〝コース料理〞といえば、ある程度決まった形が存在するが西麻布のある小さな店では、そのルールに縛られない。

つぎつぎと繰り出される小皿の数々は、新たな和食の楽しみ方を教えてくれる。



厨房を囲むカウンターが高める店の一体感に身を委ねる心地よさ
『一即夛』@西麻布

和食の魅力のひとつは〝酒のアテ〞としての楽しさだが、その理想形ともいえるのが西麻布『一即夛』のスタイルである。料理も飲み物も含めてひとり1万5,000円前後。

席につくと、最初にひと口サイズの季節のスープが出て、そこからは次から次へと小皿による酒を誘う逸品が続く。

お刺身、のれそれ、カワハギの肝和えetc.丁寧な仕事がなされた多彩な料理がテンポよく提供されていくのが斬新で、器が目を楽しませる。


飲み物は多ジャンル用意があり料理に合わせて提供されるが、料理が多彩だからこそ、慣れた常連は持ちこみ(無料)の日本酒のボトルを多皿に通しでちびちび飲んだりすることもあるとか。

アテをちょっとずつ堪能しながら語らえるのは、デートの環境としてもこのうえなく、珍しい肴が会話のネタになることも。


ぷりっとした食感と海老の香りを直球で楽しめる茹で海老のタルタル添え


魚の旨味と炙りの香ばしさがワインなどとも相性がいい干し白魚の炙り


穴子の稚魚で珍味としても知られるのれそれは、生姜と葱と一緒に生食でつるっといただく


脂に深い味わいをもつクジラベーコン


椎茸のチーズ焼きはバターも香り、噛めばジューシーな茸の水分が溢れでる


じっくり煮て甘みを引き出した新玉ねぎのスープ


中はしっとりとしたレアとなったローストビーフ


軽く干して旨味を凝縮させてから焼いたワカサギ


あん肝を生の状態から下味をつけ、裏ごししたのち味噌で味を整えたあん肝のサンドイッチ


ウニをソースとする湯葉



お酒は日本酒、ビール、ウイスキー、焼酎、ワインなど多ジャンル各1銘柄を取り揃え、持ちこみも可。

最初は持ちこみのお酒を楽しんだ後、店の日本酒に切り替える飲み方もあり。


また、大将と女将さんの飾らない人柄も、和やかな晩のありがたき存在だ。後半には肉や魚がしっかり出て、〆のご飯で心も胃袋も満たされる。

ふたりで再訪を誓いたくなる気持ちいい晩酌がここにはある。