「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“美女の部屋で、商社マンが目にした光景”に“「2強」時代に突入した石油業界を制するのは?”から“非常識な男に伝えられた、衝撃の事実”まで。さて、栄えあるベスト1は?


★第1位
「え、こんなとこに住んでるの?」初めて訪れた美女の部屋で、商社マンが目にした光景

毎年連休初日は大学時代の友人たちと集まり、景気付けのために“質の高い食事会”を開催している。

「今夜のお相手は全員ミスコンファイナリストだったのに…」

—マジで、楽しみにしてたのに、身体が入れ替わった状態でどうすりゃいいんだ?

“僕の姿をした麗奈”を宴に送り出し、連休初日に家で寂しく指を咥えて待ってるなんて耐えられない。僕は腕を組み、暫し物思いに耽っていると、麗奈が何かを思い出したような顔をして口を開いた。

続きはこちら


★第2位
【早見表つき】誕生日でゲッターズ飯田が占う!「2020年下半期のあなたの運勢」大発表!

「恐ろしいほど当たる占い」が話題の、ゲッターズ飯田さんに2020年の下半期の運勢を緊急取材した!

ここではみなさんの運勢を、12タイプ別に分け、ランキング形式でご紹介。

自分のタイプを早見表で確認して、是非チェックしてみていただきたい。

続きはこちら


★第3位
貝殻マーク“消滅”へ!ついにブランド統合…「2強」時代に突入した石油業界を制するのは?

石油元売り大手の出光興産は19日、昭和シェル石油との経営統合に伴い、2021年4月から給油所のブランドを「アポロステーション」に統一すると発表した。

出光と昭和シェルは2019年4月に経営統合したが、給油所ブランドは出光のアポロマークと昭和シェルの貝殻マークが併存していた。

続きはこちら


★第4位
難攻不落の美女を落とした、恋愛経験値低めの男。彼が彼女の心を動かせた理由

室井もビジネスでやっていること。そんなの百も承知だが、これまで親身になってくれた彼女には、なぜ心変わりしたのか、休会のきっかけなど、胸の内を聞いてほしい気持ちもあったのだ。

−“察してちゃん”じゃダメだ。自分で意思表示しなくては。

そう思った進太郎は、室井が休会方法について説明を終えたタイミングで、おずおずと切り出した。

「実は、将来を考えたいと思える人に出会えたんです」

続きはこちら


★第5位
別れた彼女の職場に、突然押し掛ける元・婚約者。非常識な男に伝えられた、衝撃の事実

明子の姿はなく、敏郎は逆にホッと胸をなでおろす。それもそのはず、彼女のシフトが入っているはずの曜日を避けてきたのだから。

―別れた恋人が突然職場に乗り込んでくるとか、逆の立場で考えたらこれほど迷惑なことはないからな…。

そんな敏郎なりの気遣いだ。目的は明子の近況や連絡先を聞き出すこと。そのための口実も用意してある。

敏郎がカウンターへ向かうと、明子と同年代の女性が対応してくれた。胸の名札には杉山直美と書いてある。敏郎は席に着くなり、単刀直入に尋ねた。

続きはこちら