CM、舞台、映画と印象的な演技で次々と話題を生む女優・吉岡里帆さん。

京都出身で「和食が大好き」という彼女。お鮨はその中でも「最高峰の位置づけ」だと目を輝かせる。

今回は、そんな吉岡さんを、新しき名鮨店へとお連れした。

若き大女優は、話題の鮨店をどう楽しむのだろうか?



「お鮨という同じ目的を持って見知らぬ大人が集うって、素敵です」

肩書きが「女優」であることは間違いない。だが、撮影現場で私たちが見たのは「職人」という言葉がしっくりくる、そんな吉岡里帆さんの姿だった。

数多くの作品に出演し、相当な場数を踏んできているはずなのに、「朝から気合いが入りすぎて、緊張していた」と言う。

席に着くなり吉岡さんは、「鮨職人さんって、日本の宝だと思うんです」と呟き、そして大将の仕事をじっと見つめるのだった。



吉岡さんをお連れしたのは、表参道のランドマーク「Ao〈アオ〉ビル」裏手のビルの2階に、6月にオープンしたばかりの新店だ。

『すきやばし次郎』で10年修業を積んだ岡崎 亮氏が独立し、店を構えた。

「カウンターのお鮨屋さんって、大将とお客さん、みんなでその時間を共有しているからか、連帯感みたいな空気がある気がして。

大将とのやり取りも含めて、好きですね」と吉岡さん。その言葉のとおり、大将と積極的に会話を交わしていた。



「心を込めて握ってくださったお鮨だから、私も手でいただきます」


ゆっくりと味わい、吉岡さんが「めちゃめちゃ幸せです」と目尻を下げたのがカツオ。店内で藁焼きにし、香ばしさを纏わせた絶品ネタだ。

大好きなお鮨を愉しみつつ、吉岡さんは撮影への想いを語ってくれた。

「表紙をやらせていただく以上は一番いい状態で臨むべきだし、何よりも東京カレンダーさんの世界観を一緒に創り上げたかったので」と、当たり前のように語る。

2年前、同じく月刊誌の表紙を飾ってくれた吉岡さん。そのときから、彼女にはどんな変化があったのだろうか。

撮影中も「顔、強張っていませんか?」「座り方の角度、気になったら言ってくださいね」と自らカメラマンに声をかける。

仕事に対する彼女の姿勢は、清々しく、その“職人魂”に私たちも学ぶものがある気がした。


■プロフィール
吉岡里帆 1993年1月15日生まれ、京都府出身。2013年に女優として活動開始し、2019年には第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。現在公演中のケラリーノ・サンドロヴィッチ氏演出舞台『ベイジルタウンの女神』に出演のほか、11月20日(金)全国公開予定の映画『泣く子はいねぇが』では、自身初の母親役を演じる。

■衣装
[吉岡さん]ワンピース¥36,000〈AIMER TEL:0120-209-520〉、ピアス¥20,000、バングル¥124,000〈ともにRUKA/株式会社RUKA TEL:03-6379-2928〉


月刊誌最新号のインタビューには、仕事に対する吉岡里帆さんの熱い想い、さらには、撮影の舞台となった未来の予約困難店『鮨あお』についても詳しく掲載。ぜひ、チェックしてほしい!