麹町のイタリアン新店『トラットリア ピエトラ ビアンカ』の大満足テイクアウト!

イタリア・プーリア州で3ヶ月間、農民生活を送っていたという希有な経験をもつ本間シェフ。彼が作り上げる料理は、どれも食材のもつ美味しさを最大限に引き出したものばかり。この機会にテイクアウトで堪能してほしい!

【テイクアウトメニュー】《価格は全て税込》
 ✓ピエトラビアンカのメイン6種類盛り合わせプレート ¥7,020
 ✓前菜盛り合わせプレート ¥3,780
 ✓粗挽ハンバーグのパニーニ ¥650
 ✓ロースカツのパニーニ ¥650
 ✓マグロ照り焼きハンバーグのパニーニ ¥650
 ✓キレド野菜のパニーニ ¥600 など

【予約方法】
 電話、店頭での予約受け付け
 11:30 〜 15:00(14:30 L.O.)
 18:00 〜 23:00(22:00 L.O.)

◇トラットリア ピエトラ ビアンカ TEL 03-6261-4568

※5/6時点での情報です。最新情報は店舗公式サイトをご確認ください ⇒ https://www.instagram.com/trattoria_pietrabianca/


【店舗紹介】魚が美味いイタリアン!やま幸のマグロが予想を超えた美味しさに!

2020年1月、麹町にオープンした『トラットリアピエトラビアンカ』は、新鮮な魚介や野菜の美味しさを楽しめる注目のイタリアンレストランである。

200種以上の魚介類の水揚げを誇る三重県尾鷲漁港から直送で仕入れる旬の魚介や、世界各国の野菜を生産している千葉県の農家「キレド(粟田さん)」から仕入れる完全無農薬有機野菜など、厳選食材で作る料理はどれも素材の力強いエネルギーを感じさせてくれるものばかり。


使用する部位は尾の部分。皿の手前に美しい断面で並べられるのは赤身。こちらは、サッと表面に火を入れレアに仕上げている。

まずはそのまま何も付けず本マグロの赤身ならではのシンプルな美味しさを堪能して欲しい。

味付けは塩のみとは思えないほど、豊かな旨みが口に広がり、炭火のいい香りもアクセントになっている。


メインの前には「今日の魚介プーリア式小皿前菜の盛り合わせ」と共に、ワインを楽しみたい。

前菜を一品ずつ小皿で供されるというプーリアの習慣にならい、同店では2人前以上の場合は、一皿で一品ずつ供するスタイルになっているのも楽しい。

内容はその日の仕入れによって変化するが、この日は「めじなのカルパッチョ自家製カラスミかけ」、「ゴールデンラーパ(黄色い蕪)のスープ」、「ホタルイカのトマト煮」、「牡蠣の燻製」、「ブリのカルパッチョ」の5種をご用意いただいた。


人気パスタは「本日の貝のスパゲッティ自家製ロザマリーナ和え」。

イタリア・カラブリア州の伝統的な調味料「ロザマリーナ(しらすの塩辛)」をヒントに、シェフが白魚で作り上げる自家製ロザマリーナが味の決め手。

広島県産牡蠣の旨みに、ロザマリーナの白魚のコク、唐辛子のピリッした辛みが効き、ワインの進む味わいに仕上げられている。

季節毎に表情を変えていく“旬の美味しさ”を今はテイクアウトで味わってほしい。