偽装婚活:「結婚は人生の墓場」既婚男の建前と本音を知り、焦り出す28歳独身男

偽装婚活:「結婚は人生の墓場」既婚男の建前と本音を知り、焦り出す28歳独身男

“結婚なんて人生の墓場だからさ―”

男たちは、しばしそう語る。

だがその言葉とは裏腹に、彼らの顔には満足気な表情が浮かんでいるものだ。

そう、彼らが伝えたいのは、“結婚を後悔している俺”ではなく“結婚というライフイベントを経験した俺”。

その真実に辿り着いた(真実だと思い込んだ)、一人のハイスペック理系男子・紺野優作28歳。

ハイスペック揃いの仲間内で“平均以上”を死守することを至上命題としてきた優作は、そのポジションを維持するため、今、次のステージへ立ち上がることを決意する―。



「へぇ、そうなんですかぁ」

―はい、これで13回目。

僕はビールを飲みながら、相づちの回数をカウントしていた。これは会話が劇的につまらないときの僕のクセ。

さっきから大学のゼミのOBで、ロボット界では名の通る都築さんが結婚生活について熱く語っている。

ロボットへの情熱において意気投合した僕らは、たまにロボット会談なるものを催していたのだが、あるとき彼に彼女(現在の嫁)ができてから、会話の中身がだんだんとおかしな方向へ進み始めた。

僕は40過ぎのおっさんの恋愛相談、そして彼が結婚してからは結婚生活の相談に乗る羽目になってしまったのだ。

「なんで彼女は怒ってんのかな?」「こうしたら喜ぶかな?」エトセトラ…。

彼の相談内容を分析した結果、99%が感情に関する質問だ。これまでロボットに向き合いすぎて、感情というものに触れてこなかった結果なのかもしれない。

(よくSF映画なんかでロボットが感情を持ち始める描写があるが、あんなのはあり得ない。だいたいどうやって感情をプログラミングするというのだ…)

恋は盲目とはいうが、都築さんの場合、人間回帰といったところか。しかしまったく、女も男も1人の人間の一挙手一投足に振り回されすぎなのだ。

僕だって人並みに恋愛経験はあるものの、その世界に足を踏み入れる原動力となったのは、“平均以上をキープする”という自分との約束があってこそ。

間違っても恋に“落ちる”なんてことはない。ましてや結婚して女性の感情に振り回されるのなんて、まっぴらごめんだ。

しかし周囲を観察すると、偏差値70を超える聡明な男たちでさえ至る所の落とし穴に落ちまくっては派手に骨折しているのだから、僕は首をひねらずにはいられないのだ。


“平均以上”を死守する優作の恋愛観とは

僕は御三家とよばれる、とある中高一貫校(男子校)を卒業し東京大学理科Ⅰ類へ入学した。同じ高校から100人超が東大へ進学するので、人間関係はたいして変わらない。

相変わらず気の置けない仲間といえば中高時代の5人組だったのだが、当時僕らは横一線で、恋愛経験ゼロだった。

そこから1人が抜け出し彼女を作ったとき、僕はいち早く察知した。

―今だ!今、策を打たなくてはこの集団の中で平均以下となってしまう…。

そして僕は強みである東大というブランドを最大限に活かすことのできる、とある女子大に的を絞り見事射抜いた。

―彼を知り、己を知れば百戦殆うからず。

そのとき僕の胸の内に湧きあがった感情といえば、孫子の名言を具現化したことへの喜びだろうか。

「優作〜結婚なんて人生の墓場だよなぁ」

ふいに都築さんに名前をよばれ、肩を抱かれた。すっかり出来上がってしまっている。そして言葉とは真逆の表情を見せるのだ。

その表情を見たとき、思い出した。あのときの2人と同じ顔だと。

その2人とは「彼女ができた」そう仲間に報告したときの、恋愛経験済みの2人。結局、僕は5人組の中で3番目だった。

―ちょうど真ん中だな。

そんな感想を抱きつつ2人がいる向こう岸へ渡っていく僕。

「恋、してーなぁ…」

残された2人の、夜空に祈るかのようなつぶやきを僕はそのとき背中で聞いていた(ような気がする)。



「優作〜お前にもようやくチャンスが巡ってきたなぁ」

「へぇ、そうなんですかぁ」

僕はすっかり意識がこの場から離れており、意味不明な受け答えをしてしまう。

―あん?チャンスってなんだ?

「なんだよ、他人事だなー。栃木から大手町への異動、よかったじゃないか。下山だな」

―おいおい、栃木に失礼だぞ。

僕は大学院を卒業してから大手機械系メーカーに技術職として就職が決まり、先日まで栃木の山奥(と皆が表現する)で研究・開発に勤しんでいた。

成城に実家がある僕としては、確かに田舎は田舎だが、研究に励むのにははそう悪くもない。しかし東京の便利さに慣れきった男どもは格好の話のネタとして栃木勤めをディスるのだ。

「まあ、栃木も悪くなかったですけどね。でもずっとロボットやりたかったんで、その部隊に異動できるのは喜ばしいですね」

そう、1年前にロボット部門のみ丸ごと大手町に研究所を移設したので、専門がロボットだった僕は大手町勤務を志願していたのだ。都築さんのノロケ話ですっかり忘れていたが、今日の飲み会の大義名分は異動祝いだ。

「いやいや、それはそうと大手町?丸の内?といえばOLだろう。優作にもやっと春が。下山とともに雪解けか?」

ヘラヘラ笑う都築さんに僕は苦笑いを返す。

―おっさん、偏差値いくつ下がったんすか…。

僕は心の中でそう呟いていた。


久々に学生時代の4人と再会。優作がそこで思案したこととは?

「おー優作!生還したな!おめでとう!」

「栃木から大手町か!軽くカルチャーショック受けそうだよなー」

仲間たちが半ば茶化すように声をかける。気づかぬ間に恵比寿なんて洒落た街に通いつめるようになった圭介の提案で、『焼肉鳥 ジジ』で男5人が久々の再会を果たしていた。



「いやいやいや、栃木にいたのはたったの4年で、成城にいたのが24年間だから、つまり85.71…、俺の人生のおよそ85%は成城でできてるんで」

僕は彼らに対して闘志は燃やすが、よくあるマウントの取り合いとはまた違う。“切磋琢磨”という言葉がピッタリだろう。

さらに言えば昔から僕は集中していると周りが見えなくなるタイプなので、彼らのおかげで僕の指標となる、そもそもの“平均”を知ることができるのだ。

「でもまあよかったじゃん、ロボットできるんだろう?」

「そうなんだよ。5年目にしてようやくチャンスが巡ってきた」

少し前傾姿勢になっていると、聡が指摘してきた。

「おい、優作、ボタンとれかかってるぞ」

僕は辛うじてポロシャツとボタンをつなぐ、その糸をブチっとちぎってポケットにねじ込む。

「変わんないなぁ、優作は」

「そりゃあそうだろう。たった数年でパーソナリティが揺らいでいたら、そいつこそやばいぞ」

僕の中で、ロボットに対するプライオリティはいつまでたってもNO.1なのだ。

4人の職業は、外銀や外コン、総合商社など。“平均以上をキープする”という自分のこだわりは、唯一、年収においては守ることができなかった。

しかし僕は“ロボットをやりたい”という思いを捨てることだけはできなかったのだ。

「…優作って、結婚とか考えたりすんの?銀行員ってけっこう早くて、もうラッシュでさ、俺、早くも取り残されそう」

「いや、ないな、全く」

「そうか、優作はロボットか」

「俺考えるわー。今の彼女かな?くらいは」

4人が地球の裏の話ではなく、自分事として話し始めたことに内心驚きを隠せない。しかもこの常識人4人が、だ。

「でも優作もチャンスじゃん?栃木に比べたら出会いもあるだろうし」

「お、おう…」

都築さんの“下山”という言葉を再び思い出す。

―俺が山にこもっている間に、俗世間はそういう流れになっていたのか!?

そこへ、外銀に勤めている圭介が衝撃の一言を放った。

「なぁ、大毅って覚えてる?」

なんて忌々しい名だ。大毅とは、男子校にもかかわらず彼女を作り、バンド活動に勤しんでは、文化祭や体育祭で他校の女学生とカメラに向かってピースサインを送る、天性のチャラ男。

それだけならなんてことはないのだが、たまたま実家が近いがために腐れ縁のようになってしまい、学生時代は予習や課題のすべてを頼られ随分と振り回されてしまった。

当然東大には落ち一浪の末、慶應に入るという結末を辿ったので、東大卒が標準スペックである僕はしばらく存在を忘れかけていたのだが、外銀に入ったという噂を親経由で聞き若干気にもなっていた。

「あいつがさー、結婚するらしいのよ。相手、まさかの同期。驚くよなぁ。見直したよ」

受験も、就職も楽にとは言わないが成功を収めてきた。気づかぬうちに主戦場は“結婚”に移っていたのだろうか?他4人の目が一様にそう物語っているように見えてならない。

―ったく、よーいドンの笛くらい吹いてくれよ。

そして、“平均以上をキープする”というミッションがかすかに動き出す予感がしていた。


▶Next:10月21日月曜更新予定
チャラ男の大毅が結婚。優作は“既婚者”の威力をまざまざと見せつけられて…?


▶明日10月15日(火)は、人気連載『夫の反乱』

夫から溺愛され、好き放題にやってきた美人妻・めぐみ。最近夫の様子がおかしいことに気づき…。夫を大切にすることを忘れた妻の行く末は?続きは、明日の連載をお楽しみに!













東レデート
詳細はこちら >



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る