29歳、年収5,000万の彼と婚約破棄…!絶望の淵にいた女が、さらに失ったモノとは

29歳、年収5,000万の彼と婚約破棄…!絶望の淵にいた女が、さらに失ったモノとは

20代で“本気の婚活”をする女性の実態を、あなたは知っているだろうか?

「結婚適齢期が近づいてきたから」といった、安易な理由で婚活をする人などいない。

平均初婚年齢が30歳近い昨今でも、20代のうちに“特別なひとり”を見つけようと、婚活というサバイバルに果敢に挑んでいるのだ。

前回は出会って半年でプロポーズされた婚活女子を紹介した。今週は?



【今週の婚活女子】

名前:レイナ(仮名)
年齢:29歳
職業:営業
婚活歴:7か月(彼氏ナシ)


今回登場するのは、29歳直前で結婚が白紙になったと語る婚活女子。その絶望感は相当だと感じるが…彼女が失ったのはそれだけではないという。

結婚がナシになった経緯と、そのあと彼女が婚活に打ち込む日々を語った。

レイナさん:私が婚約破棄になったのは29歳の時だったのですが、当時付き合っていた彼は年収5,000万円で。将来は絶対億ションに住みたい私にとって、ピッタリの相手でした。

東カレ編集部:年収5,000万!?…どこで出会った方だったんですか?

レイナさん:彼は私より年下だったんですが、元職場の上司で。出会った当時は年収2,000万くらいだったかな?その職場を辞めた後に「幸せになりたいなら俺と付き合いな」って言われて、幸せになりたかったので付き合い始めました…(笑)

彼のほうは、同僚時代から私のことを「良い子だな」と気になってはいたみたいなんですが。社内恋愛に厳しい職場だったので、付き合うとかは考えてなかったみたいです。

東カレ編集部:どうして別れてしまったんでしょう?

レイナさん:彼の年収が上がっていくごとに、彼が調子に乗っていって、人間性を疑う点が出てきたので耐えられませんでした。

店員への態度が悪かったり、歩行者優先のはずの横断歩道でクラクションならしてキレたり、結婚式場の見学会の予約がうまくできてなくて、担当者にキレたり…性格がキツかったんです。

それで喧嘩して、私が「結婚できないかも」と言ったら「俺との結婚迷う奴を俺は幸せにしない」と言われて…別れることになっちゃいました。

東カレ編集部:条件はピッタリだったけど、性格がダメだったんですね。別れたときはどんな気持ちでしたか…?

レイナさん:焦りました。良く言う「昔ちやほやされて婚期を逃した売れ残りになるんだなぁ〜」と思いました(笑)。

それで焦ってマッチングアプリをダウンロードしたんですが…私、拗らせまくっているんです。


今すぐにでも結婚したいレイナさんが、拗らせているのはなぜ?

東カレ編集部:拗らせているって、どういうことですか?

レイナさん:今まで贅沢三昧な生活をしてきた私には、出会う男性がたとえ年収1,000万でもちっぽけに感じてしまうんです…ターゲットは高年収かつ、初回デートは男性が全額払うことを選択している人。

今までの彼氏は全部奢ってくれる人たちばかりだったから、お会計の際にいちいち「じゃあ、いくら出してね」っていうやりとりをしたくないんです。それに、初回デートすら奢ってくれない人は今後も全おごりの可能性が低いから。そういう人は、相手に自立を求めるタイプが多いですよね。

そのほかに学歴や顔もそれなりに選んでいたら…マッチングアプリを始めて7か月、一向に彼氏ができません…。

東カレ編集部:ハードルが上がってるんですね…。

レイナさん:実は一瞬彼氏ができたのですが、3週間くらいで別れました(笑)。これまでに54人と出会いましたが、今は彼氏いません…。

東カレ編集部:3週間付き合った方は、一体どんな人だったんですか?

レイナさん:5個上の人で、若作りのためにメンテナンスを頑張ってる人。付き合う前はすごく優しくて羽振りもよくて、なんでこの人33歳で結婚してないんだろうって不思議でしょうがなかったんです。

だけど付き合ってみたらすぐキレるし、デート代払ってるのに感謝の気持ちが感じられないとか文句言われました。

しかも、私の誕生日プレゼントに19,500円のG-SHOCKの時計を一緒に見ていたのに、当日買ってきたのは9,500円のG-SHOCKで!それだけでもムカついたのに、後々別れを切り出したら「G-SHOCK返してね。ケースごとね」って言われました…(笑)男としてちっちゃすぎて無理でした。

東カレ編集部:大変な人でしたね…。レイナさんには、結婚相手に妥協できるポイントってあるんですか?

レイナさん:そうですね、強いて言うなら顔ですかね?相手の性格とか内面が好きになれば、ある程度顔も好きになれるし。

ケチじゃない、仕事が好き、子供が好き、浮気しない、アクティブ、お酒飲める、タバコ吸わない、将来性がある…私、譲れないポイントが多過ぎるんです。妥協して結婚したら、あとから我慢することになるし離婚しそうだなと思ってしまって。



レイナさん:仕事は営業なので、私第一印象は良いのか、初回デートではなかなかの好印象を残して帰れるんです。だから交際を申し込まれた事も多々ありました。ですが、なかなか良い人がいなくって…いつもいろんな人を天秤にかけては振るい落としてます。

東カレ編集部:告白されることも多いんですね。レイナさんならではのコツとかって、あるんですか?

レイナさん:「たくさん話して、たくさん質問する。会話を途切らせないで続ける。笑顔で話を聞く」ですかね?「一緒にいて楽しい」ということを心がけています。


結婚相手に譲れないポイントが多めな、レイナさん。そんなレイナさんの御眼鏡に適った人物とは?

レイナさん:これまでなかなか良い人がいなかったのですが、一人だけスゴく良いかもと思った男性がいました。

東カレ編集部:え!どんな方だったんですか?

レイナさん:25歳で年収1,000万の弁護士さん。真面目でチャラそうではなく、ちょっと奥手な感じ。見た目も清潔感があって好青年って感じでした。

いつもの如く、帰り際にまた会いたいと言われて。私は内心喜んでいるけどあまり表には出さないようにして帰り、その人からの次のデートのお誘いを待ちました。だけどその人からのLINEは来なくって…。

約3週間後にしびれを切らして自分から思い切ってLINEしました。そしたらまさかの「ごめん。一昨日彼女ができたからもう会えない」って…衝撃でした。意地を張らずに最初からもっと連絡取って誘えば良かったと後悔しました。

東カレ編集部:それは後悔しますね…。

レイナさん:ここでようやく、マッチングアプリはライバルがたくさんいるし、良い人はすぐにいなくなってしまうと気付きましたね。

そして私はこれを機に決意しました。マッチングアプリで100人と会って、それでも彼氏ができなかったら結婚相談所に登録するって。…あと、46人です!(※2019年10月現在)

…ただ、半年ちょっとで54人と会って、だんだん疲れてきちゃったって言うのも事実で。ホントは正直、30歳までに彼氏が出来るかも危ういです。



東カレ編集部:もし今、結婚後の自分に話を聞けるとしたらどんなことを聞いてみたいですか?

レイナさん:う〜ん…結婚して幸せかどうか、ですかね?もし幸せなのだとしたら、何を重視して相手を選べばいいか、かな。

東カレ編集部:どんなに辛い思いをしても、やっぱり結婚したい気持ちが強いんですね。

レイナさん:そうですね…。ずっと婚活してるけど、ピンと来る人がほんとにいないし、時間はかなり取られます。

マッチングアプリはたくさん出会えるけど、みんながすぐに誰かと出会えるから一人ひとりを大切にしていなくて、付き合ってもすぐ別れることが多い気がします。

かといってマッチングアプリが流行ってる今、合コンは非効率だからって開催されないので、もう出会うところも少なくて…。

結婚はしたいけど、結婚してから不幸になった夫婦もいっぱい見てるので、焦って結婚するものでもないかな、とだんだん思えてきました。



年収5,000万円の婚約者を失った彼女は、熾烈な婚活市場に揉まれて、ついに結婚願望すらも失いつつあった。

さてここまで約3か月にわたって、U-29女子の婚活事情を描いてきたがいかがだっただろうか?本連載が、あなたの結婚観を振り返るきっかけに、少しでもなっていたら嬉しい。


Fin


▶明日10月24日(木)は、人気連載『聖女の仮面』

高校の頃転校していった親友から、突然届いたメッセージ。10年ぶりに再会した女たち4人の、隠された素顔と真実とは?続きは、明日の連載をお楽しみに!













東レデート
詳細はこちら >



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る