神業級にパラッパラな蟹チャーハンは、ふくよかな香りをはらみ口の中で旨味が弾ける!

やっぱり中華は家よりも、プロフェッショナルな味が食べたいもの。

恵比寿で中華を楽しみたいなら2020年2月にオープンした新店『恵比寿中華泰山』を訪れてほしい。

<人気関連記事>
・恵比寿で寿司ランチなら軽めでも大満足コースがいい!女子おひとり様OKな人気店!

・ぷりぷりのエビフライにタルタルソースが最高の幸せだ!大人にぴったりの名店5選


個別サーブで安心できる
中華の名店が恵比寿に誕生

名店ひしめく恵比寿に、また新たな注目店が誕生した。その名も『恵比寿中華泰山』。

中華と聞くと大皿料理を取り分けながらというイメージだが、この店は懐石料理のように一品ずつ個々盛りで供してくれるのだ。

”取り分け”の手間がなく、安心して料理に集中できるのは嬉しい限り。


優しく繊細な味わいの料理に
九谷焼きの器が彩りをプラス

まずオーダーしてほしいのは「季節の前菜盛り合わせ」。

「大山鶏の低温調理よだれ鶏」や「クラゲの冷菜」、「美明豚の窯焼きチャーシュー」、一度食べるとヤミツキになる「黒糖ピーカンナッツとカシューナッツの麻辣味」などが楽しめる。

また、九谷焼きの器で料理を供するのも同店の魅力。豊かな色彩が食欲を刺激してくれる。


腕を振るうのは、名店『赤坂離宮』や横浜中華街の人気レストランなどで経験を積んだ菅野能仁シェフ。

広東料理をベースに、和の食材も積極的に取り入れ繊細な味わいに仕上げた料理は、風味豊かで食べやすく、日本人の五感を刺激してくれる。


必食の旨さ!シェフ渾身の一皿は“炒飯”

『恵比寿中華泰山』を訪れたなら、必ずオーダーしたいのが菅野シェフ自慢の逸品である“炒飯”だ。

シェフが料理の中でも誰にも負けない自信作と語るだけあって、その味わいは極上。

テーブルへと運ばれてきた瞬間に漂う香りも堪らない!


特徴は、米一粒一粒がパラパラとほどけつつも、しっかりと水分を保っているところ。

しっとりとした口あたりを感じたかと思うと、すぐにはらりとほどけていく感覚は、まさに“理想を越えた炒飯”と言っても過言ではない。

シェフが中華街で学んだ技術で生み出されるこの極上の味わいは、一度は食べてみる価値ありだ。


とろけるフカヒレの食感に
旨みたっぷりのスープが絡む贅沢な一品

広東料理の代表格である「フカヒレの姿煮」もぜひ味わって欲しい逸品のひとつ。

豚もも肉、丸鶏、金華ハムを6時間ほどゆっくりと炊き上げて完成する上湯スープと、二湯(イートン)スープ、2種類のスープを合わせて作る旨みたっぷりのスープが、フカヒレの美味しさを引き立ててくれるのだ。


スープが絶品なあっさり麺も食べてほしい!

〆に最適なあっさり麺もたまらない!

〆には「国産葱入りあっさり湯麵」のオーダーもおすすめ。

豚もも肉、丸鶏、豚ガラを6時間炊き込み作り上げる二湯スープに、ナンプラーをベースに作る醤油などを加えて作る淡麗なスープは、ホッと心の温まる味わい。

落ち着いた和の装いの店内にはカウンターと完全個室がしつらう。2名から個室を利用できるのも嬉しい。

しっとりと中華を楽しみたい日には『恵比寿中華泰山』を訪れよう。


2名〜利用可能な個室も用意


恵比寿駅から徒歩6分のビル2階に位置