「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“妻が垣間見せた本性”に“男の見え透いた嘘への対処法”から“夫とのすれ違いに疲れた33歳美人妻”まで。さて、栄えあるベスト1は?


★第1位
「夫の目の前で、他の男に夢中になるなんて」妻が垣間見せた本性とは

−離婚弁護士に世話になるなんてな。

貴也は、離婚に強いと評判の弁護士を訪ねていた。懇意にしている企業法務専門の弁護士が紹介してくれたのだ。

出会ってみての第一印象は、“パッとしない男”だった。スーツの色も地味だし、そもそも体型にあっていないように見える。

「本日はよろしくお願いいたします」

続きはこちら


★第2位
「寒空の下、品川駅で2時間…」外コン男子に惚れた25歳CAが、受けた仕打ち

今回登場する婚活女子は、慶應から日系CAになって2年目だというホノカさん(仮名)。

これまでキラキラした道を歩んできたという彼女は、結婚相手に求める理想も妥協できないのだという。

しかしその理想を諦めきれないせいで、最近では散々な目に遭っている様子。「男運がない」と嘆く、彼女の恋愛事情を聞いてみよう。

続きはこちら


★第3位
ホワイトデーに、他の女とデートに行った彼氏。男の見え透いた嘘への対処法とは?

いつもなら飲み会中でも連絡を返してくるはずなのに、北斗のLINEには一向に既読がつかない。

急に自分の存在を忘れ去られたような気がして落ち込んだ友里恵は、気を紛らわそうと、何気なく北斗のInstagramのページを開いた。

−北斗の女友達って、どんな子なんだろう。

ほんの一瞬の好奇心から、気がつくと友里恵は、北斗がフォローしている女の子のアカウントを見ていた。

続きはこちら


★第4位
「彼を忘れたいなら、俺を利用すれば…?」出会って2日目で、素性もわからぬ男に心を許した女

―旅の初日。私、出会ったばかりの男と…。

ハッとしてベッドの隣を見る。しかし、そこには誰もいなかった。続いて、自分の体を見る。

日本から持参したパジャマをしっかり着こんでいた。お腹が冷えないように上着の裾をズボンに入れることも忘れていない。

そして、静香はようやく全てを思い出した。キスはした。でもその先はしなかったのだ。

続きはこちら


★第5位
「私が間違ってたの…?」夫とのすれ違いに疲れた33歳美人妻。彼女が下した衝撃の決断

「あとは、ご飯の上に玲の好きな高菜をのせて…。喜んでくれるかなあ」

さらに、スープジャーになめこと豆腐の味噌汁を入れる予定だ。

“30分後、会社のエントランスに来てほしい。渡したいものがある”

ラストスパートをかけながら、康太は玲にラインを打つ。するとすぐに、“了解”とだけ返信がきた。

それを見た康太は、お弁当に忍ばせる予定の小さなメッセージカードを取り出した。

続きはこちら