僕のカルマ:自分は勝ち組だと思い上がっていた、年収2,000万超えの男。彼の人生が狂い始めた日

僕のカルマ:自分は勝ち組だと思い上がっていた、年収2,000万超えの男。彼の人生が狂い始めた日

世の中は、弱肉強食の世界だ。

特に、この東京で生きる男たちにとっては。

皆、クールな顔をしながら、心に渦巻くどす黒い感情を押さえつけるのに必死だ。

弁護士としてのキャリアを着実に重ねる氷室徹(34歳)は、パートナー目前。年収は2,000万を超える。圧倒的な勝ち組と言えるだろう。

しかし、順風満帆に見えた彼の人生は、ある同級生との再会を機に狂い始めていく。

思い上がり、嫉妬、嘘、過ち、復讐…。

一体何が、彼の人生を破滅させる引き金となったのだろうか。



「氷室さん、次の人事でパートナーだってよ」

氷室が自分の部屋へ戻ろうとしていると、廊下からそんな声が聞こえた。

今年入所したばかりの新人アソシエイト達が、エレベーターを待ちながら話しているらしい。

「凄すぎじゃね?確か、俺らと10歳くらいしか離れてないじゃん」

「そうだっけ。いずれにしても若いよな。パートナーとか絶対無理だわぁ」

エレベーターが到着したのだろう、次第に彼らの声が遠ざかっていく。そこでようやく、氷室はオフィスにつながる廊下に出ることができた。

「… 参ったな」

口ではそう漏らしつつも、内心ではガッツポーズだった。新卒の連中にまでそんな話が行き渡っているのであれば、それはもはや噂ではなく“信憑性のある話”だからだ。

オフィスに戻る途中、誰が見ているかもわからないのに、最近新調したばかりのジョンロブを履いた足が、ご機嫌に廊下を蹴るのも致し方ない。

「ご機嫌ですね」

部屋に戻ってきた氷室を、ぶっきらぼうな声が迎えた。最近入所したばかりの秘書は、いささか愛想が悪い。しかし、そこも愛嬌に思えるくらいに氷室の心は踊っていた。

「午後の予定は?」

「13時から神原会長と『赤坂 津つ井』で会食です」

「お、ちょうどいい。久しぶりに、あの店のビフテキ丼を食べたいと思っていたんだ」

会食相手の神原は、氷室の上司が顧問弁護士を務めている会社のオーナーだ。ゆくゆくは、自分が顧問弁護士を引き継ぐのだろうと思っている。

氷室は深々と椅子に腰掛け、窓の外に目をやる。見事な秋晴れだ。

雲ひとつない晴れた青空は、まるで自分の心を表しているようだと、ほくそ笑んだ。


弁護士・氷室徹。順風満帆な彼の人生とは…?

追い風がきている


ここにきて、運が向き始めている。

会食の店へ向かうタクシーの中で、氷室は自分を後押しする追い風を確かに感じていた。

彼が勤務する法律事務所は、最大手のファームには到底及ばない規模だが、ロンドンやパリ、ベルリン、ボストンといった世界の要所とのネットワークを持っており、海外案件に強いと言われている。

最近も、クロスボーダーの超大型M&Aを手がけたことで注目された。

今となっては、自分はこの法律事務所に入るべくして入った、と強く思う。

司法試験で、あの一文の解釈さえ間違っていなければ、四大法律事務所のどこかには入れただろう。だが、その四大事務所で、この歳でパートナー候補にまでなれたかと言われれば、その自信はない。

鶏口となるも牛後となるなかれ。

そんな故事成語が思い出される。

−俺の選んだ道は正しかった。

氷室は、自分を褒め称えるように呟いた。



法曹界は、外資系金融やコンサルティングファームと同じくらい厳しい世界だ。成果が出せなければ、新卒であろうと肩たたきの対象になる。

また、2、3年目になっても往生際悪くしがみつこうとする連中には、美人局によるハニートラップや偽エージェントによるヘッドハンティングなど、強烈な対処法もあると聞く。

そんなバカなこと…と思っていたが、どうやら事実のようだった。

それを思い知ったのは、司法修習の同期・藤田の件。彼は真面目ではあったものの、真面目がすぎて堅物ともいうべきその人柄は、良い意味でも悪い意味でも有名だった。

そんな彼が、久しぶりに同期で飲んでいたところに、とんでもない美女を連れてきたことがあった。

藤田の恋人らしいその女は、白い肌にほんのりと赤い頰が色っぽく、その場にいた男の視線をかっさらった。皆に注目された彼女は、スポットライトを浴びた国民的女優のように光り輝いていた。



「結婚しようと思っている」

皆の前で高らかに宣言した彼は、愛おしそうに彼女の肩を抱いた。

−弁護士の肩書きって、すげえな。

あの地味な藤田があんな美女と付き合えたのは、弁護士の肩書きがあってこそだろう。弁護士連中は皆、「俺も頑張ろう」などと、密かに思ったものだ。

そんな藤田が行方をくらましたのは、それから半年後のこと。聞いたところによれば、あの美女に機密情報を漏らしてしまい、辞職に追い込まれたようだ。

最初は驚いたものだが、各方面からの情報を総合すると、どうも事実らしいということがわかってくる。そう。彼はハメられたのだ。

−そっちの方がコストかかりそうなもんだけどな。確実にクビにできるならそっちの方がいいのか…。俺も、パートナーになったらそういうことも考えていかなくちゃな。

そんな空想を楽しんでいるうちに、会場に到着したことを運転手が知らせる。

−このカードも新しくしないとな。

そろそろインビテーションがくるはずのブラックカードを想起しながら、氷室は白金色のカードを運転手に渡した。


出世に向けてひた走る氷室。そんな彼の目の前に現れたのは…?

目の前に現れた、かつての同級生


やはり運は俺に向いている。氷室は、改めてそう思った。

本日の会食の相手、神原会長とたまたま地元が同じだっただけでもラッキーなのに、同じ高校の出身でもあることがわかったのだ。

神原会長と氷室が通っていた高校では、文化祭や体育祭が学生主体で行われていたが、それらは他校とは比べ物にならないほどの本気度だった。生徒がゼロから作り上げるという学校の方針のもと、勉強そっちのけで準備するのだ。

だから、たとえ同じ期間に学校に通っていなかったとしても、「体育祭」というワードだけですぐに盛り上がり、「面倒だった」「仲間割れした」など、感情を共有することが出来る。

共通項の探り合いなどなく、人間関係の構築の第一歩が進められる。商談の際にはそれだけでもかなりメリットが大きい。

「そうかぁ。もう記憶もおぼろげだけれど、その頃から運動会の色分けはその4色だった気がするなあ」

「へえ! そうなんですか。では応援団伝統の応援歌などは…」

「そういえば、副社長も同じ高校出身なんだよ。今度は彼も呼ぼうか」

「ぜひお願いします」

テーブルに額をつける勢いで頭を下げながら、氷室の口角は自然と緩んでいた。

−パートナーもほぼ確実、お偉いさんとのコネクションも上々。あとは大型案件の一つでも。

その時である。

「おや、あそこにいるのは堀越くんかな」

神原会長はレストランの入り口に視線を向けた…と同時に、あっ、と声を上げる。

「そういえば彼、上場準備のために弁護士を探しているって言ってたな。氷室くん、話だけでも聞いてやってくれないか」

−上場準備か…、悪くない。

「おうい、堀越くん」

男を呼び寄せた神原会長は、氷室に彼を紹介してくれた。

「こちら、堀越裕一くん。ベンチャー企業をやっていてね、僕は彼のお父さんと知り合いなんだ。堀越君、こちらは氷室徹くん。うちの会社を手伝ってもらっている弁護士だ。

少し話してみたらいい。私はちょっとお手洗いに…」

目の前に現れた男を見るなり、氷室は固まった。

−ほ、堀越裕一って。あの…!?

切れ長の目、特徴的な丸い鼻、そして意志の強そうな太い眉。少し猫背気味の姿勢。

中学時代。ひむろ、ほりこしの並びで、五十音順の座席でいつも自分の後ろの席にいた、あいつだ。

「堀越、だよな…?なんていう偶然なんだ。いやあ、久しぶりだなあ!」

氷室が驚いた顔で聞くと、堀越は無言で頭を下げた。

「元気してたか?よく一緒に遊ん…」

そこまで言いかけて、氷室は固まってしまった。

頭を上げた堀越の顔を見ると、目は真っ赤に充血し、今にも溢れ出しそうなほど涙が溜まっているではないか。

涙をこらえているのか、視線を天井にやったり、目をぎゅっとつぶったりしている。

大人の男が泣いている姿を見るなんていつ以来だろう。突然の出来事に理解が追いつかない。

「おい、大丈夫か?」

動揺した氷室がハンカチを差し出すと、堀越はハンカチを受け取ることもなく、目を逸らしたままこう答えた。

「過去のこと、色々思い出しちゃってさ。…氷室君は覚えてないだろうけどね」

−過去のこと…?俺は覚えていない…?何のことだ?

堀越との思い出は、他の同級生と同じく、平穏でありふれたものと記憶していたため、頭が混乱する。

それもそのはず。

なぜなら、この時氷室は、堀越の涙の意味を知る由もなかったのだから。そして、これから自分の人生が狂っていくということも。


▶︎Next:10月30日 水曜更新予定
氷室の前に現れた、かつての同級生・堀越。彼は何かを企んでいる…?


▶明日10月24日(木)は、人気連載『聖女の仮面』

高校の頃転校していった親友から、突然届いたメッセージ。10年ぶりに再会した女たち4人の、隠された素顔と真実とは?続きは、明日の連載をお楽しみに!













東レデート
詳細はこちら >



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る