群雄割拠のアイドル界において絶対的存在感を放ち、「乃木坂46」からの卒業を発表して大きな注目を集める白石麻衣。

白石麻衣さんが表紙を飾る月刊誌4月号では、新たな一歩を踏み出そうとする彼女の本音に迫っている。



白石麻衣さん、大人が隠れ家を求める理由、分かりましたか?


都内でも特に大人の隠れ家が多いエリア、西麻布。

今回、白石麻衣さんをお連れしたのも、その路地裏にひっそりと佇むビルにオープンして1年足らずのレストラン。

希少牛の薪焼きステーキを前に、肉ラバーを自認する白石さんの反応はいかに?



薪焼き好きには言わずと知れた人気店『TACUBO』の田窪シェフが監修を務めるステーキハウス『FORNO』。

控えめに掲げられた看板を目印に、ビルの3階へ。

店内にたちこめる薪の香ばしい香りに、白石さんも思わず表情を緩ませる。


「好きな食べ物ですか?焼肉、ステーキ……お肉です(笑)」

好物を聞かれ、にっこりと答えてくれた彼女。

運ばれてきた、薪火ステーキを前に興奮冷めやらぬ様子。

「お肉を目の前にしたら、ワクワクせずにはいられません❤」


彼女が堪能したのは、鳥取県産の希少な黒毛和牛「オレイン55」のフィレ肉の薪火ステーキ(¥6,000/100g)。

表面はカリカリッと香ばしく、中はしっとりとジューシーな状態で提供される。

絶品肉を一口食べた彼女のとろけるような表情は、月刊誌4月号にたっぷり掲載中!

グループへの愛、仕事への情熱など、「乃木坂46」卒業を控えた白石麻衣は何を語るのか?インタビューも月刊誌をチェックしてほしい!


■プロフィール
白石麻衣 1992年生まれ。群馬県出身。2011年に「乃木坂46」の1期生オーディションに合格し、アイドルの道に進む。2冊目の写真集『パスポート』が女性ソロ写真集として今世紀最大の売り上げを記録し、昨秋、第1回野間出版文化賞特別賞を受賞。ファッションモデルや女優としても活躍中。