フレンチと小料理屋が融合した『ラレーヴ』のコスパ高きテイクアウトを自宅で堪能!

麻布十番駅から徒歩2分の場所に位置する『ラレーヴ』は、フレンチ小料理屋という新しきジャンルの店だ。繊細な味わいのモダンフレンチにどこかほっとする親近感のある味わいの小料理のエッセンスが加えられている。

そんな『ラレーヴ』の名物「フレンチおばんざい」と『ベージュアラン・デュカス東京』で修行していたご主人がじっくりと焼き上げた「尾崎牛の溶岩焼き」が楽しめる、コスパ高きテイクアウトメニューをご紹介!


【テイクアウトメニュー】
✓2〜3名様向け
フレンチおばんざい盛り合わせ(10品程度)、尾崎牛の溶岩焼き 200g、自家製パン 2種類 10,000円(税込み)

✓お1人様向け
フレンチおばんざい盛り合わせ(6品程度)、尾崎牛の溶岩焼き 100g、自家製パン2種類 5,000円(税込み)


【注文方法】
予約方法/前日23時までのご予約制、お問い合わせはInstagramのメッセージか電話がメールにて
Instagram:https://instagram.com/petit_restaurant_la_reve?igshid=1l4ts3oa0uykm
電話番号:03-6230-8477
メール :yume.kada@gmail.com

受け渡し時間/11:00〜20:00

※5/6(水)時点での情報です


【店舗紹介】"フレンチおばんざい"という唯一無二の味わいを供する、麻布十番の注目店

『ラレーヴ』は夫婦で営むフレンチ。ふたりは修業時代に『ベージュアラン・デュカス東京』で出逢った料理人でともに渡仏経験もある。

奥様の〝小料理屋がやりたい〞という想いと今までの経験を合わせ、現在のスタイルで独立。

繊細な味わいは素材を生かすモダンフレンチの真骨頂だが、店内はカウンター席のみで空気感はいたってアットホーム。


カウンターの上には独創的なおばんざいが常時12品ほど用意されている。

日替わりのメニューもあるため、常に新しい味に出合える。


アラカルト主体のお店だが、東京カレンダーがオーダーして「特別コース」が実現。内容は料理6品にシャンパン1杯とワイン3杯のペアリングが付く充実ぶりで\9,900。

こちらはコースの冒頭に登場する「おばんざい盛り合わせ」。パテ・ド・カンパーニュを詰めた「レンコンのはさみ揚げ」といったフレンチの技法が活きた料理も。

コースはこの後、冷前菜、スープ、温前菜、メイン、デザートと続く。


「プティ・ポワ冷製ポタージュ」。

グリーンピースが主役のポタージュ。甘海老のジュレ&タルタル、カリフラワーのムースと合わせた。目の前で仕上げられる。


メインの「エゾ鹿外モモ肉」は溶岩でじっくりと焼き上げる。

引き締まった赤身肉だが、時間をかけて焼き上げることによって、驚くほどに柔らかい仕上がりに。