誰にだって、人生の中で選択を迫られる瞬間があるだろう。そんなとき、何を軸にして進むべき道を選ぶ?

登場するのは、一見輝かしい人生を送る28歳の女たち。だけどどんなに完璧な女性だって、苦悩を抱えている。

そして彼女たちには、迷ったときの道しるべとする「人生の羅針盤(コンパス)」があったー。

心に闇を抱えた女たちは、どんなコンパスを頼りに、逞しくしたたかに生き延びるのか。

今週は、外資系金融機関で働く28歳・長谷川 愛莉のストーリー。「いつも完璧で美しい」と言われる彼女だが…。



「愛莉さんって、いつも綺麗で仕事もできて、本当に憧れです」

目を輝かせてそう言う後輩に、愛莉はニコリと微笑んだ。

そして、お決まりのセリフを返す。

「ありがとう。でもそんなことないよ。ただ、頑張ってるだけ」

木曜日のランチタイム。今日は二個下の後輩に誘われて、会社の近くの店にやってきている。

オーダーしたパスタが運ばれてくるのを待ちながら、愛莉は考えた。

ー憧れです、かあ。

昔から、後輩の女子たちは揃って愛莉にそんな言葉をかけてくる。だけどそのたびに、こう思うのだ。

ーいつも身綺麗にしているのも、仕事で成果を出しているのも、人一倍の努力をしてるから。

愛莉が勤める外資系金融機関は、噂どおりの激務だ。実際に、終電の時間を超えて仕事をすることもしょっちゅうだった。

平日は仕事で遅くなることがほとんどだが、稀に早く終わった日や休日は、美容エステでのフェイシャル・ボディケア、パーソナルトレーナーとの週1回のトレーニングも欠かさない。

美容代は月20万円かけているし、ワインや語学の勉強にも安くないスクール代を払っている。仕事関係の付き合いや友人との華やかなパーティーに顔を出すこともあった。

今の自分を保ちつつレベルアップするために、時間もお金も惜しまず投資しており、スケジュール帳はほぼ毎日何かしらの用事で埋まっているのだ。

ランチを終えた愛莉がデスクに戻ると、スマホに2件同時にメッセージが入った。

『愛莉、明日の夜、会わない?』
『明日の夜、私の写真の個展を開くことになったから、よかったらきてね!』

1件目は、約1年交際中の同い年の彼氏・京介からのメッセージ。
2件目は、フォトグラファーをする、同級生の女友達からのメッセージ。

貴重な金曜日の夜、同じ時間帯。だけど、身体はひとつ。

ーどちらかにしか行けないな…。

愛莉は一瞬手を止め首をかしげると、すぐに返信を打ち始めた。


同時に届いた2通のメッセージ。あなただったら、どちらを選択しますか・・・?

『お誘いありがとう。個展おめでとう!ぜひ行かせてね』

個展の連絡をくれた女友達にそうメッセージを打った後、彼氏・京介への返信の文面を考える。

『ごめん、明日は外せない用事が入っちゃって。また連絡するね』

ーどちらかを選ばなきゃいけないのなら、友達の開く個展、一択。

大切な友達が「いつか実現したい」とずっと前から言っていた個展だから、という理由も一つある。

だけど、それだけではない。

案内された会場を見る限り、当日イベントにはいろんな人が訪れそうだ。その業界の人も多いはずだし、普段は知り合えないようなジャンルの人々が集まるだろう。プライベートの面でも仕事の面でも、人脈が広がることは間違いない。

ー京介とは、明日じゃなくても会える。





金曜日は友達の個展イベントを満喫し、京介と会うことになったのは日曜日、待ち合わせは夜。

愛莉はその日も忙しく、午前中に少し残っていた仕事を終わらせた後、しばらく行けていなかった美容院とネイルサロンの予約をハシゴし、待ち合わせ場所へと向かった。

顔を合わせるやいなや、京介はどうにも機嫌が悪い。

「どうしたの?京介。金曜日はごめんね」
「前から思ってたけど、愛莉は仕事もプライベートも、忙しすぎない?俺の優先順位、低すぎない?」
「え…?」

ー私にとっての、京介の優先順位…。

京介は同い年の会社員。付き合い始めの頃は、同年代にしては大人びているように見えて、知識も幅広い上に豊富で、一緒に過ごす時間は愛莉にとって充実していた。

だから、忙しい中でも時間を作って、会える時間を大切にしていたのだ。

ーでも、最近の京介は自分に余裕が無さすぎる。

「愛莉にとって、俺より他の予定が大事なの?」

京介がうつむきながらチラチラとこちらを見るように、そう問いかける。

愛莉はなんと答えようか一瞬考えた後、京介をまっすぐに見た。


彼女は、絶対にブレない女だった・・・。愛莉が迷いなく彼氏に告げた、冷酷な一言とは?

「京介、ごめん。京介以外の予定が大事な時もあるの。それがダメなら、別れましょう」
「え…本気で言ってるのかよ…」
「うん、本気よ」

愛莉はきっぱりと答え、京介を見つめながら頷いた。

日々生きていれば、選択を迫られる場面は幾度となくある。どっちの方角に向かえば良いのか道に迷ったとき、進むべき方向を導いてくれるもの。それは、羅針盤(コンパス)だ。

愛莉も、ブレない選択をするための「人生の羅針盤」を決めてある。

彼女の迷った時の判断基準は、「もっと美しくなれるかどうか」。それが愛莉の羅針盤。だから選択を突きつけられたときは、いつも自分にこう問いかけるのだ。

ーどちらを選べば、「もっと美しくなれる?」

美しくなるためには、「自由に使えるお金」「良い恋愛」「良い人脈」が必要。持論ではあるが、愛莉はそう考えている。

美容のメンテナンスには「お金」が必要だ。今はまだ20代とはいえ、美貌をキープするためには、これからはいくらお金があっても足りない。

そして、女が美しくいるために重要なのは、やっぱり「良い恋愛」だ。いつも刺激を与えてくれて、一緒にいることによって自分を磨けるような男を選ぶ。

恋人だけではない。綺麗でいたいと思うモチベーションを維持するためには、常に華やかな世界に身を置き、自分を高めてくれるような知人に囲まれていたいから、「人脈」も必要だ。

ー残念ながら、もう京介とは「良い恋愛」が出来そうにない…。

だから、この恋愛には見切りをつけることにする。

「京介、今までありがとう。さようなら」

愛莉はそれだけ言い残すと背を向け、午前中にやり残した仕事をこなすべく、颯爽とその場を去った。



それから数週間が経ったある日、大学時代の親友・すみれからLINEが送られてきた。そこには1枚の画像が添付されている。



「ねえ愛莉、みて。Facebookで通知が来たんだけどこの写真、7年前の今日だって」

まだ学生だった二人が、就活スーツに身を包んで撮った写真。

『愛莉この頃から、絶対いまの会社に入るんだって言って、就活してたよね。昔から愛莉はほんっとブレないよね』

懐かしい思い出が、一気に蘇ってくる。そう、今の仕事は、サラリーマンの中できっと一番稼げるという理由で選んだ。

現在の年俸は、28歳にして1,300万。ほぼ計画通り、といってもいいだろう。

すみれの言うとおりだ。就活を頑張っていたあの頃から、確かに愛莉は一切ブレていないのだ。

その後、何通かすみれとのメッセージのやり取りをし、久しぶりに二人でランチをすることが決まった。

—だけど、すみれは昔の私を知らないけどね…。

大学に入る前まで、愛莉は「美しさ」とは無縁の女だった。もともと顔の造作は整っているのだが、ひたすら勉強に打ち込み、身に付けるものにもほぼ気を配らず、とにかく地味な存在だったのだ。

そして「美しさ」にこだわるような女を、「表面的で、薄っぺらい」と見下していた。

だが大学に入学して、同じ高校出身の女の先輩との再会が、愛莉を変えたのだ。かつて自分と“同ジャンル”だったはずの先輩は、昔の面影は一切なく、まるで別人のように美しい女に変貌を遂げていた。

“愛莉ちゃん、女は美しく綺麗でいなくちゃ。そうすれば、すべてがうまくまわるの…”

あのとき先輩の言う通りにして、良かった。たくさんの人脈、あらゆるチャンス、揺るぎない自信。一気に自分を取り囲む世界が変わった。美しくいれば、すべてうまくいく。

先日別れを告げた京介からは、何通もLINEが届いている。だが愛莉は、それを見ないようにして、スマホの画面を伏せた。


▶他にも:初デートでいきなり、男とお泊まり旅行!?だけどその夜、女が本気になりかけた理由

▶Next:7月16日 木曜更新予定
次週は、愛莉の親友・すみれのストーリー。ハイスペックOLだった彼女が、周囲の反対を押し切って決めた道とは?