「おひとり様だって、気軽に美味しい鮨を楽しみたい…」。そんな希望に応えてくれるのが、今回紹介する『スシキサラギ』だ!

2016年に開業して以来、良心的な価格設定で着実にファンを増やし続けてきた人気店の魅力を紹介しよう。


おひとり様ウェルカム!バーのようなオシャレ鮨店

都営三田線三田駅から徒歩すぐに位置する『スシキサラギ』。初めて訪れたならその鮨店らしからぬモダンな佇まいに、まず驚くだろう。

戸惑いつつ店内へと入れば、コンクリートの内装にハイチェアが並び、まるでオシャレなイタリアンにでもいるような感覚に陥ってしまう。

同店で腕を振るうのは、若き店主・金城和樹氏。「女性や若い人でも気軽に鮨を楽しめる場所を作りたい」という彼の想いが、店内のデザインから伝わってくる。


大満足のコースをリーズナブルに堪能

そんな空間で味わうのは「おまかせコース」(1人前10,000円)。つまみ3品、握り10貫という大満足のコースを、この価格で楽しめるのは嬉しい限り。

通常、一品目に用意されるのは旬の食材を使用した酢の物などの小鉢料理だが、この日は桃の節句をイメージした華やかな品々が揃う「雛盛り」。

前菜のお供には「雨後の月スパークリングアジア微紅(びこう)」がおすすめ。日本酒とは思えないほど飲みやすく、鮮やかなロゼ色はグンとテンションを上げてくれる。


大将と交わす和やかな会話も
食事に“楽しさ”という彩りをプラス

続く「若竹鍋」や「真鯛の青のり餡かけ」といった料理からも店主・金城氏の丁寧な仕事ぶりが感じられ、お酒とともにゆっくりじっくり堪能したい味わいだ。


ゲストと目線がしっかり合うよう高さに工夫を施したカウンターは、沖縄出身の金城氏との和やかなトークが弾む。

そんな店内の雰囲気も『スシキサラギ』の魅力のひとつだ。


お待ちかねの握りは全10貫
定番と旬のネタを織り交ぜ提供

つまみ3品を楽しんだ後は、握り10貫が供される。

地元・沖縄で『きさらぎ寿司』を営む父の影響もあり、幼い頃から鮨職人を目指してきた金城氏。


リーズナブルな値段でありながらも、使用するネタや食材に一切妥協はしない。

毎朝自ら豊洲市場に出向き、納得のいく良質なネタを仕入れているのだ。


甘みのあるシャリが口の中で
ネタと一体となる瞬間が堪らない

女性でもひと口で頬張りやすい小ぶりな握りは、甘めのシャリとネタが口のなかでとろけるように握られる。

最初の一貫として供される「スミイカ」をはじめ、「まぐろ赤身」、「中トロ」といった定番ネタの合間には、「赤貝」や「さより」といった旬のネタが供され、握りでもしっかりと季節の味を楽しませてくれる。


伊豆下田産「まぐろ赤身」


伊豆下田産「中トロ」


このうにのワンスプーンは絶品だ!

同店名物「うにと酢飯のマリアージュ」は必食の美味しさ

握りのなかでも同店を訪れる人の楽しみとなっているのが「うにと酢飯のマリアージュ」。

シャリに生うにを混ぜ込みスプーンに盛った贅沢な一品だ。口に運べば、うにの旨みと甘みが口いっぱいに広がっていき、一気に“口福感”で満たされる。


濃厚なうにの旨みを楽しんだ後は、爽やかな酸味が駆け抜ける「小肌」が供され、口の中をすっきりリセット。

小肌の上品な味わいからは、丁寧な仕事ぶりが感じられる。


穴子極限の柔らかさに出会える一貫

コース終盤、手渡しで供されるのが「穴子」。柔らかな穴子の食感を楽しめるよう、提供する直前に煮汁で温め直してから、握るのが『スシキサラギ』流。これが堪らなく美味。

口に入れた瞬間とろける穴子の優しい食感と共に、旨みが駆け抜けていく感覚は、強烈な印象を与えてくれるだろう。

そして〆にはかんぴょう巻きも供される充実のコース内容に「本当にこれで10,000円?」と思ってしまう。


様々な心遣いが居心地のよさを演出

ハイスツールでも疲れずリラックスできるよう、足元にちょうどよく足置きがあったり、口開け直後のフレッシュな日本酒の味を楽しんで貰えるよう小さめの1.7合瓶でお酒を供したり、どこまでもゲスト想いに満ちた『スシキサラギ』。

そんな魅力に惹かれる女性も多く、時にはおひとり様の女性だけで店内が満席になることもあるというから驚きだ。


おひとり様でも、遠慮せず思いっきりお鮨を味わいたい!

そんな日にこそ『スシキサラギ』を訪れて欲しい。