ー婚活の邪魔をするモノー

それは、好きになってはいけない人に、心惹かれてしまう自分そのものだ。

そして、自分を納得させるために、人は自分に嘘をつく。

女と男の、4話完結のショートストーリー集。

1話〜4話は『片想い』、5話〜8話は『運命の人』、9話〜12話は『曖昧な関係』をお送りした。

13話〜16話は『踏み出せない恋』。

◆これまでのあらすじ

2019年4月。絶賛婚活中にも関わらず、結婚願望のない男・大倉雅人(36)を好きになってしまった林優希(31)。とうとう大倉と食事に行きいい雰囲気になるが、想いを断ち切り結婚に適した男を探すため、さらに婚活に精をだすが…。



これまでの人生、何人の男に心を奪われてきただろう。

恋愛体質な私は、人より多く恋をするという経験をしてきたが、いつも心惹かれるのは同じタイプの男だ。

しかし、あんなにも夢中だったはずなのに、時が経つと過去の恋は色褪せて見え、何故彼らのことが好きだったのかすら思い出せないことも多い。

過去の経験から、恋愛感情とは一時的なものだと十分すぎるほどに分かっているはずなのに。

―なのに、どうして…。

ふと気を抜くと、大倉からの口説き文句ともとれるセリフを思い返し幸福感に満たされてしまう。しかしすぐに、『結婚願望はない』というあの言葉が追いかけてきて、私の気持ちを厚い雲が覆う。

「31歳にもなって私、何してんだろ」

そんな独り言を漏らしながら、何気なくスマホに手を伸ばした、その時。


大倉への想いを寄せながらも、婚活を頑張ろうとする優希のもとに、ある男があらわれる…!?

理恵:久しぶり、元気?!^^来週の水曜空いてたら、久々にお食事会どう??

それは、婚活仲間からのお誘いだった。

―どうせ食事会なんかでイイ男に出会えるわけがない。

そんな風に思っていたものの、大倉のことを忘れたかった私には絶好のタイミングだった。そして、そこで出会ってしまったのだ。

「はじめまして、豪太と言います。渋谷のIT企業で働いてます」

気取ることのない笑顔を向けたその男と目が合った瞬間、どこか温かい気持ちに包まれた感覚がしたのだ。

それは、大倉に感じるどこか危うい男の色気とは全く違う種類のものだった。



婚活を本格的に始動して以来、婚活パーティーやアプリで、多くの男と出会ってきたが、結婚という目的の下で次々と知らない男と出会っても、ときめくどころか疲労感に襲われるだけだった。

だが、豪太から漂う温かな空気は私にとって一筋の光となった。

「優希さん、仕事頑張っていて本当素敵です。僕も、ずっと仕事ばかりで…。一時期ストレスで一気に白髪が増えちゃってね」

渋谷のIT企業で役員をしているという豪太は、気取ったり、がつがつと口説くこともなく、落ち着いた雰囲気の大人な男だったのだ。

―彼なら、大倉を忘れさせてくれるかもしれない…。

私は彼と順調にデートを重ねた。

重ねたのだが…。


優希が気付けなかったあることとは…。

あれは、豪太と何回目かのデートに行った時のこと。

慣れない日本酒を飲んで酔ってしまい、自宅までタクシーで帰宅しようと大通りに向かっていた。ヒールのせいもあり体がよろけてしまったその時、豪太に支えられたのも束の間、気づくと彼の唇が目の前にあったのだ。

「いやっ…」

この時、私はほとんど反射的に彼を遠ざけてしまった。

「あ、ごめんなさい。付き合ってない人とは…」

「そうだよね、ごめん」

咄嗟にそれっぽい言い訳をして場を取り繕ったが…。

私は、豪太を反射的に拒絶してしまった。温かな空気や人間性などを考えると、彼が結婚に適した男だと十分に理解している。…だけど、どうしても男としての魅力を感じられなかったのだ。

ー好きになれると思ったのに…。好きになりたかったのに…。



「林さん、全然飲みに行ってくれないから嫌われちゃったかと思ったよ」

「そんなことないですよ。ちょっと忙しくて…」

「ん、そんなことないってことは…?」

相も変わらず、遠回しな物言いで誘ってくる大倉を目の前にすると、どうしても、自分の中の女の部分がでてしまう気がする。

豪太の一件があって以来、ちょうど仕事の繁忙期が重なったことにかこつけ、仕事ばかりに夢中になっていた。

そして、人が弱っているところを察知する大倉の嗅覚は、野性的なものがあるらしい。突然一心不乱に働き始めて心配だと、大倉に半ば強引に飲みに連れてこられたのだが…。



「大倉さんも、そんな冗談ばっか言ってないで彼女探せばいいじゃないですか」

「いや、彼女になってほしいと思ってる人はいるんだけどさ」

「そうなんだ、どんな人なんですか?」

「え、どんな人っていうか…。それ、誰かって言わないとわかんないかな?」

だから悪い男なんだ、この大倉という男は。

獲物をかるような目に吸い込まれそうになるが、必死で自分をコントロールする。

私は結婚できる相手を探さなくてはいけない。ここは、サラりとかわさなくてはいけない。

「林さん、まじで僕のことどう思ってる?」

彼のまっすぐに向けられた眼差しに、私の本能は逆らえなかった。

「…素敵だと思います」

「そう言ってくれると嬉しいな。本気にしていい?」

「ん〜、どうかな…」

もしかしたら、自分の気持ちに嘘をつかず、トキメク相手といた方が幸せなんじゃないか…。

本能に流されるままその日は随分長い時間、大倉と杯を交わして、次の約束まで取り付けてしまった。

一目惚れした、本気で好きな男からの好意を感じる、束の間の幸福なひと時。

―だけど。

この時の私は知らなかった。自分があんな決断をする日がくるなんて…。


▶Next:5月7日 木曜更新予定
―第4章―最終回。優希は婚活を諦め、大倉を選ぶのか?それとも…?