先週のアクセスランキング!1位は「彼、ものすごい人数の女性と…」。交際7年目で女がようやく気がついた、男の罪深い行為

先週のアクセスランキング!1位は「彼、ものすごい人数の女性と…」。交際7年目で女がようやく気がついた、男の罪深い行為

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“交際7年目で女がようやく気がついた、男の罪深い行為”に“女の羞恥心を巧みに操る男の口説き文句”から“子どもが怯えるほど豹変してしまった夫婦”まで。さて、栄えあるベスト1は?


★第1位
「彼、ものすごい人数の女性と…」。交際7年目で女がようやく気がついた、男の罪深い行為

「ありがとうございました。お世話になりました」

主を失った部屋に、南美の声が静かに響く。部屋を出て、ドアを閉め、鍵をかけた――その時だった。

数也との初デートで、もうひとつ「後悔」があることを思い出した。お茶を出さなかったこと以上の「後悔」だ。

そしてそれは南美がずっと蓋をしてきた記憶でもあった。

続きはこちら


★第2位
「ここで、何してるの?」年下男と密会中の人妻を襲った、最悪の修羅場

「すみません、美月さん。調子乗りました。どうぞ新しい水飲んでください」

そう言いながら甲斐は、新たにウォーターサーバーの水をコップに注ぎ、美月の目の前に置く。美月はそのコップの水を一気に飲み干すと、甲斐に向かってホッとしたように微笑んだ。

「甲斐くん綺麗な顔してるから、ちょっとドキドキしちゃった。こんな冗談、本当に引っかかる人もいるから気をつけたほうがいいよ」

続きはこちら


★第3位
「恥ずかしくて、身動きがとれない」。女の羞恥心を巧みに操る男の口説き文句

「智さんのペースとか、ぐちゃぐちゃとした感情に合わせていたら、永遠に関係が進まなさそうなんで、もう遠慮はやめます。

すっかり忘れられてるみたいだからもう一度言っておきますけど、俺はあなたが好きなんです。できればあなたと恋をしたい。利用されたって何をされたっていいから、側にいたいんです」

真っ直ぐに私を見つめたまま、まるで壊れ物のようにそっと、小川さんは私の手を離した。

「あなたは離婚した。だからもう、俺とこうしてることに罪悪感を抱く必要はないでしょ?」

続きはこちら


★第4位
「最初のうちは、良かったんです・・・」幸せだった結婚生活が、夫の譲らぬ“ある条件”で崩壊した女

一見幸せな家庭もキャリアも両方手に入れ、何の不満もなく幸せそうに見える春子さん。

しかしそんな春子さんには、今どうしても耐えられないことがあるという。春子さんは現在、ご主人の両親と同居しているのだ。

「私の出身が北海道ということもあり、“近くにどちらかの親がいた方がいいよ”と周囲から言われていました。実際、子供が急に熱を出した時などは姑に助けてもらってはいるのですが・・・」

続きはこちら


★第5位
「以前は、素敵な夫婦だったのに…」3年間で、子どもが怯えるほど豹変してしまった夫婦

「もちろん母親が完全に伴走できるなら、それがハマれば劇的に効果がある。でも肝心なのは、母親が自分の子供をよく見ること。そして、中学受験の『目的』を決して見失わないことよ」

「よく見る…?そんなの当たり前じゃない?それに目的っていうと…どんな学校を目指すかっていうこと?それとも将来の夢?」

彩は訝しげに画面越しの祐希の顔を見る。

「簡単だと思うなら、彩はまだ、中学受験の狂気を分かっていないわ」

続きはこちら



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る