カフェのような小洒落た外観は、女性だらけの店内を想像させる。

しかし、店内に入り、メニューを見ればその印象は一変。大衆酒場のような品々がそろう、ギャップが楽しい居酒屋だった!



スイーツが似合う空間で飛び交う‶ハイボールひとつ″というオーダーが心地いい
『ランタン 池尻大橋店』@池尻大橋

中世の建築様式を模したかのようなアーチ型の大きな窓やエントランスから、いかにお洒落かということがわかる。

外観に惹かれ入店すれば、カウンターと大テーブルにハイスツールが設置された、これまた洗練された空間。

しかしメニューを開けば名物の「鶏もものからあげ」に「イカの塩辛」、「ポテトサラダ」と、大衆居酒屋の定番メニューがズラリと並んでいる。



「日本人もですが、海外の人が来日した時に楽しめる、大衆居酒屋を目指したんです」とマネージャーの足澤隼人氏。17〜19時は唐揚げ+ハイボールが破格の100円というハッピーアワーもある。

とはいえ、安かろうではないのがすごいところ。鶏モモ肉の唐揚げはオイスターソースが決め手の下味を付けて二度揚げするという。

また、ハイボールは強炭酸で爽快感満点。サワーはキンミヤの25%と20%を足して22.5%にするなど、すべてにこだわりの味を追求し、提供している。

お洒落感と大衆感。この2つが共存する空間が心地いい。