20代で“本気の婚活”をする女性の実態を、あなたは知っているだろうか?

彼女たちの中には「結婚適齢期が近づいてきたから」といった、安易な理由で婚活をする人などいない。

平均初婚年齢が30歳近い昨今でも、20代のうちに“特別なひとり”を見つけようと、婚活というサバイバルに果敢に挑んでいるのだ。

前回は婚活で人生が一変した、婚活女子を紹介した。今週は?



【今週の婚活女子】

名前:カオリ(仮名)
年齢:28歳
職業:通信系企業勤務
婚活歴:2年


「結婚するために、とにかくいろんな男性とデートする」これだけを婚活だと勘違いしている人はいないだろうか?

今回登場するカオリさん(仮名)は、一筋縄ではいかない婚活のために、数多くの戦略を練っていたという。

彼女が取り入れていた婚活方法を、さっそく聞いてみよう。


カオリさん:婚活で成果をあげたいなら、ちゃんと戦略を立てるべきですよね。私は婚活仲間の女友達4人とタッグを組んで“100人キャンペーン”というのをしてました。


東カレ編集部:100人キャンペーンですか?それは何なのでしょう?


カオリさん:4人それぞれが「100人とデートするまでに結婚相手を決める!」とルールを設定して、ひたすらいろんな男性と出会い続けるんです。

出会う方法はなんでもOK。早慶・上智のゼミの先輩から紹介してもらったり、お食事会やマッチングアプリから知り合うこともありました。


東カレ編集部:婚活100本ノックですね…!


カオリさん:絶対に後悔しない、本気の相手選びをしたくて。ただ、何となく100人と会い続けていたわけではありません。

せっかく友人4人で婚活をしているわけですから、大事な情報は共有しないと!

そこでとあるものを作成し、友人と協力して婚活を進めていたんです。


カオリさんが婚活のために作っていた、あるものとは?

カオリさん:私たちが作っていたのは、デート相手のスペックをまとめたExcelシート。

“100人キャンペーン”のルールとして、デートした男性のスペックや良かったところ、逆にダメだったところを、逐一Excelへ書き込むんです。

そのExcelはオンラインで共有して、お互いがいつでもチェックできる状態に。


東カレ編集部:すごい…!これなら、100本ノックをサボることすら許されなさそう。


カオリさん:このExcelで、自分がデートした男性のスペックを振り返ったりしてました。

さらにこのExcelには、もうひとつ重要な役割があって。


東カレ編集部:それはなんでしょう?


カオリさん:自分が微妙だな…と思った男性でも、友人が「会いたい!」となれば紹介で繋いだり。縁が広がるような取り組みをしていました。


東カレ編集部:Excelを共有しているなら、ハイスぺ男性の取り合いになったりしなかったのでしょうか?


カオリさん:もちろん、この女友達とは男性の好みがかぶらないと確認した上で、ですよ!お互いに気をつかい合ってギクシャクしないように、気を付けてました。


東カレ編集部:徹底してますね(笑)



カオリさん:こうやってデータでまとめておくと、後々便利なことも結構あって。

何となく流してしまったお食事会も、後日見返してみると「再チャレンジの余地アリかも!」となって、連絡を取り直し、再度デートしたこともあります!


東カレ編集部:落ち着いて考え直すことで「結構イイ男性だったかも…?」と思えるものなんですね。


“100人キャンペーン”をした彼女たちの、婚活の結末とは…!?

カオリさん:デート相手のスペックをExcelにまとめる作業は「男性の評価をして、次のデートに進むか判断するためのもの」という意味もあったのですが。

一方で「相手への態度を振り返り、反省するためのもの」でもあったのかもしれません。相手の反応は、自分を映す鏡でもあることが多いので。


東カレ編集部:ただ一方的に、男性への評価を下すツールではなかったんですね。


カオリさん:はい。これは、かなりメリットのある作業だったと思います。

それに、一緒に“100人キャンペーン”をしていた友人は、すごくモテる子で。そんな彼女たちと婚活することで、勉強になることも多かったし、やってよかったですね。



カオリさん:徹底的にPDCAをまわして、外見も内面も磨くことを怠らないようにして。

その結果、4人全員が先月までにお目当ての男性と結婚することができました!


東カレ編集部:全員ですか!よかった…!


カオリさん:みんな“100人キャンペーン”を通して出会った男性と、結婚を決めましたよ(笑)

ちなみにExcelシートは予想以上の効果を発揮して!

“100人キャンペーン”に参加していなかった友人に、Excelシートの中から男性を紹介したところ、先月その彼と無事に結婚しました!

まさか結婚するとは思っていなかったので、意図せずキューピットに♡


東カレ編集部:すごい効果ですね。ちなみに、カオリさんは何人目で出会った男性と結婚を決めたんですか?


カオリさん:53人目でしたね。初めてデートしたときから気が合って、4時間も語り合ったんです。背伸びせず居心地のいい関係でいられるので、彼に決めました。

“100人キャンペーン”を通して最善の人を選んだ実感があるので、今とても幸せです!


婚活を成功させたカオリさんが、婚活女子に伝えたいこと

東カレ編集部:皆さんが「20代で結婚する」ことに、ここまでこだわっていた理由って、何だったのでしょうか?


カオリさん:30代になって、余裕がなくなってからの婚活は、焦りがあって失敗しそうだなと思っていたので。

あとは、30代になると純白のウェディングドレスが似合わなくなってきて、アイボリーのドレスをおすすめされると聞いて…。「やっぱり白のドレスが着たいよね!」というのがみんなの願いでした(笑)



カオリさん:そんな私も20代前半の頃は迷走してました。カッコよさにつられて一夜限りの関係で終わったことも何度か…。

一度しか関係を持たなかった男性から、心無い言葉をかけられたりしてすごく傷ついたり。

お食事会に行けば、気になる男性にうまくアピールできず、他の女子に取られてしまって撃沈…なんてことも多々ありました。


東カレ編集部:うまくいったことばかりではなかったんですね。


カオリさん:さすがに“100人キャンペーン”をマネするのは大変だと思いますが(笑)

ひとりで出会いを増やしても、うまくいかないことが続けば気が滅入ると思うので。私たちのようにチームを組んで婚活するのも、ひとつの戦略だと思いますよ。


東カレ編集部:今、婚活をがんばっている女子にメッセージを送るとするならば、何を伝えたいですか?


カオリさん:この人!という人を見つけたら、とことん誠意をみせること。

ただ“誠意を尽くす”のと“重い”のは違います。

尽くし続けるのは独りよがりになりがちなので、恋愛だけに依存せず、自分を向上させるために仕事もがんばってほしいです!





数か月に渡り続けてきた「U-29女子の婚活サバイバル」も今回が最終回。20代女子のリアルな婚活事情を描いてきたが、いかがだろうか。

本連載が、読者の結婚観を振り返るきっかけに、少しでもなっていたら幸いだ。


Fin