「一人のひとと、生涯添い遂げたい」。結婚した男女であれば、皆がそう願うはずだ。

しかし現実とは残酷なもので、離婚する夫婦は世の中にごまんといる。だが人生でどんな経験をしたとしても、それを傷とするのかバネとするのかは、その人次第。

たかが離婚、されど離婚。

結婚という現実を熟知した男女が、傷を抱えながら幸せを探していくラブ・ストーリー。



「実はあの時、ちゃんと言えなかったけど…」

尾形友梨は、目の前に座る男がそう切り出すのを、無言で聞いていた。

「正式に離婚はしてなくて、妻とは別居中なんだ」

彼が続けた言葉にも、友梨はあくまで冷静に、ゆっくりとワイングラスを口に運ぶ。

これが“付き合ったばかりの恋人”の発言なら、手にしていたワインを相手に浴びせて無言で立ち去るところ。だが、目の前の男は“高校時代から知っている同級生”でしかない。

男の名前は、大友将人。現在、将人と友梨は32歳だ。

彼とは先日再会したばかりだが、今日はこうして、代々木公園近くの人気店『アヒルストア』で二人で食事をしている。

そこで将人が放った爆弾発言に、友梨は疑問を抱いていた。

白黒ハッキリつけたい性格の友梨には、離婚しないまま別居を続ける意味が分からないのだ。

「どうして離婚しないの?」

すると将人は、「まあ、いろいろ複雑でさ…」と答えた後で、悪びれる様子もなく言った。

「でも、この状態のままも悪くない。他の女性からのアプローチが面倒なんだ」

将人は、なおも平然と続ける。

「妻には離婚したいとは伝えたけど、まだ決着はついてない。だけどそのままにしているのは、実際に離婚したら他の女性たちから“私と再婚してほしい”って言われる気がして、それも面倒でさ…」

友梨は絶句する。何を言っているのだ、この男は。

「もう結婚なんて、懲り懲りなんだ…。尾形さんもバツイチなら、そう思うだろ?」

確かに彼の言うとおり、友梨もバツイチだ。しかし首を横に振って「申し訳ないけど、ぜんぜん分からない」と答えた。

「えっ?じゃあ尾形さんは、もう一度、結婚したいの?」

「結婚したい。私はすぐにでも、再婚したいくらい」

「俺は絶対にイヤだ。もう二度と結婚なんかしたくない」

将人は、語気を強めて言い切った。

―もういいや。面倒くさい。

友梨は口をつぐんだ。頑固な男と言い争っても仕方がない。そのことだけは結婚と離婚を経て、身に染みて理解していた。

「…でもどうして尾形さんは、再婚したいと思ってるの?」


再婚したい女VSもう二度と結婚したくない男。バツイチ友梨が、将人と会うようになったキッカケとは?

友梨のもとに同窓会の知らせが届いたのは、ステイホーム真っ只中のことだった。

通っていた千葉県の進学校の同級生たちは、そのほとんどが仕事に追われる日々を送っていた。

そんな中、卒業から14年にして初めて開催されることになった同窓会は「ご時世がらみんな在宅だろうから、リモート飲み会にすれば簡単に集まれるだろう」という理由で、オンラインで開催された。

20人ほどが参加した会では、ほとんど既婚者で子供がいる者も多く、離婚経験者は友梨くらいだ。と、思っていたのだが…。

友梨がバツイチであることを告げると、男性陣が口々にこう言ったのだ。

「あれ?確か、将人もバツイチじゃなかったか?」
「そういえば、将人も離婚したんだっけ」

すると画面越しの将人が、「うん、実は…」と口ごもる。それを遮るように、男性陣たちはこんなことを言い出した。

「じゃあ、二人でデートすればいいじゃん」

既婚者ばかりの同級生たちは、まるで高校生のような軽さで囃し立てる。

友梨も将人もその時は適当に流したのだが、二人は最寄り駅が同じ代々木公園だったこともあり、ステイホーム期間が終わった頃を見計らい、仕事終わりに軽く飲む約束をした。

とはいえ、友梨としてはデートのつもりはない。家も近いし、久々に昔話にでも花を咲かせようかという気軽な気持ちだった。



こうして二人は、会うことになった。

そして乾杯をしてから10分が過ぎたころ、将人は「みんなの前では本当のことを言いそびれたけど、実は正式に離婚はしていない」と友梨に告げたのだ。

さらには、他の女性からのアプローチをかわすためには、離婚していない状態を保つのも悪くない、などと呆れたことを言ってのけた。

―大友君とは、噛み合わないな。

かつての美術部員仲間と14年ぶりにじっくり話せることを楽しみにしていた自分が、バカらしく思えてくる。すると将人が、沈黙を破って尋ねてきた。

「でもどうして尾形さんは、再婚したいと思ってるの?」

友梨は努めて淡々と答える。

「そりゃ、もちろん、結婚したい相手がいるから」

「あっ、彼氏がいるんだ?」



友梨が前夫と離婚したのは、3年前。

それから1年後、現在の恋人である駿と知り合った。友梨はホテルのコンシェルジュとして働いているが、宿泊客として駿が訪れたのがきっかけだ。

2つ年下の駿は生まれも育ちも札幌で、地元の専門学校を出たあとに始めたECショップが軌道に乗り、路面店を札幌にオープンさせていた。

いまや、ファッション感度の高い道産子なら誰もが知っているセレクトショップだ。

順調に成長した店は、東京にも進出することになり、駿は友梨が働くホテルを出張で何度か使っていた。

その何度目かの出張の時、駿は友梨へ連絡先を渡してきたのだ。

実は最初に見かけた時からずっと連絡先を渡す機会を探っていたらしい。一目惚れだったそうだ。

駿は、前夫と違って難しいことを考えないオープンな性格で、友梨とは波長が合った。

こうして食事に行く仲になり、あっという間に恋に落ちて、今に至る。

駿の店が東京進出することが正式に決まったのは、付き合いだして1年後。駿は札幌から拠点を移すことになり、そのまま自然な流れで友梨の家に住み始めた。

離婚してからすでに3年経っている。

友梨は当たり前のように再婚を望み、それは駿も同じだった。



ところが、友梨から説明を聞いた将人は驚いた様子だった。

「へえ、結婚の約束もしてるのか。でも、もう一度結婚するってことは、もう一度離婚する可能性が出てくるってことだよ?バツ2になるかもしれないよ?」

将人は諭すように言うが、失礼な男だと友梨は思った。

「離婚するかもって思いながら結婚する人なんていないよ。それに私は、自分がバツイチってことを何とも思ってない。むしろ勲章ぐらいに思ってる」

苛立ちを隠そうともせずに、友梨は言い返す。

「だからいいの。私は彼と再婚する」

「そうかぁ…。俺には分からないや」

将人は首を傾げた。その仕草がどうにも癪に障り、きつい言い方をしてしまう。

「そもそもさ、大友君は言ってることがおかしいよ」


「もう一度、結婚したい…」再婚を考える友梨を、その夜待ち構えていた衝撃の出来事とは

「女性にアプローチされたくないから、正式には離婚しなくてもかまわないって言ってたけど、意味不明だよ。そんなにアプローチが嫌なら、離婚した後も既婚者のフリを続ければいいじゃん」

「…たしかに」

友梨の指摘を受け、将人はハッとしたような顔をした。

「たしかに、尾形さんの言うとおりだね。気づかなかった」

「ウソでしょ?気づかなかったの?」

知的でクールなくせに、たまにピントのずれた天然発言をするところは、14年ぶりに再会した今も変わっていないようだ。友梨は苛立ちを通り越して、呆れて笑ってしまう。

すると、あらたまって将人は言った。

「でもね…。別居した妻は、“正式に離婚しましょう”とも、“ちゃんとやり直しましょう”とも、言ってこないんだよ」

「奥さんの意思を聞いてないの?」

「うん。別居した後は、聞いてないまま1年が過ぎた」

そんなこと信じられない。ありえない。友梨は思わず叫びそうになるが、グッと堪えた。

「最近になって思うんだよね。夫婦っていろんな形があるから、俺たち夫婦は今の状態がちょうどいいのかもしれないって」

達観したように将人は言った。

―大友君と奥さんの間に、何があったのだろうか。

真相を尋ねたくなったが、それも堪えた。

たしかに夫婦には様々な形があり、離婚にもそれぞれの理由がある。本人が率先して話さないのであれば、聞くものではない。友梨もまた離婚したからこそ、そう思う。

しかしそれでも、これだけは伝えておきたいと思い、口を開いた。

「どんな形があるにせよ、奥さんとコミュニケーションを取ってないのは、良くないと思うよ。結婚って他人と向き合うことだって思うし、せめて奥さんがどういう気持ちで別居を続けてるのか、それぐらいは聞いたほうがいいんじゃないかな?」

将人は静かに黙って聞いている。しかし、心に響いている様子はなかった。

将人は“結婚そのもの”に諦めや絶望があるのかもしれない、と思った。



これ以上結婚について話していても、価値観の相違で言い合いになるだけな気がして、友梨は話題を変えた。

将人も同じことを思っていたようで、二人はリモート同窓会で再会した同級生たちのことや、共通の趣味であるはずの絵画について語った。高校のころ、友梨と将人は同じ美術部に所属していた。

「最近も絵、描いてるの?」

「仕事が忙しくて、ほとんど描いてないな。でも美術館とかアート展はよく行くけどね」

「あ、それ私もだ」

すれ違う結婚観の話題を乗り越えてしまえば、友梨と将人は高校時代に戻ったように会話が弾んだ。

またこれからも、機会があれば“同級生”として食事や酒を共にしよう。そう約束をして将人と解散した。

友梨は家までの道を歩きながら、ぼんやりと考える。

もう二度と結婚したくないから、別居していても、正式には離婚していない…。わけのわからぬことを将人が言うものだから、思わずヒートアップしてしまった。

しかし、そのおかげで自覚したこともある。

―私って本当に、心の底から再婚したいんだ…。

3年前に離婚した時は、自分がふたたび結婚したいと思うなんて予想もしなかった。それほどまでに別れは辛かった。

もう一度、ゼロからすべてをやり直すなんて。考えただけでも途方に暮れた。でも、今の恋人である駿と出会った。

―駿と出会って、駿が相手だから、私は再婚したいと思えたんだ。

駿への想いを再確認できただけでも、将人と会話した意味があった。なんなら将人に感謝したい気持ちすらある。

家に帰ると、駿はソファで寝落ちしていた。

深い眠りの中のようだ。わずかにイビキをかいていて、友梨が帰ってきたことに気づいていない。目覚める気配はない。

東京と札幌を頻繁に行き来しながら、セレクトショップ2店舗とECショップを切り盛りしている駿は、こうしてベッドまで辿り着けずに寝てしまうことが多かった。

ただ、いつもと違うことが1点だけあった。

ノートパソコンが開きっ放しだったのだ。ケーブルも外れている。このまま朝を迎えれば電源が落ちてしまうだろう。作業中のファイルも、もしかすると…。

友梨は物音を立てないよう静かに移動し、ノートパソコンを手に取ると、コンセントケーブルを探した。

と、その時だった。

聞き慣れた機械音が鳴る。

パソコンでLINEを受信した時の音だった。

ほとんど条件反射的に友梨はパソコン画面を覗いてしまった。そこに罪の意識などない。

しかし、それが他人のスマホを盗み見るのと同じ大罪であることは、駿に届いたLINEのメッセージで思い知らされた。

『今日、彼女さんちじゃなくて、ウチに泊まらない?急に会いたくなっちゃった』

友梨はその瞬間、頭が真っ白になった。


▶他にも:「君の名前ググったら、動画がたくさん出てきた…」別れた男が、女を呼び出した本当の理由

▶Next:9月27日 日曜更新予定
結婚を約束した同棲中の年下男が、浮気…?その真相とは。