最近、手頃な価格で酒場ホッピングできる東急東横線「学芸大学」駅の商店街に多くの人が集まっている!

そんな駅の東西に広がる「鷹番2・3丁目」エリアに肩を寄せあうようにここ1〜2年でリラックス系の若い感性の酒場が次々にオープンし、賑わっている。



火付け役はこちらのワイン酒場!?
@『あつあつ リ・カーリカ』

賑わうきっかけになったと思われるのが『あつあつ リ・カーリカ』。同じ学芸大学の『リ・カーリカ』の兄弟店として、2017年に登場した。

2年前の開店当初、人気のイタリアンが“小料理屋”的な業態の店を始めた!と話題になった店だが、今やすっかりワインラバーの止まり木に。

「学大十字街」という昔ながらの飲み屋街の一角にある、気楽な雰囲気の酒場だ。


席はカウンターのみ9席。もちろん、立ち飲みもできる。イタリアンと和食が融合したつまみと充実のナチュラルワインでゆるゆると酔うのが、最高に心地良い一軒。


洗練されたチャイニーズを気軽に楽しむ
@『farm studio #203』

シックな雰囲気のカウンターで味わえるのは意外にも、中華。

看板メニューの「黒毛和牛の四川麻婆豆腐 白子」¥2,000は、新鮮な青山椒がもたらす刺激が快感!注目度上昇中のジョージアワインとの相性も抜群だ。40種類の素材入りの「detox salad」や、澄んだスープを使った驚きの「TKG」も大人気!


カウンター8席ながら、モダンな雰囲気が漂うスタイリッシュな空間。深夜2時まで営業しているので、お食事だけではなくバーとして利用できるのも嬉しい。


鹿肉などのジビエ料理がウリな大衆酒場まで登場!


酒場らしい酒肴と空間のギャップがニクい!
@『酒場 浮雲』

2018年末に登場した『酒場 浮雲』はモツ鍋店やイタリアンで経験を積んだ店主が開いた酒場。

店主の故郷・宮崎の食材を使い、趣向を凝らした料理が評判だ。

「おまかせ前菜3種盛り合わせ」¥1,000〜(1名分。写真は2名分¥2,600)は“3種”を名乗りつつ人気メニューが盛りだくさん! 中でも、特製ポテトサラダ イクラのせは絶品。旬のフルーツサワーも人気沸騰。


スマートな暖簾がかかった入口から階段を登ると、ナチュラルテイストのインテリアが眩しい空間に。店名どおりふわっとした空気感が漂い、居心地がよい。



最新のカジュアル酒場は既に大賑わい!
@『大衆酒場レインカラー』

9月に開店するやいなや、人気炸裂!同じ鷹番にあるイタリアン『ワイン食堂レインカラー』の2号店で、こちらはサワーやホッピーも楽しめる完全なる大衆酒場だ。390円からお刺身、天ぷらが楽しめ、ドリンクもワンコインで2杯とリーズナブル。また、他では味わえないジビエ料理も人気。


店主・手島義朋さんのサービスもクセになる!


店内はカウンターとテーブル席があり、隣との距離が近いため、ワイワイ楽しめる。ふらっと気軽に寄りたくなる店だ。


東京カレンダー1月号の「TCJ(東京カレンダージャーナル)」では最新のハイエンドなレストランから話題のB級グルメ、東京を遊び尽くすイベントまで、あなたのカレンダー鮮やかに彩る情報を掲載中。是非チェックしてみて。