勝ち組の遠吠え:「大学は、婚活のために入りました」。憧れの駐妻ライフを手に入れた、27歳女の誤算

勝ち組の遠吠え:「大学は、婚活のために入りました」。憧れの駐妻ライフを手に入れた、27歳女の誤算

今とは違う“何者か”になりたい。

ここ東京では、そんな風に強く願い行動した者のみが掴める、成功や幸せがある。

彼らは「勝ち組」・「成功者」と称され、周囲から、羨ましがられ、時に妬まれる。

しかし、ご存じだろうか。

彼らは、その影で、ジレンマに苛まれ様々なコンプレックスと戦っていることを…。

この連載では、そんな「勝ち組」となった彼らの、その後のリアルストーリーをお届けする。



Vol.1 理想の結婚を手にしたはずの女


名前:小川麻里
年齢:27歳
職業:英会話講師(アルバイト)


「久々の銀座だからテンション上がっちゃって、お洒落してきちゃいました♪」

平日の夕方、『キル フェ ボン』に姿を現した麻里は、ルンと声を弾ませた。

彼女は、全身からフワフワとした空気感を漂わす、いかにもモテそうな可愛らしい女性だった。155cmほどの身長に、華奢なハイヒールを履き、全身白と淡いピンクでコーディネートされている。

「私、小さいころからディズニープリンセスが大好きで、そんなおとぎ話に出てくるような“幸せな結婚”っていうものに、並々ならぬ憧れを持っていたんです」

幼い頃を懐かしむような目をしながら、そう呟く麻里は、総合商社に勤める夫と23歳のときに結婚。その後すぐに夫のニューヨーク駐在が決まり仕事を辞め、憧れだった駐妻ライフを3年ほど経験し昨年帰国したそう。

お姫様願望の強い麻里にとって、きっと今の暮らしはとても幸せなのだろう。

しかし、ちょっと目を離している間に、麻里はスマホをスクロールしたと思ったら、眉間に皺を寄せて大きな溜息をついた。

何が彼女をそんな表情にさせるのか、理由を尋ねた。


幸せな結婚生活を送っているはずの麻里が、友人のインスタにイライラする理由とは

カッコイイ男子は、みんな私に夢中だった


幼い頃から、「可愛いね」「お人形さんみたいね」と周囲にちやほやされながら育ったという麻里。子供ながらに、そのルックスのおかげで得をしていることを自覚していた。

「中学生の頃から、学年一のカッコいい先輩や他校の男子から、しょっちゅう告白されたりしてました。私も、モテることが嬉しくて...。それで、もっとモテたいなと思って、勉強はそっちのけでお洒落やデートばっかりしていました(笑)」

恋愛にしか興味がなく、全くと言っていいほど勉強をしてこなかった麻里は、地元の私立高校に何とか滑り込みで入学した。そこでも、いわゆるクラスのマドンナ的な立ち位置をキープし続けた。

高校2年の夏、麻里は本気の恋をした。

「バスケ部のキャプテンで皆から人気者の智弘くん。高身長のジャニーズ系イケメンで、頭も良くて。とにかく本当に本当に格好良かったんです!!それまでにも、あの人カッコイイな〜って思う人はいましたけど。あそこまで人のことを好きになるのは、初めてでした」

当時のことを思い出したのだろうか、赤面しながら智弘くんについて語った。

「でもね…」

麻里は自分を落ち着かせるように一呼吸おいてから、先を続けた。



「フラれたんです、私」

人生で初めて自分から告白した相手にフラれた衝撃はすごかったという。

「しかもね、私をフったすぐ後に、別の子と付き合い始めたんです。それも全然可愛くない、ガリ勉系の地味目な子と。信じられます!?それを知ったときは本当意味わかんなかったし、発狂するかと思いました」

当時の怒りを思い出したのか、麻里の言葉には今日一番の熱がこもった。

そして麻里は、彼に「何故彼女と付き合ったのか?」と理由を問いただすと、想像を絶する答えが返ってきたという。

「”彼女は賢いから、しゃべっていて楽しいんだよ。麻里ちゃんは可愛いけど、それだけでしょ?”って。もうショック過ぎて…。その時の光景は今でも鮮明に覚えています」

今まで恋愛市場において、「可愛い」が最強の価値だと信じて疑わなかった麻里にとって、フラれた相手からのこの一言は人生を変えるきっかけになった。

可愛いだけでは、見た目もカッコよくて、将来有望な頭のいい理想の男性を捕まえて結婚をするという小さい頃からの夢を実現することは難しいことを悟った。目標達成のためには、それなりに自分も頭がよくないとダメだという結論に至る。

そこで一念発起し、これまで考えたこともなかった名門大学入学を目標に受験勉強を開始した。

「智弘くんより絶対にイイ男を捕まえてやるって。この事件が起こったタイミングが高2の夏という時期だったことは、不幸中の幸いだったなと思っています」

今まで全く勉強してこなかった彼女だったが、もっとイイ男を捕まえたいという動機から必死に勉強を始めた。一旦勉強を始めると、成果が目に見えて出てくることに楽しみを見出していったという。

そして、見事ビリギャルなみの下剋上を果たし、上智大学の英文科に現役合格という当時の彼女にしたら信じられない結果を手に入れることができた。


上智大学への入学を果たした彼女は、18歳から婚活をするが...

理想の結婚を手に入れたものの...


「大学に入ってから、早速、将来の夫探しを全力ではじめました」

ペロっと舌を出しながらおどけた麻里は、小悪魔っぽい表情を見せた。

大学2年生の時に、麻里の所属していたテニスサークルにOBとして時々顔を出していた4つ上の先輩と付き合い始める。

「私、英語の勉強はそこそこ頑張ってて、実は結構しゃべれるんです。キャンパスで留学生と英語で会話していたところを彼が目撃したらしく、その姿に一目惚れしてくれたみたいなんです♡彼、商社マンだったし、将来は駐妻になれるかも!って期待して、すぐに付き合うことにしました。それに、学生の頃は、社会人の彼がとってもかっこよく見えたんですよね...」

3年程付き合って、麻里が社会人1年目になった時にプロポーズされ、結婚するに至った。

その後思い描いていたシナリオ通り、彼のニューヨーク駐在が決まり、麻里は23歳という若さで迷うことなく退社し、彼の駐在について行った。

元々「理想の男を捕まえて結婚をすること」が全てのモチベーションだったため、仕事には全く未練がなかったそう。

「あの時は、人生で最高に幸せな時でしたね。大好きな彼と結婚できて、しかも彼は理想的な夫。誰よりも早く会社を辞めて駐妻になって。結婚式で、みんなから向けられた羨望の眼差しの中には、嫉妬の感情が見え隠れする視線もあったりしましたけど、とにかく優越感というか、達成感でいっぱいでした♡」

駐妻ライフをSNSにあげれば、数多くのイイねやコメントが付き、知らない人からも多くフォローされていたという。

憧れていた幸せな結婚をつかみ取ったはずの麻里に、「何故、そんなに大きなため息をつく必要があるのか」と、本題に切り込んでみると、こんな答えが返ってきた。

「日本に帰国したら、急にタイムラインに表示される会社の同期や学生時代の友人たちの日常が煌びやかに見えてきちゃったんです。充実した仕事振りとか、キラキラしたアフター5とか。いつの間にかみんな綺麗になって、少しは自由なお金を手にしてて。

私が知らない世界をみんなが楽しんでいたんです。まるで浦島太郎にでもなった気分でした。私は日本に帰国したら一気に現実に引き戻されて、特に投稿する華やかなものもないし」



なるほど、麻里は現在住んでいる三鷹での所帯じみた専業主婦生活と、友人らの華やかな東京ライフとの間に大きなギャップを見出してしまったようだ。

27歳だと結婚していても仕事を続けている友人が大半で、そんな彼女たちがまぶしく映ってしまうという。

「私もみんなの輪に入りたいって、就職活動してみたんですけど…」

人気のキラキラした企業からは全く採用してもらえなかった。結局今は、小学生の子供に英語を教える仕事をしているとのこと。

「友人たちには、“英語を使った仕事をしている”って適当に言っていますけど、雇用形態はバイトだし、単語の正しい発音を教えるレベルだけなのが実態です…」

高学歴で英語が話せるとは言え、社会人経験1年未満の既婚女性という肩書では、就職活動は厳しいのが現実らしい。しかも夫が商社でいつ海外勤務になるかわからない状況では、尚更だろう。

駐在となると、会社から手厚い補助が出るため、現地ではかなり良い暮らしができる。しかし、東京に戻った後は、そういはいかない。いくら夫が商社勤めとはいえ、生活感のある日々を淡々と送るのが現実だ。

「ディズニープリセンスの物語では、主人公は結婚して”めでたしめでたし”って締めくくられるけど、現実の世界では、その”めでたし”の先に70年近い日常が待っているんですよね。ちょっと考えたら分かることなんですけど、この年になってようやく気付きました...」

人生の目標を見事に達成した麻里だったが、その後に待ち構えている日常にまでは考えが及ばなかったらしい。

現在麻里は、夫がまた海外転勤になり、華やかなSNSを更新できる日を今か今かと待ち望んでいる。夫の転勤事情に依存せず、麻里が新しい目標を見つけ、また目を輝かせる日は来るのだろうか。


▶Next:11月20日 水曜更新予定
地方銀行に就職したが、東京でモテ人生を送ることになった男が登場



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る