「一人のひとと、生涯添い遂げたい」。結婚した男女であれば、皆がそう願うはずだ。

しかし現実とは残酷なもので、離婚する夫婦は世の中にごまんといる。だが人生でどんな経験をしたとしても、それを傷とするのかバネとするのかは、その人次第。

たかが離婚、されど離婚。

結婚という現実を熟知した男女が、傷を抱えながら幸せを探していくラブ・ストーリー。

◆これまでのあらすじ

32歳の尾形友梨と大友将人は、高校の同級生。友梨は「もう一度、結婚したい」と熱望するバツイチだが、離婚予定の将人は「二度と結婚したくない」と豪語していた。

友梨はある夜、年下の彼氏・駿の浮気に気づいてしまい…。

▶前回:「妻とは終わっているけれど…」同窓会で再会した女に、男が告げた衝撃的な話



『今日、彼女さんちじゃなくて、ウチに泊まらない?急に会いたくなっちゃった』

開いたままの駿のパソコンを前に、友梨は凍りついていた。

LINEの通知はすぐに消えたが、たった2行のメッセージは頭にこびりついている。

明らかに友人ではないであろうやりとり。ましてや、夜中に『会いたくなっちゃった』などと送ってくる相手と一線を越えていないと思えるほど、友梨は子供ではなかった。

「誰?」「どうして?」「もしかして出張って言いながら他の女のところに行ってたの?」「今朝もいつも通りだったのに?」

脳内に次々とクエスチョンマークが浮かび、ソファでいびきをかいている駿を起こして問い詰めたくなった。でも…。

―今はやめておこう。

離婚を経験した友梨は、肝に銘じていた。激情に任せて相手を問い詰めることは、良い結果を生まない。

現実から目を背けるようにパソコンを閉じると、友梨はそのまま逃げるようにして洗面所に入り、化粧を落としてスキンケアをする。

いつか駿に「友梨さんは肌がきれいだね」と褒められたことを思い出し、胸が苦しくなった。

友梨がスキンケアを終えて洗面所を出ても、ソファの駿は先ほどと同じ体勢で眠っていた。

いつもは大好きな彼の寝顔も今夜は憎たらしく見えてしまい、駿をそのままにして電気を消し、ベッドに潜りこむ。

眠りは浅かった。だからなのか、しっかりと夢の内容を覚えていた。

夢に出てきたのは、元夫の紘一だ。友梨が何度も何度も紘一に謝り、許しを求める夢。しかし許されず、その後慰めてくれたのは、将人だった。

意味が分からなかった。自分は紘一に対して悪いことなど何もしていないのに…。

それに、何の感情も抱いていないはずの将人が、どうして出てくるんだろう。

そしてこの日の夢には、駿は出てこなかった。


動揺する友梨のもとに、ある男からの誘いが…。

友梨の職場は、丸の内にある由緒正しきホテルだ。

「はあ〜」

休憩室のテーブルで肘をつきながら、友梨は溜息をついた。

「なーに溜息ついてんの?もしかしてマリッジブルー?」

「真子…」

お疲れ、と言いながら友梨の向かいに腰掛けたのは、同期入社の同僚コンシェルジュ・久川真子だ。

一昨年の夏、友梨の離婚の傷が癒えてきた頃、立場が入れ替わるように真子が結婚した。今も幸せな夫婦生活を続けているらしい。

「寝不足?クマできちゃってるよ?」

「ちょっとね…」

「何?駿くんと何かあったの?」

宿泊客として“いわゆるナンパ”してきた駿に連絡するかどうか迷っていたとき、背中を押したのが真子だった。

以来、真子には何でも相談している。だから昨夜のことも話したくなった。

でも、どう伝えていいか分からない。正義感の強い真子は、すぐに駿を“浮気者”と認定し、悪者扱いするだろう。彼の株を下げたくなかった。

「大丈夫。ただ寝不足なだけ」

「あっ、そうだ、旦那から伝言なんだけど。今度、4人でゴハンしないかって。結婚祝いしたいみたい」

交際2年を機に、駿からプロポーズされて結婚を約束した。

とはいえ具体的なことはまだ決まっていない。仕事や今後の世の中の状況にもよるが、タイミングを見計らってそれぞれの親に挨拶したのち、正式に入籍する予定だ。

このことは、まだ周りの人には話していない。ただ今、目の前にいる真子にだけは伝えていた。あとは、昨夜一緒に飲んだ将人にも…。

「ありがとう。駿にスケジュール聞いておくね」

無理やりに笑顔を作って、友梨は返事をした。

「楽しみにしてる!」

満面の笑みで真子がランチへ出て行った後も、友梨はその場から動けなかった。

離婚を友人知人たちに報告するときは、本当に気まずかった。だが、現在のパートナーの浮気疑惑を相談することも、かなり気まずい。

―バツイチのくせに、いまだに男を見る目がないのか?

そう思われるような気がしてならない。だから一刻も早く、駿が「浮気したかどうか」を確かめるべきなのだが…。

今朝も、駿に対して普段通りに接してしまった。

昨夜、将人に意気揚々と告げた自分の言葉がリフレインする。別居中の妻とコミュニケーションを取っていないという彼に、友梨はこう言ったのだ。

『結婚って他人と向き合うことだって思うし、せめて奥さんがどういう気持ちで別居を続けてるのか、それぐらいは聞いたほうがいいんじゃない?』

―偉そうなことを言って、私が駿と向き合えてないよ…。

情けない気持ちになってテーブルに突っ伏したとき、スマホが震えた。

重い身体を起こしてスマホを覗くと、将人からのLINEだった。絵文字もないシンプルな文章だ。

『今日、丸の内にいる?よかったらランチでもどう?』

メガバンクに勤める将人の職場は、友梨のホテルから近かった。だが二人で飲んで語ったのは、つい昨夜だ。それなのに、今日の昼も誘われるなんて…。

将人からのメッセージが、続けざまに届く。

『連日で申し訳ないけど、話があるんだ』



友梨が『エーシックスティーン トウキョウ』に到着すると、すでに将人は座っていた。

「ごめんね、急に」

将人は申し訳なさそうに切り出す。

「ううん、大丈夫。今日は特に誰とも約束してなかったし。それで話って何?何かあったの?」

「まずはオーダーしようか」

「あ、うん。そうだね」

“友梨は本当にせっかちだね。”

元夫・紘一に何度も言われていたことを思い出す。離婚したぐらいじゃ治らない悪癖だ。

二人それぞれにピザを頼んだあと、将人は切り出した。

「話って言っても、大したことじゃないんだけど」

「うん」

「俺、妻とちゃんと話をしようと思う」

将人からのランチの誘いが“男女的な意味合い”ではないとは分かっていた。

だが、結婚生活に絶望していた昨夜の彼から180度転換した考えを示され、友梨は少し驚いた。

「昨日の夜、尾形さんから言われた言葉がすごく刺さったんだよね…。『結婚って他人と向き合うことだ』ってやつ」

「ああ…あれね…」

友梨こそ浮気疑惑が発生した駿と向き合えていないだけに、歯切れが悪くなる。

「俺、確かに逃げてるだけだった。でも妻と向き合いたいと思ったんだ。だから今夜、会って話すことにした」

昨夜の頑固さがウソのように、将人は前に進もうとしていた。

「連絡したら、向こうからもすぐ返信があったから、ちゃんと話せると思うんだよね」

そう話す将人の表情は、明るかった。

「良かったね。でもわざわざ、話があるって呼び出すから、何言われるんだろうって緊張しちゃったよ」

「会って直接お礼が言いたかった。昨日は本音を言ってくれてありがとう。それに今まで逃げてばかりだったけど、他人に宣言しておけば、もう逃げることはできないから。たまには自分を追い込まないと」

「他人に宣言か〜」

自分には、無理だ。反射的に友梨はそう思った。

他人には言えない。バツイチの自分が、新たに2年付き合った年下のカレに浮気されていたことなんて、言えない…。

それでも…。

「パートナーと向き合うことは、大事だよね」

友梨は、将人に向かってキッパリと言った。でも、本当は自分に向けた言葉だった。


駿ときちんと話し合うことを決めた友梨。ところが衝撃の事実が明らかに…!

将人とのランチを終えた友梨は、職場に戻る途中、駿にLINEを送る。

『今日の夜、何時くらいに帰ってくる?ちょっと話したいことがあるから、時間取ってくれないかな?』

駿からの返信はすぐに来た。

『21時くらいかなー!できるだけ早めに帰れるようにするね!』

『わかった、ありがとう』

『じゃあ、また夜ね!』

話をすると覚悟を決めたら、心がスッキリしたのかもしれない。午後は仕事に没頭し、あっという間に時が過ぎていった。



LINEで言われたとおり、駿が帰ってきたのは21時だった。

「ただいまー」

「おかえり」

「友梨さんの好きなケーキ買ってきたから、食べながら話そう?俺も話したいことがあるんだよね」

帰宅するなり駿が告げた言葉に、心臓が跳ねる。

―まさか別れ話?

鼓動が早くなり、頭の中ではぐるぐると様々な想像が駆けめぐる。

―浮気していた女が実は本命で、私のほうが浮気相手で…。

すると、駿は言葉を続けた。

「あのね…」

友梨は思わず目をつむる。

「うちの親が友梨さんに会いたいってうるさいんだよ。だから何日か休み取れない?」

「え…」

「ほら、うちの実家、北海道だから遠いじゃん?日帰りはきついから、何日か行って観光するのも良いかなと思って」

友梨は呆気に取られた。同時に安心感で力が抜けた。

―駿は駿のままだ。私と結婚したいと言ってくれてる駿のままだ。

あのLINEも何かの勘違いだったのかもしれない。一瞬のことだったし、読み違えた可能性も大いに考えられる。

実際、元夫と結婚している頃、同じようなハプニングもあった。あのときも元夫は浮気していなかった。

「うん、大丈夫。事前に分かっていれば、連休を取れるから」

友梨の返事に、駿は少年のように喜んだ。

「良かったー!北海道楽しもうね!」

「うん!」

屈託なく笑う駿を見て、友梨は思った。今ならあのことを聞けるかも。LINEを見てしまったことも謝ろう。

「ねえ、駿。私、駿に謝らないといけないことがあるの」

「え?何?」

「実は昨日、駿がソファで寝ちゃってたときに、パソコンに来たLINEの通知が見えちゃったんだよね」

友梨が切り出すと、駿は「それが?」という顔をしている。その反応を見て大丈夫だという確信をした。

「女の子からのメッセージみたいだったけど、間違いよね?浮気なんかしてないよね?」

その瞬間、駿がバツの悪そうな顔をした。

「…友梨さん、ごめん」

「なに?」

「俺、浮気してる」

「えっ…」

聞き間違いかと耳を疑った。しかし、駿は続ける。

「ていうか、浮気してた」

急転直下すぎる。目を伏せて淡々と駿は話しているが、さっきまでの屈託ない笑顔はどこに行ったのだ?

「…嘘でしょ?」

「本当だよ。でも実はずっと言いたかったんだ。俺、浮気してた」

何がどうなっているのか理解できない。

2年間交際を続けていた男が、しかもそのうち1年間は同棲していた男が、急に赤の他人のように感じる。

―この男は誰?私の知ってる駿じゃないよね?

友梨の混乱を気にも留めず、駿はさらに言葉を重ねる。

「浮気してたのは、昨日のLINEの子だけじゃないんだ」


▶前回:「妻とは終わっているけれど…」同窓会で再会した女に、男が告げた衝撃的な話

▶Next:10月4日 日曜更新予定
年下彼氏の身勝手な言い分に、バツイチ女が下す鉄槌。