にあるチャペルが気に入って即決めたの」

美雪は航平と同じ部署で働く26歳。根っからの妹気質な彼女は親しみやすく人懐っこい。

彼女が入社1年目のとき教育係を任されたのが紗奈だったため、今でもたまに美雪の方からランチに誘ってくる。

いつもモノトーンの服ばかりの紗奈とは対照的に、美雪は季節を問わずパステルカラーのワンピースを好み、その裾から覗く白い脚が紗奈にとっては眩しく映る。



「美雪ちゃんは、好きな人とかまだいないんだっけ?」

自分の話をするのが気恥ずかしくなった紗奈は、食後のコーヒーを口にしながら美雪に話を振る。

「いないですよ〜。うちの会社まだベンチャーだから人も少ないし出会いもないし。私も東先輩みたいな彼氏がほしいな。仕事ができて野心があって、おまけに優しいしおしゃれ。付き合ったらレディファーストを徹底してくれそうだし」

お世辞だとは思いつつも、美雪の指摘がすべて的中していることに紗奈は嬉しさを隠せなかった。

「ありがとう、そう言ってくれて。今でも航平と結婚できることが信じられなくって...」

「いや〜だって、紗奈さんはしっかり家を守る奥さんになってくれそうですもん。東先輩に見染められたんですよ」

美雪はそう言ってくれるが、紗奈は3歳年下の航平が、自分なんかにプロポーズしてくれたことに、まだ自信が持てないでいる。

「そうかな...私なんかでいいのかなって思ってて。この機会に航平に喜んでもらえるような素敵な奥さんになりたいなと思ってる。だから最近、会社帰りに料理教室に通いはじめたの」

「いいですね! 私、料理全然できないんですよね。今は美味しいタイ料理のお店を見つけるのにはまってるんです。タイカレーとかガパオとか・・・私も自分で作れるようになりたいなあ」

そんな他愛のない話をしながら、店を出て美雪と会社に戻る。

航平と美雪が働く部署は、紗奈が働く部署のひとつ上の階にある。

付き合っていることは公然の秘密となっているが、結婚することは今回初めて話したから、広まるのも時間の問題かもしれないと紗奈は考えるのだった。


紗奈がかわいがる後輩、美雪。そして運命の歯車は徐々に狂い始める

「紗奈、俺と初めてしゃべったのっていつか覚えてる?」

付き合いはじめた頃、航平にそう聞かれたことがあった。記憶力に自信のある紗奈は自信を持ってこう答えた。

「いつって、あの会社の飲み会のときでしょ?」

航平と知り合ったのは、ちょうど1年半前のこと―。

営業部で働く彼と、会社の打ち上げで一緒に飲んだときだった。

会話が盛り上がっていく同僚たちからは離れて、端の席で静かに過ごしていた紗奈のとなりに航平がやってきたのだ。

人見知りの紗奈は初め緊張してしまったが、彼の軽快なトークにどんどん惹かれていったのを覚えている。

「正直、すごく積極的な人だなって思っちゃった」

そう答えると、航平は手を叩いて笑う。

「俺は思い立ったら全力だから」

その打ち上げのあと2次会に誘われ、航平たち年下のグループに混じって終電まで飲み続けた。いつも1次会で帰宅していた紗奈にとって、それは小さな冒険のようで久しぶりの楽しい夜だった。

連絡先を交換してその日は別れたのだが、翌日から頻繁に航平からLINEが来るようになり、社内でも彼はよく紗奈に声をかけるようになったのだ。

仕事の接点はそれほどないはずなのに、電話やメールでいい用件もわざわざ下の階にいる紗奈に直接伝えにくる。

―正直、彼の情熱に圧倒されちゃってたな。

さすがの紗奈もこれは彼からのアプローチであることを悟ったが、まったく嫌な気はせず、むしろ嬉しいと感じていた。

それから航平から誘われて何度か2人で飲みに行くと、ある夜彼から「付き合ってほしい」と言われたのだった。

「でも、どうして私を好きになったの? 年上だし、美人でもないのに」

それがずっと疑問だった紗奈は、思い切って航平に聞いてみた。すると彼は「紗奈は覚えてないかもしれないけど」と前置きをして、こう告白した。

「俺が前に会社の階段で分厚い書類の束を落としちゃったことがあってさ。そのとき、偶然通りかかった紗奈が一枚一枚、俺と一緒に拾ってくれて、本当に優しい女性だなって思った。実はあのときから気になってたんだよ」

そう言われてから、確かにそんなことがあったかもしれないと紗奈は思い出した。でも自分にとって当たり前の行動をしただけで、そんな印象に残ってる出来事だったなんて夢にも思っていなかった。

―航平の方が、私よりも何倍も優しいのに。

きっとこれは運命なのだと紗奈は思った。間違いなく航平は運命の人だからこそ、お互いが自然と惹かれ合った。そこに理由なんていらない。



ー今日、家に行ってもいい?
ー俺ちょっと遅くなるから、先に家に行ってくれていいよ。

美雪とランチをした日の夕方、仕事が一息ついたときにそう航平にLINEを送る。

合鍵を持っている紗奈は、渋谷のオフィスを出て、彼のマンションがある代々木まで電車に乗る。夕飯を作るために駅前のスーパーに寄り、それから彼のマンションに向かった。



キッチンで夕食の用意をしていると、ドアの音がして航平が帰ってきたのがわかった。紗奈は笑顔で迎えようと玄関に向かう。

航平は「疲れたー」と言いながらスーツの上着を脱ぎ、ネクタイを緩めながらキッチンの方にちらりと目を向けた。

「ご飯作ってくれてたの? ごめん、俺食べてきちゃった」
「あれ、今日って仕事じゃなかったの?」

航平は、視線を合わせないままこう答えた。

「仕事だったよ、でも帰りにお腹が空いちゃってさ」

その言葉に、一瞬紗奈は動きを止めて上機嫌な航平の背中を見た。

―いつも、食事をしてくるときは、たいてい連絡くれるのに...。誰かと一緒だったのかな。

それが気になったが、聞いたら心が狭い女だと思われるかもしれない。

紗奈は問いかける勇気を持てないまま、笑顔を崩さずに彼の上着をハンガーに掛けた。

まだこの時は、この”小さな不安”が、彼女の運命の歯車を狂わせるきかっけになるとは、想像もしていなかった。

▶Next:10月23日 水曜更新予定
航平と美雪の間に何か秘密があるのか? 次回、恐るべき美雪の本性が明かされる













東レデート
詳細はこちら >



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る