タイトなスカートに7cmヒール。

どんなに忙しい朝でも、毛先は緩くワンカール。

モテることだけに執着し、典型的な“量産型女子”を演じる円花(まどか)。

しかし年下の起業家男子に恋した女は、思わぬ人生の選択をすることに―。



「円花、例のマッチングアプリの人、会ってみた?」

「んー、まだ。LINEでやり取りはしてるんだけど、なんかピンと来ないんだよね…」

「いやいや、会わないと何も始まんないでしょ」

「まあ、そうだけどさあ」

『A16 TOKYO』でパスタをくるくると巻きながら、雨宮円花は浮かない顔で返事をする。

「そんなこと言ってると、いつまで経っても決められないまま年だけ取るよ?」

―知ってるよ、そんなこと!イチイチ指摘してこなくてもいいじゃない。

大学時代の同級生である加藤穂香の言葉に、円花はイライラを募らせる。

「若さは年々目減りする価値」だなんて、そんなこと分かっている。だけど、この27年間でジム通いやエステといった “自己投資”にかけた金額はダテじゃない。

その投資分を回収するべく、若干の高望みをするくらい、いいじゃないか。

そんな本音を隠して、円花のキャラに似合う猫なで声で「う〜ん、もうちょっと選びたいんだよね♡」と、かわいらしく答えた。

そう、円花は生粋のにゃんにゃんOLであり、ぶりっこ上等の“量産型OL”なのだ。

花柄総レースのタイトスカートに、ボディラインに沿う白ニット。東京駅からオフィスに歩いてくるまでに、ザッと15人くらいは被っていそうな、ありきたりなファッション。

でも、これも円花の戦略。

手っ取り早くモテて、将来の夫候補をゲットし、さっさと専業主婦になる。そのための量産型OLだ。

…だけどたまに、こんな自分が窮屈になる。


方向性に迷いだした円花に、突然チャンスが舞い込む…?

ランチを終え、オフィスに向かって歩いていると、円花のスマホが鳴った。開くと、勤めている保険会社の同期である松下悠から、LINEが届いている。

「急だけど、今日の夜空いてたら飲みに行こう!イケメンの友達、連れてくからさ」

―えっ!思わぬチャンス。

まさかこんな誘いがあると思わなかったから、今日のファッションは、そこまで気合が入ったものではない。

しかし、いつ職場で出会いがあるかは分からないので、円花は普段からワンピースやレースのトップスなど、男ウケを意識したファッションをセレクトしている。

―まあ今日の服も、悪くはないよね。

「今夜、空いてるよー!紹介楽しみにしてるね」

さっそく松下にそう返信すると、続けて母親にも連絡を入れた。

「今日、急に飲み会が入っちゃった〜。24時までには帰るようにするね」

すると「え〜。今日の夕飯は『今半』のすき焼きにしようと思ってたのに〜」と母からの嫌味LINEが即座に飛んできた。

円花は、今でも学芸大学の実家に両親と暮らしている。

こうして出会いの場に行くときは実家暮らしということが少々不便ではあるが、ひとり暮らしをしようなんて、円花は考えたことがない。

それは「実家を出る時はお嫁に行くときだ」と、当たり前のように思い込んでいるからだった。



その日の夜。

円花は、指定された東銀座のビストロ『イバイア』に、ウキウキしながら向かった。店に入る直前には、ディオールのグロスを塗り直し、唇をプルッとさせるのも忘れない。

―よしっ、OK!これでイケメンじゃなかったら、松下のこと許さないわ。

ドキドキしながら案内されたテーブルに向かうと、すでに松下たちは到着していた。

「ごめん、お待たせ〜!今日は早かったんだね?」

円花は顎の下で手を合わせ、かわいらしく謝りながら、横目で松下の“イケメンの友達”とやらをバッチリ確認する。

―へえ、結構カッコいいかも♡

決して派手ではないが整った目鼻立ちで、落ち着いた雰囲気。円花や松下よりも、少し年上だろうか。

服装を見る限りブランド物ではなさそうなので、そこまで身に着けるものに頓着はないのかもしれない。

「はじめまして。雨宮円花です。松下くんとは会社の同期なんです」

「どうも、篠崎新です。松下とは大学時代、塾講師のバイトで知り合って。大学も同じだし、ずっと仲がいいんですよ」

―じゃあ、大学は早稲田ってことか。学歴は良いのね。

いきなり品定めをするのもどうかと思うが、円花はどうしても婚活のスイッチが入ってしまい、相手のステータスを探ってしまう。

そして乾杯のドリンクが運ばれてきたタイミングで、松下が篠崎の紹介を始めた。そのとき松下が放った言葉に、円花は思わず身を乗り出してしまったのだ。


円花が思わず、前のめりになったワケとは

「篠崎って、社長なんだよ」

―え、社長!?どこかの有名企業の御曹司だったりして…♡

突然の触れ込みに、円花は心を躍らせる。

「学生時代にベンチャーを立ち上げて、今も六本木で会社を経営してます」

「すご〜い!どんな会社なんですか?」

円花の期待は外れたが、それでも社長という肩書には惹かれてしまう。円花はグッと身を乗り出し、篠崎の目を見つめた。

「知育ゲームって言って、子どもの勉強とか教育に役立つゲームアプリを作っているIT企業です。昔から子ども好きで、人の成長に役立つサービスを作りたくて」

―子どもが好きだなんて、家庭的でいいかも!

この若さで社長として事業を拡大しているなんて、相当優秀な人なのだろう。「“時代の最先端を切り開く男を、密かに支える妻”というのも悪くないかもしれない」と、円花は内心ニヤリとする。

スペックが大体分かったところで気になるのが、女関係だ。そう思ったとき、タイミングよく松下が良いネタを投下してくれた。

「だけど篠崎、恋愛となると全くダメなんだよなあ。ほら、前の彼女と中国行ったときとかさ」



「ああ…。2年前に付き合っていた彼女と、現地の調査も兼ねて中国を旅行したんです。そのとき『バックパックひとつで、野宿の旅だ』って現地に着いてから話したら、激怒されて振られました」

―え、彼女との旅行なのに野宿させたってこと?

円花は理解が追い付かず、うまく反応することができない。

「まあ、試しに一晩だけですよ?僕はそういうサバイバルみたいなことが好きなので楽しかったんですけど、彼女にはあんまり理解されなくって…」

「それ、理解できる女いないだろ」

そう突っ込まれた篠崎はあっけらかんとした表情で笑っているが、特に自分がおかしなことを言っている自覚はなさそうだ。

しかし、篠崎の“なんだかおかしなところ”は、それだけにとどまらなかった。

それは飲み会の終盤、お互いに連絡先を交換していたときのこと。

差し出されたQRコードを読み取ると、篠崎のアカウントが出てきた。アイコンは湖のような場所で、篠崎がポーズをとっている写真。

その下のコメントには「住所不定(地球)」と書いてある。

―えっ、何これ。どういう意味!?

「あ、その写真はウユニ塩湖って言うボリビアの湖で撮った写真なんです。行ったのは学生時代なんだけど」

篠崎のヘンなコメントに気を取られて、アイコンの説明が全く耳に入ってこない。すると篠崎は円花のアイコンを見て、こう言った。

「円花さんは、どこかでディナーしたときの写真?」

「ああ、それはステイケーションで『フォーシーズンズ東京大手町』に泊まったときの写真なんです〜♡」

「へえ。なんだか、THE丸の内OLって感じですね」

「そうそう、コイツは典型的な丸の内OLだもん。篠崎みたいに、個性とか変わった趣味とかないもんな〜」

横で余計なことをいう松下を、円花はこっそり睨みつける。…そのとき、篠崎が苦笑いしていたことも知らずに。



円花は日比谷線に揺られながら、これから篠崎との関係性をどうしていこうかと思案する。

かなり個性的だが、若い起業家という点と、あのルックスは評価できる。子ども好きという所もポイントは高い。

―ヘンな人だけど、こんな条件なかなかないし。一応狙っておこうかな?

そんな勘違いをきっかけに自分の人生が激変していくなんて、このときの円花は、ちっとも気付いていないのだった…。


▶他にも:朝まで一緒にいたのに、手を出されなかった女。男が一線を越えなかった意外な理由

▶Next:11月6日 金曜更新予定
「こんな展開初めて…」早くも円花に恋の波乱が訪れる!?