およそ1,400万人が暮らす、現代の東京。

そのうちの実に45%が、地方出身者で占められているという。

東京にやってくる理由は、人それぞれ。だが、そこに漠然とした憧れを抱いて上京する者も少なくないだろう。

これは、就職をきっかけに地方から上京した女が、東京での出会いや困難を通して成長していく「社会人デビュー」物語。

大都会・東京は、はたして彼女に何を与えてくれるのか…?



—2018年6月—

ここ数年、就職希望者の選考活動が行われるスタートとして定番となった、6月1日。

北海道にある大学に通う4年生の佐々木美咲も、この時期を緊張しながら待っていた1人だ。

多くの企業が、一斉に採用面接を始めるタイミング。美咲の第一志望の会社も、例に漏れずであった。

そこは、メガベンチャーとして有名な広告代理店である。

―頑張らなきゃ。これが最初で最後のチャンスなんだから。

美咲は、北海道の小樽で生まれ育った。小中高は地元の公立だったし、さらに現在通っている大学も北海道だ。これまで地元を離れたことはほとんどない。

ただし、大学在学中に1年間だけ、スウェーデンに交換留学していたことはあった。

留学中、長期休暇に入ると、一人でヨーロッパ中を旅行した。イギリスやフランスといった王道の国はもちろん、スロベニアやリトアニアなどの国まで旅したのだ。

といっても、時間もお金も限られていたから、せめて必ず「首都」は訪れるようにした。その国を最低限知るために、政治・経済・文化の中心地とも言える首都を見ておきたかったから。

だが、様々な国の首都を見るうちに、ふと我に返ったのである。

―あれ、私そういえば…。自分の国なのに、東京についてあんまり知らない。旅行で何回か行ったことがあるくらいだわ。

これまで美咲は、当然のように大学卒業後も地元に残って就職するのだと思い込んでいた。

―でも人生で1度くらい、地元を離れて東京で生活してみたいなあ…。


美咲の「東京デビュー」計画が、いざ動き出す・・・!

特に自分が「何か」になるといった明確な目標や夢があるわけではない。

美咲は、留学中に見たそれぞれの国の首都、そこで暮らす人々の活気に溢れた表情を思い返しながら、ぼんやりと考える。

ー東京で暮らすって、どんな感じなんだろう…。

不意に、5歳離れた従姉のことを考えた。東京で働いている従姉とは、そこまで親しい間柄ではないのだが、インスタグラムやFacebookなどのSNSをフォローしていた。

彼女が投稿する写真やそこから見える日常は、まさに東京での充実した社会人生活を物語っている。

これまでは流し読みする程度だったが、いざ「東京」を意識し始めると、急に現実のものとして目に入ってくるから不思議だ。

気づけば美咲は、彼女のような生活が送れるような気がして、自分自身が上京するストーリーを頭の中で描いていたのだ。

こうして、始まりは漠然と、しかし次第に「東京」への憧れが強くなっていったのだった。

―私、就職活動は東京にある企業を受けてみようかな…!

1年間の留学を終え、3年生の夏に帰国した美咲は、まずはインターネットで色々な会社の情報を集め始めた。

―まただ。入社後数年間を地方で過ごさせる日系企業ばかりね…。これじゃ意味ないのに…。

「東京」に本社を構えていても、入社から数年間は営業として地方に転勤させる、という日系企業は多い。

美咲の就職希望条件は「東京在住」が大前提。そこでいくつか調べていくうちに、あるIT系の広告代理店に興味を持ったのである。

内定者の約半数が、美咲と同じ地方出身者であることも、志望度に大きく貢献した。

4年生となり、ついに迎えた採用時期。面接では留学時代の経験や学んだことを中心に自己PRをした。

ヨーロッパでの一人旅などのバイタリティが評価されたのか、最終選考を受けた翌日、美咲は人事部門からの非通知電話で内々定を通達されたのだった。

―やった!来年の春からは東京で1人暮らし!楽しみだわ。

美咲は、胸を高鳴らせた。





—2019年3月最終週—

内定を得てからは、毎日があっという間に過ぎ去った。

残り少なくなった学生生活を名残惜しむ一方で、4月から始まる東京生活に希望は膨らむばかり。

北海道にいる美咲にとっては、インターネットやSNSから入ってくる情報のみが、最も信頼性が高く、最新のものだ。

「東京って、オシャレなお店が本当に多いのね…。わぁ、東京タワーのすぐ隣にこんな素敵なレストランがあるのかぁ」

気付けば、インスタで「#東京」「#東京レストラン」などと検索し、代官山のテラスがおしゃれな『IVY PLACE』や、東京タワーが見える『ワカヌイ グリルダイニング』などを見つけたり、東京の有名私大に通いながら読モをやっているような女子大生の投稿を見るのが日課になっている。

「それに、女の子たちのレベルがやっぱり高いなあ…。私、大丈夫かな?…きっと大丈夫よね」

美咲はスマホの画面を見つめながら、そんなことを呟いた。

自慢ではないが、美咲は容姿が優れている方だ。

もちろん読モをやっているような子達とはレベルが違うことは自覚しつつも、一般的に見て可愛い部類に入ることは、22歳までの人生でなんとなく察してきている。

例えば、美咲が内定を貰っている会社は、インターネットの一部界隈では「顔採用」と話題になっている会社でもある。

実際に、就活を通して出会った現役社員や内定者たちは、世間一般の基準からすると美男美女の部類に入る人が多かった。

だからこそ、東京に行けばもっともっと華やかで輝かしい社会人生活が待っていると、素直に信じていたのだ。美咲はすっかり浮かれていた。

―キラキラしたOLになって、素敵な彼氏が出来たりして…!

いよいよ明日は、東京に旅立つ日だ。

自分で決めたこととはいえ、やはり実家で過ごす最終日の夕食は寂しさがこみ上げてくる。

「辛くなったら、いつでも帰って来いよ」

いつも美咲のやることには意見すらしない父が、そんな風に言うとは思っていなかったため、思わず泣きそうになる。その顔を必死に隠しながら、美咲は早めにベッドに入った。


いよいよ訪れる、上京の日。東京生活に胸を踊らせる美咲だが、さっそく現実を突きつけられることに・・・。

そして、4月1日を迎えた。

美咲は今日の入社式に備えて、東京には数日前に引っ越してきた。

新居の最寄駅は、奥沢。昨日までは母親もこっちに滞在してくれて、引っ越しや準備のあれこれを手伝ってくれた。

美咲は入社式の会場に向かいながら、母と一緒だった昨日までの数日間を思い返す。

上京した当日は、移動しただけなのに、正直疲労感でいっぱいだった。初日から、想像以上に人酔いしてしまったのだ。

―東京って、本当に人が多い…。でも慣れていくしかないわね…。

それからも片付けや様々な準備に追われ、あっというまに今日を迎えた。せっかく東京に来たというのに、おしゃれなカフェ巡りやショッピングなど、思い描いていたことが何も出来ていない。

だが、東京暮らしは始まったばかりなのだ。焦ることもないだろう。

数日間滞在して、生活の基盤を一通り整えてくれた母親は、北海道へと戻る際にこう言い残していった。

「これから嬉しいことばかりじゃなく泣きたくなるようなこともあると思うけれど、お父さんが言っていたようにいつでも頼ってちょうだいね。社会人おめでとう」

「お母さん、ありがとう。大丈夫だよ、きっと楽しんでみせるから!」

母とのやりとりを思い出しながら、美咲は会場に到着した。

就活時代からのスーツは野暮ったくて好きではないが、今日だけの辛抱だと自分に言い聞かせる。

会場には、既に大勢の新入社員が集まっていた。同期として一緒に働く仲間のはずだが、そのほとんどが美咲にとって初めましての顔だ。

それもそのはず、これまで内定式で1度集合したことがあるくらいで、それ以降は同期に会ったことがない。

同期だけでも150人を優に超えているため、誰が誰だか全く分からないのだ。しかし約半数が地方出身だと聞いている。そうであれば、美咲と同じような子も多いはずだ。

会場の巨大なスクリーンには、入社式および研修時のグループ分けと名前が記載されていた。

美咲は自分の名前が書かれたグループを探しだし、指定された席へと向かう。 ところが、同じグループの子に声を掛けて仲良くなろうと考えていたその時、甲高い声ではしゃぎ合う女子同士の姿が目に飛び込んできた。

「久しぶりー!元気だった?今日の夜、入社のお祝いで『アシエンダ デル シエロ』行かない?」

「アシエンダ、いいねー!ルーフトップで飲みたい気分〜」

そのような会話が飛び交い、すでに顔見知り同士が集まっているようだ。



人事側から指定されたグループとはおそらく違う、もともと既に友達あるいは顔見知りであったであろう者同士が、キャッキャと盛り上がっていた。

それも1つではなく、いくつかのグループが既に出来上がっているのだ。美咲は少しだけ疎外感を感じ、妙に焦ってしまう。

おそらく、同じ大学から複数名内定しているような子達なのだろう。楽しそうにおしゃべりに興じている。

逆に言えば、美咲のように1人でいる子は、地方出身で誰も知り合いがいない状態なのかもしれない。

しばらく呆然とその様子を見ていたが、ふと美咲はあることに気が付いた。

―待って。なんか皆、すっごく可愛くない?なんであんなに髪の毛がウェットなのにおしゃれに見えるんだろう?あのリップ、どこの?

美咲は、同い年のはずなのに、自分と比べて100倍洗練されている女性陣に、衝撃を受けてしまった。

何より、彼女たちはまとっている空気感が違うのだ。

それは、自分と彼女たち…いや、自分のように地方から上京してきたばかりの女と、そうではない女性陣との決定的な違いのように感じられる。

そのうちに、定刻になったのか人事担当者たちが入ってきて、提出書類を回収し始めた。

美咲もあわててバッグから書類を取り出して、机の上に揃えて置いた。回収の順番が来るのを待つ間、恐る恐る周りを見回してみる。

そしてハッとした。

―あれ?私、なんだか、田舎っぽい?

グループでつるんで、おしゃべりに興じている女の子たちが持つ雰囲気は、単純に顔がかわいいとか、そういうものではないように思えた。

朗らかに笑い合う彼女たちの、垢抜けたオーラ。それに、入社式のためのスーツも、持っているバッグも、メイクやヘアスタイルも自分とは全然違う。もっと言えば、会話の内容すらついていけない気がした。そのオーラに圧倒されて、尻込みしそうになる。

そしていよいよ、入社式が始まった。華やかなライトアップとともに、巨大スクリーンのオープニングムービーが流れる。

開会の辞の後には、ド派手な会社紹介ムービーや辞令交付。進行していくにつれて、ついに社会人デビューを果たしたのだという実感が次第に湧いてきた。

続いては、社長による祝辞だ。さっきは自分だけが浮いているような気がして怯んでしまったが、社長の超熱血スピーチを聞きながら、美咲は、ぎゅっと拳に力を込めて決意した。

―私の東京デビューはこれからだもん…。内面も外見も、絶対に「東京」に見合うような女になってやる。

こうして、彼女の東京生活が、幕を開けたのだ。

▶他にも:「今夜の約束、どうするの?」デートの予定を確認した女が、男から言われた衝撃の言葉

▶NEXT:7月7日 火曜更新予定
綺麗になろうと必死で努力するものの、想定外の突っ込みを受けてしまった女