美味しくって雰囲気最高の和食を表参道で!お得で絶品な人気店だ!

美味しくって雰囲気最高の和食を表参道で!お得で絶品な人気店だ!


さあ、いよいよ食欲の秋が到来だ!

秋刀魚に鮭、いくらまで…旬の味覚を楽しみたいなら表参道の人気店『七代目 寅』を訪れよう。

炭火で焼き上げた旬の鮮魚の味は格別だ!


表参道で15年。愛され続ける人気和食店

表参道駅から徒歩3分。アパレルショップが建ち並ぶエリアにひっそりと佇む名店がある。

この街では貴重な、炉端焼きを名物とする和食処『七代目 寅』だ。

地下へと続く階段の奥には、焼き台を囲む広々としたカウンター席が出迎え、店内は食欲をそそるいい香りが満ちている。


「秋はやっぱり秋刀魚が食べたい!」そんな要望にも応えてくれる

この時期はまず「北海道産 新秋刀魚」をオーダーしたい。不漁と噂の秋刀魚を安定的に仕入れられるのも同店が人気店である証のひとつ。

炭火で焼き上げられた秋刀魚は、皮目がパリッと香ばしく、身がふっくらとジューシー。口に運べば、家で味わうのとは比べものにならないほどの美味しさを感じられる。

この時期になったら必ず『七代目 寅』を秋刀魚目当てに訪れるという人がいるというもの頷けてしまう。

秋刀魚の提供は10月末頃までの予定なので、味わうならば今がチャンスだ。


華麗すぎる親子共演!鮭×いくらの最強タッグ

秋刀魚と同じく秋の名物となっているのが「焼き鮭」である。こちらはなんと+400円で「いくらがけ」にすることが可能。素敵すぎる親子共演に思わず心が踊ってしまう。

豪快な鮭の切り身はこんがりと炭火で焼き上げられ、上からたっぷりと自家製いくらがかけられていく。

鮭といくらを一緒に口に頬張れば、プチッと弾けるいくらの旨みに鮭の塩味や柔らかな身の食感が加わり、手元の杯は一瞬でなくなること必至の美味しさ。


店内で炭火で焼き上げるから旨いんだ!

目利きが選ぶ旬の鮮魚は間違いない美味しさ!

炉端焼きで供されるのは、旬の鮮魚がメイン。春は鰆や鯛、夏は鰯に穴子、冬にはブリと常時9〜10種ほどが用意されている。季節毎に表情を変えていく旬の魚介が訪れる人のお目当てとなっているのだ。

魚介の仕入れは、開店当時から付き合いのある目利きのプロに一任。「今日はこれがおすすめだよ」などといった目利きからのアドバイスも参考にしつつ、季節はもちろん、日毎に仕入れを少しずつ変えていくのだ。


一品料理を堪能しつつ魚の焼き上がりを待とう

魚の焼き上がりを待つ間には、豊富に揃う旬の食材を使用した一品料理を楽しむとしよう。

おすすめは「秋茄子の揚げ浸し」。噛んだ瞬間にジュワリと茄子から溢れ出す出汁の旨みは、一気に口内を秋色に染め上げる。

鰹出汁、薄口醤油と濃い口醤油で味付けを施す時に、桜海老を加えるのが美味しさの決め手。

さっと鼻腔を抜けていく桜海老のほのかな香りが、もうひと口、ふた口と箸を進めさせる後押しをするのだ。


続いて注文したのは「塩煎り銀杏」。こちらも秋になると食べたくなる一品のひとつだ。

塩で煎った銀杏は、素材本来の甘みが一層引き出されている。ホクホク食感に手が止まらなくなるほど美味。

常時20種以上を揃える日本酒と共に、ちびりちびりと秋の味覚を堪能するのもいい。


〆はお待ちかねの絶品いくらご飯だ!

〆はコレ!たっぷりいくらをご飯と共に

秋の味覚をたっぷり堪能し尽くして、そろそろ〆に…というタイミングで注文すべきは「いくら飯」。

醤油漬けにした自家製いくらをたっぷりとごはんの上にかける贅沢な一杯は、秋の一夜を締めくくるには最高の一品。

プチプチと口の中で踊るように旨みを放ついくらの美味しさを堪能したら、堪らず「もう一杯」とお酒を頼んでしまうはず。


おしゃれなレストランやカフェの多い表参道というエリアにとって、誰もがほっこり心落ち着く和食を味わえるスポットは貴重な存在。

秋刀魚や鮭、いくらなど、秋の味覚を心ゆくまで堪能したい夜には『七代目 寅』を訪れてみてはいかがだろう。



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る