『Matsushima』や『虞妃』など、“名店”と呼ばれる中華料理店が密集する代々木上原エリア。

そんな中華好きにとってたまらないエリアに、新たな店が誕生した。

新店にして、すでに連日賑わいを見せるその店は、新進気鋭の“町中華”。その人気の秘密とは?


8月8日に代々木上原にオープンし、町中華のようなカジュアルなメニューとグレーと白を基調にしたお洒落な空間で人気を集めているのが『REI』だ。

デートや女子会にも最適なその空間は、一見するとカフェのようなスタイリッシュな雰囲気で、よくある町中華とは大違い。

オープンしてまだ月日が経っていないというのに、常に満席。予約が取れない日もあるほど。


キッチンで腕を揮うのは世田谷の老舗中華『火龍園』で研鑽を積んだ店主の高島泰弘さん。

昔から住んでいた代々木上原で店を出したかったそうで、今回念願の夢が叶ったという。

青山『エッセンス』出身の河野廉士さん、鎌倉『イチリンハナレ』出身の石井瑞紀さんとともに、それぞれ、中華の名店の伝統を生かしながら、店を切り盛りする。

3名とも36歳以下という若きシェフ。その研ぎ澄まされた感性で“ネオ町中華”といえる、新しさを感じる料理の数々が提供される。


秘伝のマヨネーズソースがたまらない

名物といえる「エビマヨネーズソース」¥1,400は、高島さんの出身『火龍園』のマヨネーズソースと同じレシピで作られたもの。

マヨネーズにコンデンスミルク、生クリーム。そこに隠し味としてドライジンを加えた、まろやかなソースが特徴だ。

カラッと揚げられたプリプリの海老にたっぷりのマヨネーズソースが絡んでいるのに、全くしつこくなく、おかわりを欲してしまう人が続出するという、クセになる味わいだ。

さらに、まるでフレンチかのような洗練された見た目もポイント。フォトジェニックゆえに、食べる前に撮影をする人が後を絶たない。


ケチャップと玉子入りの懐かしい味わい

そして、エビマヨに続き食べてもらいたいのが、「エビチリソース」¥1,400だ。

ソースにケチャップを使っており、どこか懐かしさを覚える甘い味わいが特徴。

さらにそこに隠し味として、スパイスと酸味が絶妙なイギリス生まれのステーキソースであるA1ソース、発酵調味料などを加え、味に深みを。

最後に卵を落とし入れることで、マイルドに仕上げられており、辛いものが苦手な子どもでも食べられるエビチリになっているのだ。

“エビ好き”でなくても、この異なる2つの“エビ”は食べ比べてもらいたい。


“ピリッ”と“パリッ”がクセになる

さらに忘れてはいけないのが「よだれ鶏“REIスタイル”」¥1,500だ。

広東風にアレンジされたよだれ鶏になっており、山梨の信玄どりを使用することで、よりしっとり、柔らかな肉の旨みを感じることができる。

シーズニングソースに黒酢、唐辛子、自家製ラー油を混ぜた、辛みを感じるソースも美味だが、鶏の上に添えられた、砕いた中国のスナック菓子「ピリパリ唐辛子」、そしてパクチーも絶妙なアクセントになっている。


旨みたっぷりの中華といえばの三点心も絶品!

手作りにこだわった中華の三点心はシンプル

中華といえばの「三点心(焼売、韮蒸餃、蝦餃)」¥700も大人気。皮からすべて手作りにこだわった点心だ。

玉ねぎと豚肉の焼売、エビとニラの韮蒸餃、エビとタケノコの蝦餃と、素材を生かしシンプルに作った一品だが、どれも食べた後に余韻に浸りたくなる旨みがあるのが特徴といえる。


胃に染みわたる滋味深さにハマる

ほかにメイン料理の「香港風 鯛の強火蒸し」¥1,600にも技が光る。

愛媛の真鯛にナンプラー、シーズニング、ネギをあわせ、鶏油をかけて香りを出した一品。

優しい味わいだが、添えられたパクチーにより爽やかさを感じる。


町中華の定番は“黒”が効いた絶品の一皿

〆は町中華といえばのお馴染み、炒飯がやはり譲れない。この「牛肉の黒炒飯」¥1,800は、国産牛カイノミを使用。

そこに揚げニンニク、レタスを加え一気に炒める。味付けはブラックペッパーに中国のたまり醤油、オイスターソース。

見た目はその名の通り黒いが、味はさほど濃くなく、ひとりでもペロリと平らげてしまうほど軽やかだ。


紹興酒やワインも豊富にラインナップされているので、美味しい料理とともにお酒も進むのは言わずもがな。

作り手のこだわりを感じる、心惹かれる料理だけでなく、空間もこなれた“ネオ町中華”。

代々木上原のこの新進気鋭店には、近場に住んでいなくとも、何度でも足を運びたくなること請け合いだ。