ほっかほかの新米は何もなくてもごちそうだ!土鍋で炊き上げる都内の名店6選

ほっかほかの新米は何もなくてもごちそうだ!土鍋で炊き上げる都内の名店6選


ほっかほかの新米がおいしい季節がやってきた!

土鍋で炊いたご飯は、美味しさ3割増し、いやそれ以上。

この時期はやっぱり炊きたてのご飯を口いっぱいに頬張ろうじゃないか!


炊きたてごはんが絶品 『割烹 しんせん 佐乃家』

グルメな大人が多く通う奥渋谷。『割烹 しんせん 佐乃家』は、黒壁の凛とした外観で、扉を開ければ8席のみのカウンターという、まさに大人のたたずまい。

店主・佐野昌之氏は、アメリカで腕を振るっていた経験もあり、外国人とのデートもそつなく対応してくれる。


彩り豊かな野菜を多用した料理を軸に10皿前後味わえる。

女性好みの「十四代」や「新政」などを含む日本酒ペアリングもおすすめ。


コースの最後に登場するのは、こだわりのお米を丁寧に炊き上げた極上のごはん。

赤出汁、お漬物と共にシンプルな旨味を味わおう。


「牡蠣の含め煮」。ふっくらした食感


「短角牛の焼きもの」。肩ロースをシンプルに塩胡椒で


銀座の職人技を極上空間で『小熊』

名店が多く立ち並ぶ、銀座の並木通り沿い、とあるビルの3階に位置する『小熊』。真っ赤な壁の入口を奥に進むと、明るくスタイリッシュなカウンターがお目見え。

季節の食材をふんだんに使ったコース料理を楽しんだ最後は、こだわりの土鍋ごはんを堪能できる。

料理長が長い期間研究を重ねてたどり着いたという極上のごはん。炊き方にまで拘っているからこそ、シンプルに食べるのが旨い。


1杯目はごはんのお供と一緒に。この日は、筋海老若牛蒡の佃煮、鰰の一夜干しというラインナップ。

そして、2杯目はおこげをいただく。オイルを少しだけかけて、味の変化も楽しめる。

3杯目のごはんには、目の前で削られた鰹節を乗せれば、今まで食べたことないような香り高い〆ごはんの完成だ。


目の前で削られた新鮮な鰹節


たっぷりの鰹節をごはんの乗せて


都会の中心でおもてなしの心を感じる『茶寮 宮坂』

六本木ヒルズに店を構えるのは、表参道の『御料理 宮坂』の分店。

京都で修業を積んだ宮坂展央さんの腕前が評判となり、オープンから1年たらずでミシュランの二つ星に輝いたことでも話題を呼んだ。


提供されるのは先付から御菓子まで全11品が登場する1万2,800円のコース。

旬を盛りこんだ八寸や上品な一番出汁が薫る煮物椀など見目麗しい美味に自然と心が弾む。


料理長が「メインディッシュ」と、胸を張る名物土鍋ご飯の前にはお米がご飯に変わる瞬間の〝煮え花〞が運ばれ、和食の奥深さや楽しさをさりげなく伝える。

強火で炊き、甘みと旨みを際立たせたご飯は、心にじんわりと沁みる美味しさ。つやつやと輝き、甘い香りを放つご飯は丁寧な洗米と研ぎ、水切り、浸水の賜物だ。〝銀シャリ〞とはこのようなご飯のことをいうのだと深く思う。

和食の真髄は、手間を惜しまぬ「おもてなしの心」にある。「六本木ヒルズ」という東京の中心で、その心に出合えるのは、この上ない贅沢といえるだろう。


煮物椀。湯葉に山芋を加えて作る海老真丈がふわりとやさしくほどける


炊き立てのご飯を香の物やおかずとともに味わいたい


恵比寿で「お米が食べたい!」という日はここへ

看板のない隠れ家でほっこりごはん『恵比寿 米ル』

恵比寿駅からすぐの場所に、看板のない秘密基地感たっぷりの佇まい。扉を開けると漆喰の黒壁に吊るされた稲穂が目の前に現れ、虚をつかれる。

黒漆喰の壁で統一された空間。アンティークの飾棚や、月をイメージした淡い電球などが美しい。無駄を削ぎ落としたシックなモダン空間には、カウンターと個室が6室。


コースの主役は土鍋ごはんだが、焦ることなく。 それまでに刺身や揚げ物などの酒のつまみが出てくるので、まずはそれらを日本酒とともにじっくり味わおう。

主役の土鍋ごはんは、季節ごとに厳選した5種類のお米から選べる。この日の米は「きぬむすめ」、「ゆめおばこ」、「ゆめぴりか」、「新之助」、「龍の瞳」の5種類。

生産者の想いを代弁する解説は魅力的で、ふたりで迷う時間もまた楽しい。土鍋ごはんは“煮花(にえばな)”という炊き上がり前の状態で提供される。

いよいよ土鍋が目の前に。完璧に炊きあげられた米の粒立ち、ツヤ、香り、甘み、旨みにたまらず笑顔がこぼれる。


追加で、豚しょうが焼きなどの〝ごはんのおかず〟も注文できるので、どこまでも米を美味しく食べさせようとする店の誘惑に翻弄される。

普段は炭水化物を避けがちだけど、この日だけはOK。禁断の一日をともにする悦びを。


お酒がすすむ、西京焼なども人気


ご飯とともに味わうのは、焼魚と出し巻き玉子やちりめん山椒など


おかわり必須!オリジナルの土鍋ご飯と絶品お供『AKOMEYA厨房』

銀座駅から徒歩3分の『AKOMEYA厨房』では、全国各地から厳選したお米を自家精米し、オリジナルの土鍋で炊き上げた絶品のごはんが味わえる。

中でもごはんそのものの味を一番贅沢に味わえるメニューが、日替わりのお米を相性抜群のご飯のお供と一緒にいただく「土鍋ごはん膳」。

1人前1合と結構なボリュームがありながら、ご飯泥棒のお供があるから女性でもペロリと食べられてしまう。


この日のお米は秋田県産の「つぶぞろい」。粒が大きくふっくらしていて柔らかい食感が特徴。

粘りや味、香りがあっさりとして口当たりが良いから、そのまま食べても旨いのだ。


選べるご飯のお供は、さんまぼろぼろ、明太子、じゃこ山椒、海苔梅、梅の実ひじき、こだわり卵、とろろ、鮭フレークの中から2品を選べるスタイル。

どうしても2種類選べない時は1品200円で追加もできるからご安心を。


ご飯と合わせるのにちょうどいい“ちょっと濃いめ”の味付けがされ、ご飯の味をさらに引き立ててくれる。


お米を生鮮品として扱うこの店だからこそ味わえる、ふっくらつやつやの炊き立てご飯の味。

日本人なら一度は訪れるべし!


究極のおかずとともに白米を実食『おこん』

代々木上原から徒歩10分ほどの住宅街に位置する『おこん』。

この店は米にこだわることで有名な和食店。なんと最初の突き出しが、炊きたての土鍋ごはんなのだ。

まずは、白米だけでじっくりとその甘みを噛みしめて欲しい。心から「日本人でよかった……」と思えるはずだ。またおいしいお米は冷めてもおいしいという。「冷めた時に本当の味が出るんですよ。恋愛と一緒ですね」と店主の小栁津氏は語る。


いつもはコースの先付けとして白米、ごはんに合う煮物や和え物などのおかず、そして刺身、魚、肉料理と続く。

この日は特別におかずとして「いくらの炙り」を提供していただいた。これがまたご飯が進む味である。生の部分と炙られた部分の2つのいくらの食感が堪らない。

ホタテの貝の器から少しずつ剥がして食べるので、お酒のアテとしてもぴったりだ。通常時もコースを注文すれば、「いくらの炙り」を追加注文できるので、食べたい方は予約時に問い合わせを。

ぜひこの季節に「炊かれたい男」小栁津氏が炊きあげる絶品白米を味わいに『おこん』を訪れてみて欲しい。白米のおいしさを再認識し、自宅でもきちんと炊いてみたくなるはずだ。



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る